町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準1級程度の難読熟語。「椿事」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2015/10/26 07:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:題の問題の答は「チンジ」です。珍しい出来事を意味します。珍事と同じですね。また、思いがけない重大な出来事も椿事と呼ばれます。「椿事出来」は「チンジシュッタイ」としても時々使われます。椿事が起こることです。「人間の腕が往来に落ちていたというのは、勿論一つの椿事出来(しゅったい)に相違ないが、それが彼の羅生門横町であるだけに、一層ここらの人々を騒がせた」。これは岡本綺堂(きどう)の「半七捕物帳」での使用例です。
■なぜ椿なのでしょうか。「荘子(そうじ)」という本に次のような大椿の木の話が登場します。「上古有大椿者、以八千歳爲春、八千歳爲秋」。大昔にあった大椿は、8000年を春とし、8000年を秋としたらしい。3万2000年が人間の1年に当たるそうです。大椿が花を咲かせるのは3万2000年に1度ということでしょうか。それほど珍しいできごとなので、椿事と呼ばれるようになったらしい。ただし、言葉の由来です。他にもいくつか説があり、どれが正しいかははっきりしないようですが*5。
■余談です。最近の研究によれば、極限環境微生物=厳しい環境の中で生きている単純な生物の中には、ひょっとしたら1回の細胞分裂に1万年かかっているかもしれないと推測される種がいるそうです。最短でも1000年ぐらいとのこと*3。想像がつかないほどにのんびりした生き物です。
■「荘子」には大椿の話の他にも、冒頭の鯤(こん)という大型魚の話など、法螺話かしらんと思われるような天文学的数字の話がいくつかあります。でも極限環境微生物の事例からみると、大椿の話も単なる誇張ではないのかも。
■閑話休題。本番です。次の熟語はそれぞれなんと読むのでしょうか?
[い]樗才
[ろ]栖遅
[は]鹿柴
[に]椋鳥
[ほ]櫛比
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]樗才はチョサイと読む
■樗才は「役に立たない才能や人材」の意だそうです。おもに謙遜して用いられるらしい。
□「樗」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「チョ、ぬるで」という字音・字訓があります。椿事の場合に似て、この言葉も「荘子」に由来するらしい。樗の木はこぶだらけだし、枝も幹も湾曲して材木としてはまったく使い物にならないようです。で、役立たずという意味で使われるらしい。
□高山樗牛(ちゅぎゅう)という明治時代の文士がいます。小説「滝口入道」が代表作でしょうか。明治30年代前半の言論を先導した人物とのこと*4。樗牛という筆名は、樗木斄牛(チョボクリギュウ)という四字熟語に由来する名前だそうです。大きいけれど役立たずという「独活(うど)の大木」に似た意味らしい。樗牛氏は「当時としてはいい体格」の人だったようです。弓道にも長けていたらしい。わずか31歳で肺病に倒れたのは残念でした。
[ろ]栖遅はセイチと読む
■栖遅は「心静かに住むこと。官をのいて、閑居すること」だそうです。関連団体に天下りして数年ごとに退職金をせしめようというガツガツした姿勢ではないようですね。
□「栖」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「セイ、すむ、やどる」という字音・字訓があります。栖家は「すみか」と読みます。住み処と同じです。
□「遅」はご存知のとおり、「おそい、おくれる」という読みがあります。漢和辞書「字通」によれば「ゆるやか、おだやか」という意味もあるらしい。英語にもslow foodという言葉がありますね「土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動、またはその食品自体」だそうです。fast foodよりも心静かにおだやかに食べられそうです。
[は]鹿柴はロクサイと読む
■鹿柴は「木や竹を組み合わせて鹿(しか)の角のような形にして敵の侵入を防ぐもの」です。鹿砦とも表記します。逆茂木(さかもぎ)とも呼ばれます。
◇*HP「さかもぎ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1920&bih=948&tbm=isch&sa=1&q=%E3%81%95%E3%81%8B%E3%82%82%E3%81%8E&oq=%E3%81%95%E3%81%8B%E3%82%82%E3%81%8E&gs_l=img.3..0i4j0i4i24l6.21658.22749.0.23519.5.5.0.0.0.0.145.499.3j2.5.0....0...1c.1j4.64.img..1.4.428.jq9mlbUxM2g
□われらサッカーファンには、鹿島アントラーズの柴崎岳(がく)の略かとも思われます。次の日本代表を背負う司令塔候補として期待されています。
[に]椋鳥はむくどりと読む
■椋鳥は「スズメ目ムクドリ科の鳥の総称」だそうです。体長は25cm前後、スズメよりは少し大型らしい。駅前の電線や街路樹に屯(たむろ)して下の通行人に糞害を与えることがあります。
◇*HP「椋鳥 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A4%8B%E9%B3%A5&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMI-6WT5KDNyAIVRIyUCh22_gAB&biw=1280&bih=632&dpr=1.5
□江戸時代には椋鳥は「田舎から都へ来た者をあざけって言う語」でもありました。「椋鳥も 毎年来ると 江戸雀」という川柳があるらしい。どちらもスズメ目で仲間のはずですが。明治時代には椋鳥芸者という言葉もあったようです。「田舎臭い、野暮ったい芸者」の意味らしい*7。
[ほ]櫛比はシッピと読む
■櫛比は「櫛(くし)の歯のようにすき間なくぎっしりと並んでいること」だそうです。これは「大辞林」の定義で、「大辞泉」もほぼ同じ(151026現在)。う〜ン、櫛の歯と歯の間には隙間がないと機能しません。この定義にはケチをつける余地がありそうです。勝手ながら、「似たようなものがズラッと並んでいること」と理解することにします。
□「中洲新地には船宿14、料理茶屋8、出合茶屋93軒が櫛比し賑わった。江戸一の繁華を誇る両国橋界隈も寂れたという」。これは「大江戸歴史百科」という最近の本での使用例です。江戸時代後半の「江戸繁昌記(現代語訳)」では「…したがって興行物が櫛比していろんな演技をもって客を呼んでいる」という使用例がありました。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20421-5、成美堂出版
◇*2HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://kokugo.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/naikaku/pdf/joyokanjihyo_20101130.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。文化庁の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇*3HP「極限環境微生物は、細胞分裂の速度も極限に近いの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201507/article_3.html
◇*4HP「高山樗牛 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E6%A8%97%E7%89%9B
◇*5HP「春の椿事という言葉の由来は、椿と関係あるのでしょうか?そのことを調... - Yahoo!知恵袋」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014472105
◇*6HP「岡本綺堂 半七捕物帳 唐人飴」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/1019_15031.html
◇*7書籍「花柳風俗語辞典」初版125頁、藤井宗哲(そうてつ)編、東京堂出版
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日。ラジオを聴いていたらゲストに辞書を編纂する編集者の方が出ていて、なかなか話が面白かったです。
同じ出版社で、二種類の辞書を出しているわけなんかを説明していたり、載せる文言の説明の仕方なんかも面白かったです。
ねこのひげ
2015/11/01 08:08
コメントをありがとうございます。

 なるほど。ラジオは言葉だけが勝負でしょうけれど、辞書の編纂者は言葉の専門家でしょうから、素晴しい説明が聞けるのかな。素町人も聞いてみたかった。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/11/01 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検準1級程度の難読熟語。「椿事」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる