町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳内でスイッチが入り、フェロモンを出しながら帰巣するアリ。何がキッカケになっているの?

<<   作成日時 : 2015/10/16 08:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:アリはさまざまな場所に出没します。高層マンションの上のほうでは、植木鉢などを置かない限り、接近遭遇はめったにないかも知れません。でも一戸建てのお宅ではおそらく台所や座敷、寝室などにもアリが散歩していることがあるでしょう。
■昔、台所に入ったら、100匹をはるかに越えるであろう小さな茶色いアリが徘徊しているのを見て、鳥肌が立ったことがあります。血圧と心拍数、テストステロンの血中濃度があがりました。ティッシュの箱を抱えて戻り、大虐殺を展開しました。連中は餌を漁ってのんびり歩いていましたが、仲間の悲鳴が聞こえるのか、突然足早に去ろうとしましたね。こちらも負けずにひねりつぶし、おそらく20数匹ぐらいはあの世に送ってやりましたぜ。
■巣をつぶさねば駄目だろう、また出てくるよと知り合いに言われましたけど、そこまでの残虐性はありません。第一、面倒臭い。平和に共存できればいいと思い、400円弱でアリよけのチョークを購入しました。台所のあがりがまち、タイルの割れ目など、アリの侵入路になりそうな場所に白いチョークの帯をつくりました。
■素町人の場合は幸いに効果がありまして、その後はアリの侵入は完全に防げました。毎年、10分ほどかけてチョークの帯を更新すれば、小さな社会性昆虫に殺意を抱かずに済みます。
■ところで、うろうろと餌を探しているアリは、ある瞬間に脳内にスイッチが入るらしい。あることがきっかけとなり、そこからはまっすぐ巣に帰ろうとするそうです。その際にフェロモンを分泌しているらしい。
■では、餌を探しているアリの脳内でスイッチが入るきっかけとは次のどれでしょうか?
[い]餌を見つけること
[ろ]仲間のアリに遭遇すること
[は]仲間でないアリに遭遇すること
[に]天敵である蜘蛛(くも)に遭遇すること
[ほ]ティッシュを抱えた男に遭遇すること
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]餌を見つけること
説明:彼らの行動はたいへん単純なようです。砂糖がこぼれて丘(彼らから見て)が出来ている。そんな場所を見つけたとします。ボナンザ! 砂糖の小さな結晶を口にくわえた途端、彼の脳の中で変化が起こるらしい。
■まずはそこからいちばん近い経路で巣に向かって走りだすようです。そして「道しるべフェロモン」を分泌します。彼の通った道には臭いがつきます。ヘンゼルとグレーテルが帰り道を示そうとしたパン屑は小鳥に食べられてしまったそうですが、宝の山を見つけたアリのフェロモンはなかなか消えないのかな。巣に戻ったアリは誇らしげに仲間に伝えるのでしょう。仲間はいっせいに道しるべフェロモンの跡をたどり、シュガー・ヒルに向います。あとはご存知のとおり。砂糖の小さな粒を運搬する行列ができるわけですね。
■広島大学の西森拓(ひらく)、中田聡(さとし)、泉俊輔(しゅんすけ)、京都工芸繊維大学の秋野順治(としはる)の各教授と広島大学修士課程の学生でつくるチームでは、アリの行動を研究しているとのこと。餌を口にした途端に変化する脳内の物質では、たとえば一酸化窒素(NO)があるらしい。増大するそうです。一酸化窒素阻害剤を投与すると、帰巣せずにまた餌を探し始めたりするらしい。
■アリンコの研究はどんな応用が期待できるのでしょうか。「特定のリーダーが統率するわけでもなく、局所的な情報交換で集団行動をとる生物の秘密を解明し、自動輸送システムや生産システムなどに応用できる、具体的な自律協調システムの提案」が目標らしい。
■たしかにアリは数千数万の集団なのにとくにリーダーがいるわけではありません。情報交換に使われるフェロモンはほんの数種類とのこと。それでいてたいした混乱も衝突もなく、それぞれの目的、たとえば食料の調達とか巣の営繕、敵の侵入から仲間を守る役目などを果たしています。
■アリだけでなく、魚や鳥の群れでも、個々の相互関係や局所的な情報伝達だけで集団行動を行なっているそうです。ひょっとしたら軍隊でも応用できるかな。リーダーを失った場合にどうすれば被害を最小限に抑えつつ帰還できるか。アリや魚が教えてくれるかもしれませんね。
◆参考*1:雑誌「群れ行動に学ぶ自律協調システムの探求」Newton (ニュートン) 2015年6月号6頁、ニュートンプレス

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じように平等にできるのが凄いですね。
人間を含む他の生物では、自分が多く取ろうとして争いが起こりますからね。
アリの機能が人間にも働くようになれば戦争も無くなりそうですがね。
そうでもないか?
ねこのひげ
2015/10/18 04:40
コメントをありがとうございます。

 「同じように平等にできるのが凄い」というご意見は鋭いですね。アリンコたちには欲がないのかな。素町人のようにミーイズムにまみれた者には、連中はちょっとまぶしい存在ですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/10/18 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳内でスイッチが入り、フェロモンを出しながら帰巣するアリ。何がキッカケになっているの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる