町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の地名はどこを意味しているの?【2】

<<   作成日時 : 2016/02/18 08:39   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

★日本語★
問題:判じ物は、いわば絵で解く謎々です。教養の面で見たときにいちばん底辺の人々、貧しい農家や職人たちでも理解できるようなつくりになっています。
■判じ物が流行したのは江戸時代末期らしい。文盲の人も少なくありません。とはいえ、文字通りの「目に一丁字(いっていじ)なし」という人は、ほとんどいなかったらしい。ひらがなぐらいは読めたのかな。なお、目に一丁字なしとは、1つの字も知らないという意味だそうです。
■口絵の判じ物は、江戸の地名を表わしているようです。平仮名の「あ」と「さ」の字が見えます。右の男性は鼻をつまんでいます。どうも左の男性が放屁したようです。判じ物の正解は浅草らしい。あ+さ+くさ(臭い)=浅草。平仮名が読めなければ成立しない謎々ですね。
■前回に引き続き、今回も、「江戸名所はんじもの」からの出題です。「江戸名所はんじもの」は江戸時代の末期、歌川重宣(しげのぶ)という浮世絵師の作品です。答はみんな江戸の地名です。ほどんどが現在も東京の地名として残っています。絵とヒントから推理してください。
▼[い]字の色が鍵です
画像
▼[ろ]紀伊國屋文左衛門みたいな行為です
画像
▼[は]目の色が鍵です
画像
▼[に]何という字でしょうか
画像
▼[ほ]長葱は何本でしょうか
画像
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:
■[い]字の色は白です。正解は白山(はくさん)です。「白三」の駄洒落です。150年以上経過していますので、下のように現在はだいぶ焼けてきています。あまり白さは目立ちませんね。問題に掲げた絵は少し漂白した結果です。
▼白山
画像
□白山は文京区にある住宅地です。認知度はやや低めの地名です。東京から遠い場所にお住まいの方々にはわかりにくかったかもしれません。
◇*HP「白山駅 - Google マップ」
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92112-0001+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%87%E4%BA%AC%E5%8C%BA%E7%99%BD%E5%B1%B1%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%93%EF%BC%93+%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%A7%85/@35.721346,139.7347005,14z/data=!4m2!3m1!1s0x60188db5fbe64399:0x4ded26e9bbd9a72d?hl=ja
■[ろ]正解は白金(しろかね)です。城の武士が金を撒いている図らしい。紀伊國屋文左衛門は、吉原の妓楼(ぎろう、遊女屋)から小判を撒いたそうですけど。
▼白金
画像
□白金の最寄りの山手線の駅は田町のようです。高級住宅地です。在住する主婦連はシロガネーゼなどと呼ばれることもあるらしい。住民の可処分所得は高いのでしょう。傾向としては犯罪者は少ないはずです。でも中には悪い奴もいます。なにしろ白金です。不埒(ふらち)な奴がまざっているかも。失礼。プラチナとのわかりにくい駄洒落でした。
□なお、Wikipediaによれば、シロガネーゼは命名した編集者(月刊誌VERY)の事実誤認による間違った名前だそうです。もしミラネーゼ(ミラノっ子)をもじって白金在住の人たちに通称をつけたければ、シロカネーゼと濁らずに表記すべきだったようです*3。
◇*HP「田町駅 から 〒108-0072 東京都港区白金 - Google マップ」
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E7%94%B0%E7%94%BA%E9%A7%85/''/@35.646086,139.7047626,13z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x60188bb408dcbf5b:0x3d3b4cf5d047c154!2m2!1d139.7476565!2d35.6457976!1m5!1m1!1s0x60188b06211b1d11:0xf87cae018a5cf918!2m2!1d139.7319013!2d35.6462884!3e2?hl=ja
■[は]目の色が黒い。黒目勝ちですね。正解は目黒です。
▼目黒
画像
□山手線でいえば、渋谷→恵比寿→目黒ですね。江戸の昔は落語「目黒のさんま」で描かれているとおり、人家のほとんどない場所だったようです。お殿様は遠乗り、あるいは鷹狩りに目黒に来られたらしい。
◇*HP「渋谷駅 から 目黒駅, 東京都 - Google マップ」
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E9%A7%85/%E7%9B%AE%E9%BB%92%E9%A7%85,+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD/@35.646088,139.6736742,13z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x60188b5832e31057:0x8064180af8c9b5df!2m2!1d139.702043!2d35.6581823!1m5!1m1!1s0x60188b194e9b257b:0xbe9dbd85c9f6e6d6!2m2!1d139.715828!2d35.633998!3e2?hl=ja
■[に]漢数字の「千」ですね。正解は「千住」です。現代では「せんじゅ」と読みますが、江戸っ子は「せんじ」と発音していたらしい。で、「千」という字から千住が連想できたらしい。
▼千住
画像
□千住は品川、(内藤)新宿、板橋と並んで、いわゆる四宿(ししゅく)の1つです。日本橋から発する五街道の1番目の宿場町です。東海道は品川。甲州街道は新宿。中山道は板橋。そして奥州街道と日光街道の2つは千住です。四宿ともに遊郭があったようです。幕府非公認だったようですが、とくに取締りもしなかったようです。黙認かな。
◇*HP「〒103-0027 東京都中央区日本橋 から 〒120-0034 東京都足立区千住 - Google マップ」
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E3%80%92103-0027+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A9%8B/%E3%80%92120-0034+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E5%8C%BA%E5%8D%83%E4%BD%8F/@35.7144047,139.7174328,12z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x601889579666f253:0x1e95a5c140ebbb6b!2m2!1d139.7716528!2d35.6804104!1m5!1m1!1s0x60188e489c335d3b:0xc4463e278e8c7d48!2m2!1d139.8032862!2d35.7483624!3e2?hl=ja
■[ほ]正解は根岸です。葱が4本ですから。単純ですね。
▼根岸
画像
□根岸は江戸時代には風流な場所とされたらしい。お金持ちの別宅などがあったようです。落語「茶の湯」に登場する知ったかぶりの隠居が丁稚とともに喜劇を演じる舞台も根岸です。
□「根岸の里の わび住まい」という便利な言葉があります。「七五」で成り立つ言葉です。多くの初句の「五」にもちゃんとつながり、俳句ができてしまうらしい。「秋風や 根岸の里の わび住まい」。「蝉の音(ね)や 根岸の…」。「バレンタイン 根岸の…」。最後のだけはちょっと無理かな。
◇*HP「防災公園・根岸の里 - Google マップ」
https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%98%B2%E7%81%BD%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%83%BB%E6%A0%B9%E5%B2%B8%E3%81%AE%E9%87%8C/@35.723751,139.7116387,12z/data=!4m2!3m1!1s0x60188e85c2d9a485:0x23b87aee911222f3?hl=ja
◆参考*1:HP「江戸名所判じ物クイズ | 錦絵でたのしむ江戸の名所」
http://www.ndl.go.jp/landmarks/quiz/
◇*2書籍「江戸の判じ絵」初版28〜33頁、岩崎均史(ひとし)著、ISBN4-09-626131-9、小学館
◇*3HP「シロガネーゼ - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BC

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
渋谷も渋谷村と呼ばれるくらいの田舎で、田んぼがほとんどだったようですからね。
いまの渋谷からは想像できませんね。
ねこのひげ
2016/02/21 10:18
コメントをありがとうございます。

 なにしろ、今の渋谷駅も新宿駅も昭和7年(1932年)まではおなじ豊多摩郡だったそうです。明治33年(1900年)生まれの6代目三遊亭圓生は、若い頃新宿に住んでいたらしい。住所を聞かれて答えると、よく「それは(都心から遠くて)お気の毒に」と言われたとか。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/02/21 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代に流行した謎々、判じ物(はんじもの)。口絵の地名はどこを意味しているの?【2】 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる