町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 少し物騒。末尾に「殺し」のつく言葉。「鬼殺し」とは強い酒のことなの?

<<   作成日時 : 2015/11/26 08:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:アマゾンで「鬼ころし」を検索すると、おもに日本酒がひっかかります。「平成の鬼ころし」2Lのパックで802円。これは安いな。「清洲城 信長 鬼ころし」は同量で1485円。テレビで宣伝を見たことがありますね。嘘かホントか、鬼ころしという名の商品は「日本全国で100種類以上にも及ぶ」らしい。最初に命名した酒造りの店が商標登録を怠ったため、たくさん産まれたとのこと*1。
■辞書ではどんな定義をしているのでしょうか。「大辞林」によれば、最初に「粗悪で悪酔いする強い酒」とありました。えっ? まさかこの意味で商品名はつけませんよね。2番目には「辛口の強い酒」だそうです。でも日本酒の鬼ころしは数種類呑みましたが、度数が特に高いということはなかったと思いますけど。謎ですね。「鬼ころし」は消費者もメーカーも惹かれる言葉という点だけは間違いないようですが。
■本日は、末尾に「殺し」とつく言葉の意味についてのクイズです。下に並んだ「殺し」にまつわる言葉の説明のうち、正しいものを選んで下さい。(正しい記述は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]「誉め殺し」とは敵を褒めあげていい気にさせ、失敗するのを待つ戦法である
[ろ]「嵌め殺し(はめごろし)」とは象眼(ぞうがん、工芸品の装飾法)のやりかたで、埋め込んだ金属や宝石を地の面と水平にしたものである
[は]「埋め殺し(うめごろし)」とは廃坑の入口を土砂やコンクリートでふさぎ、人の出入りをできなくすることである
[に]「木殺し(きごろし)」とはマツクイムシやカイガラムシのような樹木の害虫のことである
[ほ]「捨て殺し」は「見殺し」と同じ意味である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ほ]が正しい
説明:[い]「誉め殺し」とは敵を褒めあげていい気にさせ、失敗するのを待つ戦法である(△)
■誉め殺しを「大辞泉」で引くと、「いやみになるほどほめ立てること」とあります。さらに「必要以上にほめちぎることで、かえって相手をひやかしたりけなしたりすること」とあります。
□Wikipediaの「ほめ殺し」の項によれば、昭和62年(1987年)に日本皇民党という右翼団体が、自民党総裁選に立候補していた竹下登(のぼる)氏に対して「日本一金儲けがうまい竹下氏を総理に」と街宣活動をしたので有名になったらしい*2。たしかに「相手をひやかしたりけなしたり」していますね。
□こうした政治活動の場合には、天狗になった相手のオウンゴールを誘うという要素がありません。「脅迫罪や強要罪の構成要件を排除しつつ攻撃対象のイメージダウンをもたらす」という狙いになるようです。過剰に誉めるという行為はありますので△と判定すべきかな。
□もともとは歌舞伎などの芸能関係で使われてきた用語とのこと。「頭角を現し有望格と見なされた若手を必要以上に褒めることで有頂天にさせ、結局その才能をだめにしてしまうこと」だそうです*2。この場合ですと、○と判定すべきかもしれませんね。
[ろ]「嵌め殺し(はめごろし)」とは象眼(ぞうがん、工芸品の装飾法)のやりかたで、埋め込んだ金属や宝石を地の面と水平にしたものである(×)
■「嵌め殺し」は、「障子・ガラス窓などを開閉できないように作り付けること」だそうです。空気の入れ換えという用途は無視して採光に特化しているのかな。
◇*HP「嵌め殺し - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B5%8C%E3%82%81%E6%AE%BA%E3%81%97&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMIgY-77eLVyAIVgbeUCh2i7AJ-&biw=1280&bih=632
[は]「埋め殺し(うめごろし)」とは廃坑の入口を土砂やコンクリートでふさぎ、人の出入りをできなくすることである(×)
■埋め殺しとは「掘削(クッサク)を行うために用いた鋼矢板などの仮設材を、工事終了後に回収しないでそのまま埋めたままにしてしまうこと」だそうです。手間と費用を省くのかな。
□地下のガスや水道の配管を新しくした場合、既存の古い配管をそのままにして埋め戻すことも「埋め殺し」と呼ぶらしい。面白いですね。
[に]「木殺し(きごろし)」とはマツクイムシやカイガラムシのような樹木の害虫のことである(×)
■「木殺し」は「木材どうしの矧合(はぎあ)わせや木材と金属との接合時に、木部を金槌などでたたいて圧縮して、接合しやすくすること」だそうです。目的は「収縮による隙間の発生を防ぐ」とのこと。たとえば、臍(ほぞ)穴に臍を差し込むときなどに使われるらしい。
◇*HP「ほぞ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1280&bih=632&tbm=isch&sa=1&q=%E3%81%BB%E3%81%9E&oq=%E3%81%BB%E3%81%9E&gs_l=img.3..0i4l4j0j0i4l5.88361.88768.0.89180.3.3.0.0.0.0.190.404.1j2.3.0....0...1c.1j4.64.img..1.2.326.gfw4O8ywqvw#imgrc=k7Bi7ruKQDAL5M%3A
[ほ]「捨て殺し」は「見殺し」と同じ意味である(○)
■捨て殺しは「危ないところを救わないで、見殺しにすること」だそうです。見捨てるわけですね。
□登山中に滑落して重傷を負った仲間。実は恋敵だった。少し危険をおかせば助けられるかもしれない。でもあえて見捨てて、ゆっくりと救援を呼びに行った。こんな場合、残虐性については低いといえるかも。でも、意図があれば殺人事件になるのかな。
□「殺し」が末尾につく言葉には嬲り殺し(なぶりごろし)なんてのもあります。こちらは残虐性が高いですね。
□殺人の量についていえば、半殺しというのもあります。生殺しと同じ意味らしい。0.5です。半殺しよりも量の多いのが人殺し。0.5より1のほうがはるかに罪が重そうですね。もっと量の多いのが皆殺し。紛争地などでは現代でも起こっているのでしょうか。
◆参考*1:HP「日本酒の「鬼ころし」、何故こんなに同じ銘柄が多いのか? | KURAND」
http://kurand.jp/blog/2014/09/18/onikoroshi
◇*2HP「ほめ殺し - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BB%E3%82%81%E6%AE%BA%E3%81%97
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
百種類もあるとは知りませんでした。
鬼も殺せるほど強い酒かと思ってましたが、それほどでもなかったですね。
ネーミングの妙という奴ですね。
ねこのひげ
2015/11/29 09:26
コメントをありがとうございます。

 我ら日本人は「鬼」という言葉が大好きですね。鬼が登場する決まり文句だけでも20ぐらいあるらしい。
 「殺し」という刺激的な言葉もつけば、鬼に金棒で商標としては最上級品なのでしょう。ちゃんと登録しておけば独占できたのに、ドジなことでしたね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/11/29 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
少し物騒。末尾に「殺し」のつく言葉。「鬼殺し」とは強い酒のことなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる