町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンキ型/ハリボテ型/詐欺型/芋づる型。どんな分野のものを分類したの?

<<   作成日時 : 2015/11/05 08:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:ペンキ型/ハリボテ型/詐欺型/芋づる型という4つの類型にわける分類があるそうです。ちょっと犯罪がらみの臭いもするかな。怪しい雰囲気も漂うこの4つの類型は、いったいどんなものを対象とした分類なのでしょうか? 下の選択肢から選んで下さい。
[い]ユニフォーム(制服)の分類
[ろ]外来語の分類
[は]チラシ広告の分類
[に]ネットのバナー広告の分類
[ほ]各種クーポン券の分類
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ろ]外来語の分類
説明:この分類は、NHK放送文化研究所が使っているものらしい。実際には「型」ではなく「語」という接尾語になっています。クイズの都合でちょっと変更させていただきました。外来語、片仮名語がこれですべて分類できるというわけではないのかもしれませんが、なかなか面白い分類です。
■たとえば、ペンキ語とは、「ペンキを塗れば新しくしたようにみえる」ことから、新しい雰囲気を出そうと使われる言葉だそうです。玄関とか入口とか言わずにエントランスと言うのはペンキ語らしい。下着と言わずにアンダーウエアというのもそうらしい。
■これならいくつも考えられますね。ひょっとしたらマイナンバーもそうかな。国民(背)番号でもいいのにね。主題で充分なのにテーマ。課題で充分なのにイッシュー。利用者支援でいいのにユーザーサポート。商人でいいのにビジネスマン。情報内容でいいのにコンテンツ。(運動選手の)働きぶりでいいのにパフォーマンス。(機械の)性能でいいのにパフォーマンス。演技でいいのにパフォーマンス。ペンキ語は世に満ちているようです。
■2つ目のハリボテ型というのは、「物事をできるだけ大きく見せようと使われる言葉」だそうです。グランドリニューアルオープン。たしかにハリボテですね。新装開店では迫力に欠ける…と発言者は思っているのでしょう。ブラッシュアップというのはどうかな。磨き上げるで充分だろうけど。これはペンキ語かな。「ミッションを遂行する」。これは「業務をこなす」のハリボテ語かもしれませんね。
■詐欺語というのは、「外来語が持つわかりにくさや、使う人が賢そうに見える効果をねらった言葉」だそうです。たとえばアカウンタビリティは説明責任の詐欺語らしい。最近よくテレビで見かける「結果にコミットする」という宣伝文句も詐欺語かもしれません。
■よく考えてみると、カタカナ語の大部分は詐欺語の要素があるのかな。背伸びをしたい人が多く使います。自信がない人のための言葉の底上げ靴、シークレットブーツですね。
■「例のコンプライアンス問題はペンディングにしてプライオリティが高くてクリティカルなアジェンダからスタートするようミーティングメンバーのコンセンサスをASAPでとるように」。何を言っているのかはっきりわかりません。全部が詐欺語のように感じます。
■コンプライアンスは法令遵守。ペンディングは保留。プライオリティは優先順位。クリティカルは危機的な、重大な。アジェンダは議題。コンセンサスは合意。ASAPはAs Soon As Possibleの頭字語で可及的速やかにと訳せるようですが。
■4つ目の芋づる語というのは、パソコン用語のように、1つのカタカナ語を調べると別のカタカナ語がいくつも登場してしまうという種類らしい。たとえばソフトウエアについて調べると、アプリケーションソフトウエアという単語にぶつかります。この単語を調べると、システムソフトウエアという言葉が出てきます。この単語について調べるとオペレーション・システム(OS)とかWindowsという言葉も出てきます。OSについて調べるとハードウエアという言葉が出てきますし、ハードウエアについて調べるとソフトウエアという言葉が出てきます。これって一種の循環定義かな。肩をすくめるしかありませんね。
■意味不明なカタカナ語が氾濫すれば、日本語による情報伝達の効率は低下します。古い語彙が失われ、文化の喪失にもつながります。でも、われわれ町人にできることはあまりありません。せいぜい、カタカナ語を乱発する奴を馬鹿にするぐらいかな。でも、みんなで馬鹿にすれば、少しは効果があるかもしれません。頑張って馬鹿にしましょう。
◆参考*1:番組「気になる言葉『カタカナ語 ここが気になる/増殖を続けるカタカナ語』」平成15年(2003年)10月29日/30日、NHK
◇*2HP「【用例あり】業界頻出のカタカナ語・ビジネス用語辞典【100選】 | 株式会社LIG」
http://liginc.co.jp/life/business/85739
◇*3HP「日本語で言ってくれ!ビジネスのカタカナ語ウザイ横文字一覧」
http://hatarakus.jp/katakanago-business

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カタカナを多用されるとごまかされている気がしますね。
大いに疑りたくなります。
マンションの事件も大本があやしいですな。
ねこのひげ
2015/11/08 08:27
コメントをありがとうございます。

 英語が苦手のせいか、片仮名語を乱用する連中は好きになれません。
 つい最近、ある人物と1時間一緒に作業しただけで、10回ぐらい「クロスチェック」という言葉が出てきました。「複数資料で確認」とか「比較確認」で済むのに、クロスチェックと言いたがるのは、なぜなのか。気になって集中が途切れてしまいました。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/11/08 15:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペンキ型/ハリボテ型/詐欺型/芋づる型。どんな分野のものを分類したの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる