町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界最古の木造建築、法隆寺。あと何年持つと予想されているの?

<<   作成日時 : 2016/01/13 09:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★歴史★
問題:法隆寺、別名斑鳩(いかるが)寺は、「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界文化遺産に登録されているそうです。なぜか心が落ち着く不思議な場所ですね。修学旅行の生徒たちや団体旅行の外国人が騒いでいると、長閑さや静けさは消えてしまうのですが。
■西暦607年に創建されたとも言われます。世界最古の木造建築だそうです。600年代の末期に再建されたという話も伝わっています。前者なら1400年、後者でも1300年以上も経過していることになります。法隆寺の主要な建材は檜(ひのき)だそうです。地震にも嵐にも耐えた植物の細胞壁の強靱さには驚かされます。経年変化の少なさも驚異です。
■とはいえ、すでに1000年以上の歳月が経過しています。法隆寺はかなり高齢化が進んでいるかもしれません。では専門家である宮大工たちは、あと何年ぐらい持つと予想しているのでしょうか。次の中からいちばん近い数字を選んで下さい。なお、この予想は7世紀末、600年代末期の建物であると仮定した場合の数字です。
[い]50年ほど
[ろ]100年ほど
[は]200年ほど
[に]400年ほど
[ほ]800年ほど
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]800年ほど
説明:信じがたい話ではありますが、法隆寺の修復に長年たずさわってきた「昭和最後の宮大工」西岡常一(つねかず)氏によれば、あと700年ぐらいは持つらしい*1*3。
■西岡氏によれば、檜の建築材としての寿命は少なくとも樹齢以上だそうです。法隆寺の場合、丸柱は直径70cmほどらしい。直径2.5mの丸太を4つに縦割りし、それぞれを丸く削りだして作るそうです。中心部を含んだ芯持柱(しんもちばしら)はしばらくすると罅(ひび)が入るとのこと。絶対に使えないらしい。図に描いてみると下のようになります。ずいぶん多くの部分を捨てちゃうんですね。いまなら割り箸やつまようじや紙の原料になりそうですが、当時はどうしていたのかな。
▼太さ2.5mの檜から直径70cmの柱を削り出す
画像

■直径2.5mの檜の樹齢は、少なくとも2000年以上らしい。もしいままでに1300年が経過していたとすれば、今から700年は持つ計算になります。
■実際、風雪に耐えてきた法隆寺の建材は、表面は風化しているように見えます。ところが2〜3mmも鉋(かんな)で削ると、檜独特の芳香が漂ってくるとのこと。ヒノキチオールの香りかな。抗菌性があるのかな。法隆寺の柱の組織はいまなお枯れきってはいないのかな。
■一般に建築材としての寿命は欅(けやき)や松は400年、杉の赤身のよい部分で700〜800年と言われているらしい。檜がなぜそんなに持つのでしょうか。参考資料*1によれば、削り出したばかりの建材では、欅は檜の2倍の強度があるそうです。でも欅は劣化が早い。数百年もしないうちに檜以下になるそうです。
◇*HP「欅 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%AC%85&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwic94yx_qLKAhUkGKYKHfZtAU4Q_AUIBygB&biw=1280&bih=632&dpr=1.5
■檜のほうは用材にしてから100〜200年はかえって強度が増すらしい。その後徐々に減少するそうですが、1000年経ってようやく新材のときの強度並みになるそうです。不思議な性質です。法隆寺の創建時、あるいは再建時に建材として檜を選んだ昔の宮大工たちは素晴しいですね。檜の特性を知っていたのでしょうか。
■昔の宮大工さんたちには悪いけれど、偶然だったという見方もあるようです。理由は工具の未発達です。欅のほうが最初は丈夫である。でも欅はご存知のように広葉樹です。姿は不均一ですし、木目が複雑だそうで、強い大きな鋸がないと材木として利用できないらしい。針葉樹である檜は真っ直ぐに伸び、木目がよく通っており、楔(くさび)を打ち込んで縦に割りやすいとのこと。
◇*HP「欅 葉 - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%AC%85&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwic94yx_qLKAhUkGKYKHfZtAU4Q_AUIBygB&biw=1280&bih=632&dpr=1.5#hl=ja&tbm=isch&q=%E6%AC%85%E3%80%80%E8%91%89
◇*HP「檜 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1280&bih=608&tbm=isch&sa=1&q=%E6%AA%9C&oq=%E6%AA%9C&gs_l=img.3..0l10.41172.75484.0.76067.8.7.1.0.0.0.111.681.5j2.7.0....0...1c.1j4.64.img..0.8.682.hh26jKRQUvw
■大鋸(おが)は室町時代の中期以降に普及したようです。飛鳥時代にはありません。材木に適した木はたくさんあったでしょうけれど、加工のしやすさから檜を選んだ。そんな事情もあったのかな。
◆参考*1: 書籍「日本史こぼれ話 古代・中世 続々編」新書初版35〜37頁、笠原一男/ 児玉幸多編、ISBN4-634-59310-6、山川出版社
◇*2HP「法隆寺 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E9%9A%86%E5%AF%BA
◇*3HP「西岡常一 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B2%A1%E5%B8%B8%E4%B8%80

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鐘が鳴る鳴る法隆寺❗芋食えば…確か法隆寺(笑)

聖徳太子の建立〜いやいや火災消失の再建だね法隆寺。わからないことが、ミステリーです。

ちなみに世界最古(木造)の2番目は?
sadakun_d
2016/01/15 22:38
タワーマンションなんかも檜で作った方がいいかもしれませんね。
ねこのひげ
2016/01/17 14:42
コメントをありがとうございます。

 2番目に古い木造建築はわかりません。日本にあるのかな。それとも他の国なのでしょうか。なんでも記憶されるのは1番ですね。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2016/01/17 17:50
コメントをありがとうございます。

 高層建築を檜で作れたら面白いですね。近ごろのことですから防炎加工とかできそうですし。
 でも風とか地震にも強くないと使えないのでしょうかね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2016/01/17 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界最古の木造建築、法隆寺。あと何年持つと予想されているの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる