町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 過去最大の大量絶滅。それはいつ起きたの?

<<   作成日時 : 2015/09/04 08:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:大量絶滅といういやな言葉があります。地球上の生き物がほとんど死に絶えてしまうことだそうです。生き物の末席をけがしている者としては、そんな悲劇には遭遇したくないですね。
■そのとき生きているすべての生き物の種類のうち、50%とか70%、場合によっては90%を越える種類が絶滅してしまうことがあるらしい。地球の歴史は46億年ほどあるそうですが、何回も大量絶滅は起きているようです。
■そのうちの最大の大量絶滅では、海で生きている生き物のうち、最大の見積もりで96%が絶滅してしまったといわれます。すべての生物種で見ても、90〜95%が絶滅したらしい*1。
■ひょっとしたら、生物界がリセットされてしまうような大変な出来事だったわけです。そのとき運が悪ければ、現在のわれわれ哺乳類は存在しません。もちろん人類も存在しえないわけですね。あなたもわたしもいない。
■では、その史上最悪の大量絶滅はいつごろ起きたのでしょうか? 次の中から選んで下さい。
[い]オルドビス紀末(約4億4400万年前)
[ろ]デボン紀後期(約3億7400万年前)
[は]ペルム紀末(約2億5100万年前)
[に]三畳紀末(約1億9960万年前)
[ほ]白亜紀末(約6550万年前)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]ペルム紀末(約2億5100万年前)
説明:46億年の地球の歴史の中で、生き物は35億年前ぐらいに誕生したらしい。地球で独自に産まれたという説もあれば、隕石などによって生命がもたらされたという説もあります。アミノ酸などの原料は隕石由来であり、組み立ての加工は地球で行なわれたという説もあるようです。なんにせよ、最初は単細胞生物だったようですが、やがて多細胞生物となり、どんどん複雑化していきます。
■生き物が多様化したカンブリア紀以降は、古生代→中生代→新生代と名付けられています。それぞれの中でも、少しずつ時代区分がされているようです。
古生代…カンブリア紀→オルドビス紀→シルル紀→デボン紀→石炭紀→ペルム紀→
中生代…三畳紀→ジュラ紀→白亜紀→
新生代…古第三紀→新第三紀→第四紀(いま現在)
■ご存知の通り、カンブリア爆発と呼ばれる生き物の多様化が起きたそうです。カンブリア紀は約5億4200万年〜4億8830万年前までとのこと。海老のお化けみたいなアノマロカリスや三葉虫など、ちょっと奇妙な姿の生き物たちが登場したらしい。
◇*HP「生き物 カンブリア紀 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%94%9F%E3%81%8D%E7%89%A9%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%B4%80&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&biw=1536&bih=758&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=qFEuVZjID4bk8gWAyoHQAQ&ved=0CCQQsAQ
■植物はやはりカンブリア紀にコケやシダ類が陸上に進出したらしい。いわゆる森が誕生するのは約3億5000万年ほど前のこと。石炭紀と呼ばれる時代のようです。
■史上最悪の大量絶滅が起きたペルム紀は古生代のいちばん最後の時代区分です。約2億9900万年前〜2億5100万年前ぐらいらしい。以前には二畳紀とも呼ばれていました。
■ペルム紀には、さまざな脊椎動物が陸を闊歩(かっぽ)していたようです。とくに単弓類(たんきゅうるい)と呼ばれる哺乳類に似た爬虫類が繁栄していたらしい。その中には体毛があったり、恒温性だったりと、哺乳類のような特徴を持った種もいたようです。
◇*HP「単弓類 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%98%E5%BC%93%E9%A1%9E&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=d2kyVba2K8n78QXeuoDgDg&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1536&bih=758
■ペルム紀の陸地は、パンゲアと呼ばれる超大陸だったようです。すべての陸地はひとところに固まっていたと推定されています。
◇*HP「パンゲア - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%82%A2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=N10uVZXqHcb08QWVyoHIAg&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1536&bih=730
■Wikipediaによれば、ペルム紀末の大量絶滅には、2つの仮説が有力視されているようです。1つは海岸線が後退して食物連鎖の平衡(へいこう、釣り合い)が失われ、大量絶滅を引き起こしたとする説。もう1つは、現在のシベリアに相当する場所で大規模かつ長期間にわたる火山活動が起きて気候が変動し、大量絶滅につながったとする説だそうです。
■参考資料*3のDVDでは、火山活動説で説明していました。この火山活動はとても長く、その影響から生物界が回復するには、数千万年もかかったとのこと。ペルム紀には30%ぐらいの酸素があったようですが、大量絶滅以降は10%ぐらいまで下がってしまったようです。現在は21%ぐらいです。現在の人類が三畳紀に連れて行かれたら、酸素欠乏症で絶滅しちゃいそうです*4。
■次の大量絶滅である三畳紀末の出来事では、超大陸パンゲアが分裂し、いまのそれぞれの大陸へと分かれていく地殻変動がきっかけとなったらしい。やはり火山活動もからんでいるようですが。その中で爬虫類、恐竜の祖先たちが生き残り、次の時代での繁栄を勝ち取ったと言われています。
■その恐竜たちも白亜紀末の大量絶滅でほとんど滅んでしまうわけですね。こちらの原因は、さしわたし10kmほどある巨大な隕石の衝突が原因という仮説が有力なようです。10kmといいますと、東京でいえば秋葉原から中野ぐらいかな。大阪でいえば新大阪から天王寺よりも遠いかな。京都でいえば嵐山から南禅寺(東山)ぐらいの距離です。そんな馬鹿でかい岩が時速3万kmの速度でユカタン半島の先端あたりに突っ込んできたらしい。
■余談です。1998年(平成10年)のアメリカ自然史博物館のアンケート調査では、生物学者の70%は、現在大量絶滅が起こっていると評価しているらしい*1。今回の原因はわれわれ自身、人類による生物圏の破壊だそうです。今後100年のあいだに地球上の半分の種が絶滅するおそれがあるらしい。たしかに両生類はすべて絶滅の危惧があると聞きますし、国際自然保護連盟がレッドリストに挙げている種類も徐々に増えているようです。
■ただし、2010年版のレッドリストでも絶滅のおそれのある種は2万種未満ではあります。世界で確認されている生物の種の総数は175万種ぐらいあるそうです*6。けっして良い状況とはいえないのでしょうけれど、大量絶滅という刺激の強い言葉を持ち出すほどなのでしょうか。素人にはちょっと誇張された表現のようにも感じられますけど。
◆参考*1:HP「大量絶滅 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%B5%B6%E6%BB%85
◇*2HP「単弓類 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E5%BC%93%E9%A1%9E
◇*3DVD「ダイナソー・アース」、VUBF-5020、BBC/ディスカバリーチャンネル共同制作
◇*4HP「酸素欠乏症 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E7%B4%A0%E6%AC%A0%E4%B9%8F%E7%97%87
◇*5HP「レッドリスト - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
◇*6HP「環境省_平成25年版 環境・循環型社会・生物多様性白書 状況第2部第2章第1節 失われゆく野生生物」
https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h25/html/hj13020201.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ある程度、絶滅してくれないと、新種の生物が生まれない気もしますね。
人類に変わる人類が出てくるためには、今の人類が絶滅しないといけないのかも(*_*;
ねこのひげ
2015/09/06 07:35
コメントをありがとうございます。

 確かにそうかもしれませんね。1億5000万年も続いた恐竜の天下が巨大隕石という外圧で崩壊したからこそ、われら哺乳類の時代がやってきたと聞きます。
 あと数百年〜千年ぐらいで人類は滅亡するとごく一部の科学者が主張しているそうです。たしかにISISのような連中に核などの強力な武器を持たせれば人類はアウトなのかもしれません。次の人類に繋げられないうちに哺乳類の天下も終わっちゃうのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/09/06 11:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
過去最大の大量絶滅。それはいつ起きたの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる