町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 背中に骨の板を持つステゴサウルス。600万年ぐらいで絶滅してしまったの?

<<   作成日時 : 2015/10/30 09:46   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:ステゴサウルスをご存知だと思います。ティラノサウルスやトリケラトプスと並んで、恐竜の中でも知名度の高い種類です。全長7mぐらい、推定体重は2.6トンほどらしい。現在の北アメリカや中国に生息した草食恐竜です。
■背中に骨の板が並ぶのが特徴ですね。装盾類(そうじゅんるい、盾(たて)を装備する草食恐竜)の中の剣竜類(剣板と呼ばれる特別な骨を持つ連中)の代表選手だそうです。
◇*HP「ステゴサウルス - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1536&bih=758&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=nl2FVb6EI8G3mAX53ouABw&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ
■最初のころの剣竜類は、背中の骨の板はあまり大きくないらしい。ステクロサウルスとかスケリドサウルスなどと呼ばれる種類がいたようです。
◇*HP「スケリドサウルス - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1536&bih=758&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=nl2FVb6EI8G3mAX53ouABw&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AA%E3%83%89%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9
■背中の骨の板は次第に巨大化していったらしい。その頂点ともいえるのがステゴサウルス君のようです。その他にトゥオジャンゴサウルスと呼ばれる種類も骨の板は割りと大きかったらしい。
◇*HP「トゥオジャンゴサウルス - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=mWKFVc24NoTSmAW89oCIAg&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1536&bih=758
■本日は、恐竜界のスーパースター、ステゴサウルス君についての雑学クイズです。次の記述のうち、正しいものはどれでしょうか? (正しい記述は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]ステゴサウルスの名前は、子供の面倒をみないところから和名としてつけられた(学名は異なる)
[ろ]ステゴサウルスとティラノサウルスが相打ちになった化石が見つかっている
[は]ステゴサウルスはせいぜい600万年ぐらいしか生息しなかったと言われている
[に]ステゴサウルスなど剣竜類の脳はせいぜいピンポン球2つぐらいしかない
[ほ]背中の骨の板は防御用の盾(たて)として使われた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]と[に]が正しい
説明: [い]ステゴサウルスの名前は、子供の面倒をみないところから和名としてつけられた(学名は異なる)(×)
■「捨て子サウルス」という名前ではないらしい。学名もStegosaurus armatusとのこと。「屋根に覆われたトカゲ」が前半の意味だそうです。後半は「武装した」とか「装備した」という意味らしい。最初に化石が見つかったとき、背中の骨の板が屋根瓦のように見えたのかも知れません。
◇*HP「ステゴサウルス - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMI2oPJxKrmyAIVxhemCh0Gagh7&biw=1280&bih=632#imgrc=e-lwT9uMaXi4UM%3A
□捨て子をするかどうかはわかりません。剣竜類の化石は、ステゴサウルスを含めて複数が1箇所で見つかることが多いそうです。群れをなしていたのは確からしい。
[ろ]ステゴサウルスとティラノサウルスが相打ちになった化石が見つかっている(×)
■ステゴサウルスもティラノサウルスも、北アメリカに生息していました。片や史上最強の肉食動物。片や草食動物といえども尾の先についたトゲで捕食者を殺すこともあるという強者です。スナップを利かせて振り回し、敵の身体に突き刺すそうです。
◇*HP「ステゴサウルス 尻尾 トゲ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%88%E3%82%B2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=KWiFVamDKeTAmQWl1ICwAg&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1536&bih=758#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%80%80%E5%B0%BB%E5%B0%BE%E3%80%80%E3%83%88%E3%82%B2
□ただし、生息していた時代にはずれがあります。先輩はステゴサウルスです。ジュラ紀の後期、1億4900万年ぐらい前に姿を消しています。後輩のティラノサウルスは白亜紀の末期であり、隕石の衝突が原因と見られる絶滅劇の主役の1人でした。恐竜界のスーパースター2種類はすれ違いだったようです。ちなみにトリケラトプスは白亜紀末期で、ティラノサウルスとは同時代のようです。
[は]ステゴサウルスはせいぜい600万年ぐらいしか生息しなかったと言われている(○)
■恐竜の時代は三畳紀末の大量絶滅のあとに始まり、6550万年ぐらい前の隕石衝突まで約1億3000万年あまりだったらしい。現在確認されている恐竜は350種類ぐらいだそうですが、化石として残っていない種類もたくさんいたのでしょう。
□その中でジュラ紀後期に登場したのがステゴサウルス君です。1億5500万年ぐらい前に登場し、上記のとおり1億4900万年ぐらい前に絶滅したと言われます。600万年といえばアウストラロピテクス(猿人)からホモサピエンスよりもはるかに長いわけですが、恐竜の時代全体から見ればごくわずかな期間に見えますね。
□ちなみにティラノサウルス君のほうは約6850万年ぐらい前に登場し、約6550万年前に他の恐竜とともに絶滅したらしい。こちらはわずかに300万年だけの生息期間だったようです*3。
[に]ステゴサウルスなど剣竜類の脳はせいぜいピンポン球2つぐらいしかない(○)
■剣竜類はみんな小顔だそうです。頭蓋骨が小さいらしい。脳そのものは残念ながら残されていません。でも、納まる場所の容積から脳の大きさは推定できるらしい。ピンポン球2つ分ぐらいしかなかったといわれます。小顔で見た目はよかったかもしれませんが、あまり賢くはない。これは人類でも言えることなのかな。
[ほ]背中の骨の板は防御用の盾(たて)として使われた(×)
■かつてはそのように考えられていたこともあったらしい。でも、CTスキャンなどにより、骨の板の構造が調べられ、盾に使われたという説は否定されつつあるそうです。なにしろ骨の板の内部はスカスカだったらしい。骨の板の表面には多くの溝があったとのこと。
□スカスカでは強度が保てず、防御用の盾には使えません。参考資料*1の科学雑誌には「クッキーのようにもろい」と表現されています。
□骨の板の表面の溝は血管を通すためのものと推定されています。盾としてではなく、体温調節に使われたという仮説が出てきました。血管がたくさん通った骨の板を太陽の光に当てることで体温を高めることができます。風に当てることで体温を下げることもできます。太陽光や風力を利用するとは、なかなかエコです。
□その他、雌に対する求愛行動に使われたとか、縄張りをかけた争いの際に一種のシンボルとして使われたとか、さまざまな説があるようです。
◆参考*1:雑誌「ステゴサウルス 背に約20枚の板,尾に4本のとげをもつ剣竜」Newton (ニュートン) 2015年5月号126〜131頁、ニュートンプレス
◇*2HP「ステゴサウルス - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9
◇*3HP「ティラノサウルス - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
脳みそがピンポン玉・・・・カラスはあの大きさで人間を悩ますほどの知恵を持ってますからね。
脳みその大きさは関係ないようですね。
大きさから行くとクジラ類が地球の支配者でなければいけませんね。
人間とも思えませんが・・・(^^ゞ
ねこのひげ
2015/11/01 08:23
コメントをありがとうございます。

 たしかに脳みそのサイズでいえば、人間がナンバー1ではなさそうですね。クジラやゾウのほうが大きそうです。
 彼らはどの程度賢いのかな。ゾウの記憶力は凄いと聞きますが、それだけではなかなか地上の王にはなれないようですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/11/01 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
背中に骨の板を持つステゴサウルス。600万年ぐらいで絶滅してしまったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる