町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 西行のSF風行動。枯れたはずの坊さんはどんなことをしたの?

<<   作成日時 : 2015/12/09 08:44   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:西行法師をご存知かと思います。元永元年(1118年)に生まれ、鎌倉幕府が誕生するころ、文治(ぶんじ)6年(1190年)2月16日に亡くなりました。満71歳だったのかな。昔の人にしては長生きですね。
■俗名は佐藤義清(のりきよ)というものだったそうです。血筋をたどっていくと、9代ほど前に藤原秀郷(ひでさと)がいるらしい。秀郷は、俵藤太(たわら(の)とうた)とも呼ばれます。関東では平将門(たいらのまさかど)の乱を平定し、関西では近江の三上山(みかみやま)に棲む大きな百足を退治したことでも知られます。
◇*HP「三上山 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%89%E4%B8%8A%E5%B1%B1&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAgQ_AUoAmoVChMI-ISlgsy2xwIVwZuUCh1rEwsN&biw=2560&bih=1264&dpr=0.75
■豪傑の血筋ですが、23歳のころ、思うことがあって出家したようです。「源平盛衰記」によれば、失恋が原因とのこと。他にもいくつか仮説があるようです。出家後は宗教家として、また歌人として生きたらしい。
■歌人としてはとてもよく知られています。百人一首の86番目には、「嘆けとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな」という作品が採用されています。参考資料*2の現代語訳によれば、「「嘆け」と言って、月が私を物思いにふけらせようとするのだろうか? いや、そうではない。(恋の悩みだというのに)月のせいだとばかりに流れる私の涙なのだよ」という意味らしい*6。
■勅撰和歌集である「新古今和歌集」には1970首前後の歌が収められているらしい。「前後」と曖昧なのは、写本によって数がわずかに異なるからとのこと。歌人別に見ると、第1位は西行です。94首もの作品が採用されています。5%弱は西行法師が占めていることになります。歌の名人であることは確からしい。葛藤や苦悩があるところに歌が生まれると聞きます。宗教人としての穏やかな悟りからは遠かった可能性があるようですが。
■さて、その西行法師は、あるSF的な行為をしたことがあったようです。現代人には信じがたいようなお話なのですが、それは次のどの行為でしょうか?
[い]人造人間を作った
[ろ]地獄に行って戻ってきた
[は]愛妻を亡くして嘆く男のために蘇生させた
[に]不老長寿の薬を天皇に捧げた
[ほ]昔に帰って御所が火事で焼ける前の貴重な文献を救い出してきた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]人造人間を作った
説明:「信じようと、信じまいと」。昔、そんな題名の書籍を見たと記憶します。この西行のお話はその本に記されてもいいような奇妙な話です。
■そもそもは「撰集抄(せんじゅうしょう)」という説話集に記されていたらしい。「撰集抄」は寿永(じゅえい)2年(1183年)に記された…とあとがきには記されているようです。西行自身の作と昔は思われていたらしい。近年の研究では、どうもそうではないようです。「西行に仮託されている」とWikipediaには記されています。あたかも西行が書いたような体裁はとっていますが、実際には彼の死後60年ぐらい経ったころに禅宗の坊さんたちによって成立したと見られているようです。現代風に言うと「なりすまし」かな。
■その記述によれば、西行が高野山にいたころ、親しかった仏門仲間が京都に行ってしまったとのこと。彼以外には話相手のいなかった西行は孤独をまぎらわしたくなったようです。ある人から聞いた、「鬼が人の骨を取り集めて人を造る方法」を思い出したらしい。骨を拾い集め、並べて造ってみたようですね。西行のころはまだ火葬も普及していなかったのでしょう。京都でも化野(あだしの)とか鳥辺野(とりべの)あたりに行くと、遺骸が折り重なっていたようです。鳥葬というのか、風葬というのか、どの地域にも遺骸を捨てていい場所があり、そこに行けば、人骨を入手するのは簡単だったのかもしれません*4。
■でも、人造人間は、人間の姿をしているものの皮膚の色が黒かったようです。皮膚はどこから調達したのかな。また、心というものを持っていなかった。まぁそうでしょうね。造ってはみたものの、どうも歌について語り合えるわけでもなく、宗論を闘わすこともできない。もちろん猥談もできません。やめとけばよかったな。
■かといって破壊してしまうと殺生をしたことになりそうです。で、困り果てた西行は、山の奥に放置してきたそうです。これは現代風にいえば死体遺棄にあたるかもしれません。骨になっていたとしても、骨壺ごとどこかに意図的に置いてくれば、それだけで死体遺棄になると聞いたことがあります。
■西行は、源師仲(もろなか)に正しい人造人間の造り方をあらためて尋ねたようです。源師仲氏は従二位権中納言まで出世したことのある公卿、高級貴族だそうです。平治(へいじ)元年(1159年)の平治の乱では源義朝(よしとも)側について敗北し、下野(しもつけ、現栃木県)に流されちゃったらしい。彼は人造人間の権威だったのかな。
■師仲氏がなんと答えたかはわかりません。でも、「名前はあかせないが、自分の造った人間が、今、公卿になっている」と述べたとか。この人、ひょっとしたらとんでもないほら吹きか、悪戯者なのかな。幸いにして、その後、西行が人造人間にはまったというお話はとくにないようです。
■なお、Wikipediaの表現によれば、「撰集抄」は「隠者文学として重要な作品であるが、展開される話の信憑性自体は低く、大半は何らかの伝承を手掛かりに存分に脚色を加えたもの」だそうです。まっ、人造人間の話も「信じようと、信じまいと」と軽く受け流すほうがいいかもしれません。
◆参考*1:HP「西行 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E8%A1%8C
◇*2HP「【百人一首講座】なげけとて月やはものを思はする かこち顔なるわが涙かな─西行法師 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】」
http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/086.html
◇*3HP「撰集抄 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%92%B0%E9%9B%86%E6%8A%84
◇*4HP「清水の舞台はなんのために設けられたの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201207/article_6.html
◇*5書籍「日本奇談逸話伝説大事典」初版356頁、志 村 有 弘(ありひろ)・松 本 寧 至(やすし)編、ISBN4-585-06002-2、勉誠社
◇*6HP「西行法師の歌にある「かこち顔なる」とはどんな意味? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200601/article_32.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
世界最初の人造人間はシェリーのフランケンシュタインが作ったことになっていましたが、そうすると西行さんの方が早いことになりますね。
ねこのひげ
2015/12/13 10:23
コメントをありがとうございます。

 フランケンシュタインの創造した怪物は、友人や妻を殺害したそうですね。西行さんの人造人間には、そうした凶暴性はなかったのかな。
 突然、西行さんに襲いかかったりしたら、驚くでしょうね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/12/13 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
西行のSF風行動。枯れたはずの坊さんはどんなことをしたの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる