町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 決まり文句の間違い探し。「君のいさぎ良さは一等地を抜いている」はどこがいけないの?

<<   作成日時 : 2015/12/24 08:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:本日は決まり文句の間違い探し問題です。まずは題の問題。間違いは2つあります。1つ目は「いさぎ良い」。漢字で表記するなら「潔い」が普通ですね。もともとは「勇清し(いさきよし)」という言葉だったらしい。「いさぎ」が「良い」のではないようです。「いさぎ」を辞書で引いても、イサキ科の海水魚のほかにはなにもひっかかりません(デジタル大辞泉)。
■「一等地を抜く」は、「駅前の角地を地上げしてやったぜ」という自慢と誤解されるかもしれません。正しくは「一頭地を抜く」。「ほかより一段と優れている」ことを意味します。「一頭」は頭一つの意味らしい。「地」は地面ではなく、漢文において副詞を作る助辞だそうです。頭一つ分、他よりも出ているという意味になるようです。
■余談です。競馬では、ハナ差がいちばん微妙な着差で20cm。一頭地を抜いたアタマ差は40cm。クビ差が80cm。あとは半馬身、1馬身などと「馬身」を基準として表現するようです*2。
■では本番です。下の5つの文のうち、誤った表現を含んでいる文はどれでしょうか? (正しくない表現を含んだ文は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]彼女の看護は到れり尽くせりだったので、嫌が上にも好意を持つようになった
[ろ]1人は皆のために、皆は1人のために。我々は一身同体さ
[は]無実だの一点張りで、アリバイについては黙秘している
[に]一切ならず忠告したにもかかわらず会社を辞めた彼は、案の定失業者になってしまった
[ほ]近くに大人気の回転寿司が進出し、家族の客をとられた我が店は一貫の終わりだった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[い]と[ろ]、[に]、[ほ]が誤りを含んでいる
説明:[い]彼女の看護は到れり尽くせりだったので、嫌が上にも好意を持つようになった(×)
■なんとなく変な文章ですね。誤りはまず「到れり尽くせり」という表記らしい。普通は「至れり尽くせり」と表記するようです。ちなみに「光栄のいたり」も「至り」と表記するとのこと。
□漢和辞書「字通」によると、「到」という漢字は「及ぶ」とか「届く」という意味があります。「至」も同じですが、さらに「行き届く、極まる」という意味もあるとのこと。こちらの意味で使われているようですね。
□もうひとつの間違いは、「嫌が上にも」ですね。ふつうは仮名で表記しますが、もし漢字を使うなら「弥が上にも」とするのが正しいようです。
□漢和辞書「字通」によると「弥」は「ビ、ミ、ひさしい、いよいよ」という字音・字訓があります。「いや」と読むのは日本だけのようですね。手紙などで使われる「弥栄(いやさか)」は、「ますます栄える」という意味らしい。「弥が上にも」は、「ますます」あるいは「いよいよ」(好意を持つ)ということなのでしょう。
[ろ]1人は皆のために、皆は1人のために。我々は一身同体さ(×)
■誤りは「一身同体」です。正しくは「一心同体」とのこと。「一身同体」は、物理的・生理的にかなり無理があります。心は簡単に1つにできるかもしれません。少なくともそのふりはできます。でも体を1つにするのは、あれしかないかな。誰です。桃色の想像をしているのは。あれとは妊娠のことですけど。
[は]無実だの一点張りで、アリバイについては黙秘している(○)
■「一点張り」は賭博の用語だそうです。ひとつの物に賭け続けることらしい。たとえばルーレットなら、ひとつの数字とか、0と00とかに賭け続ける人がいます。そんな高い配当でなくても、赤とか黒に賭け続ける人もいます。出る確率×配当の倍率はどこに賭けても必ず1を切ります。そうしないと胴元が破産してしまいます。客のほうは長くやっていると、かならず損をすることになりますが、1〜2時間なら偏りが出て、勝つこともあるのかな。
◇*HP「ルーレット - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMI7oTQy_HayAIVA1CmCh26MQGh&biw=1536&bih=758#imgrc=wihhPmg26r4gnM%3A
[に]一切ならず忠告したにもかかわらず会社を辞めた彼は、案の定失業者になってしまった(×)
■誤りは「一切ならず」だそうです。正しくは「一再ならず」。「一度や二度ではなく」の意です。かなりしつこく忠告したのに飛び出しちゃったのかな。失業保険が切れないうちに再就職できるといいのですが。
[ほ]近くに大人気の回転寿司が進出し、家族の客をとられた我が店は一貫の終わりだった(×)
■誤りは「一貫の終わりだ」だそうです。正しくは「一巻の終わり」ですね。「続いてきたことが悪い形で一挙に終わること」だそうです。古い言葉ではなく、無声映画の弁士が映画の最後に言った言葉らしい。20世紀に入ってから定着した言葉なのかな。「巻」はきっと映画のロールフィルムの助数詞なのでしょうね。
□ちなみに一貫は握り寿司の助数詞です。昔は2個で一貫と数えたのに、最近では1個で一貫がふつうらしい。一巻は巻き寿司の助数詞ですね。かつ、「貫」という助数詞の元になっているという説もあるらしい。なんだかお腹が空いてきました。
◆参考*1:書籍「勘違いことばの辞典」初版、西谷裕子(にしたに ひろこ)編、ISBN4-490-10701-3、東京堂出版
◇*2HP「着差 (競馬) - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%80%E5%B7%AE_(%E7%AB%B6%E9%A6%AC)
◇*3HP「握り寿司 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%A1%E3%82%8A%E5%AF%BF%E5%8F%B8
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
似たような文章はよく間違いますね。
特にパソコンで書くようになって間違いが多い気がします。
ねこのひげ
2015/12/27 17:19
コメントをありがとうございます。

 パソコンを使うと、手書きよりは速くなり、同時に見直すことが減ったような気がします。
 露骨な間違いならパソコン側が指摘してくれることもありますが、漢字や熟語の微妙な使い分けなどは、あとで後悔したりしますね。
 強力で有能な校正者みたいな機能が登場すると嬉しいのですが。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/12/27 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
決まり文句の間違い探し。「君のいさぎ良さは一等地を抜いている」はどこがいけないの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる