町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 芝大神宮の「だらだら祭り」。売られている香辛料はどんなものなの?

<<   作成日時 : 2015/09/12 09:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:昨日、9月11日から21日までの11日間にわたり、芝大神宮では「だらだら祭り」が開催されるようです。この週末や来週末は、きっと多くの人出があるのでしょうね。口絵は江戸時代の様子らしい。ラッシュアワーみたいな群衆です。誇張なのかな。
■芝大神宮は東京タワーと浜離宮の間にあります。最寄りの山手線の駅は新橋かな。田町よりもわずかに近い程度ですけど。
◇*HP「東京タワー から 芝大神宮社務所 - Google マップ」
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC,+%E3%80%92105-0011+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E8%8A%9D%E5%85%AC%E5%9C%92%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%98/%E6%97%A5%E6%9C%AC,+%E3%80%92105-0012+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E8%8A%9D%E5%A4%A7%E9%96%80%EF%BC%91%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%92%E2%88%927+%E8%8A%9D%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E7%A4%BE%E5%8B%99%E6%89%80/@35.6585017,139.7468388,15z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x60188bbd
■だらだら祭り。名前が素敵ですね。肩の力が抜けます。全身の筋肉が弛緩します。「祭り、エネルギーの放出、汗、男の熱気」といった型にはまった連想から解き放たれています。素町人のような怠け者には「快の感情」が生まれます。脳内ではドーパミンが分泌されちゃうのかな。
■芝大神宮は、芝の神明さん(しんめいさん)として知られています。神明は神様という意味であり、天照大神を祭神としているらしい。江戸時代には、おなじく天照大神を祀っている伊勢神宮の江戸支社といった立場だったようです*6。
■芝神明祭りは、もともとは旧暦の9月14日〜16日に行なわれていたらしい。中秋の名月のころです。夜も明るい。人が出やすいのかな。宝暦(ほうれき)年間、1751年〜1764年に9月11日〜21日に期間が延びたらしい。だらだら続くのでだらだら祭りと呼ばれたようです。参考資料*3によると、「山車(だし)などを曳き出すのは10年に1度ぐらい」だそうです。
■さて、芝の神明さんでは、昔から祭りの期間中にある香辛料を売ったり配布したりすることで知られていたようです。松尾芭蕉の一番弟子、宝井其角(たからい きかく)の作品にも詠まれているそうです*7。では、今年も売られているはずの香辛料とは次のどれでしょうか?
[い]唐辛子
[ろ]柚子
[は]生姜
[に]茗荷
[ほ]山椒
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]生姜
説明:芝の近辺は、いまでは事務所系のビルが多い場所です。でも神社の創建時、寛弘(かんこう)2年(1005年)のころは、近辺に生姜農家が多かったようです。京都ではかの藤原道長が威張りくさっていたころですね。芝の神明さんには多く生姜が供えられたようです。現金はないので生姜で現物納付なのかな。ひょっとしたら税金も物納で、まわりまわって道長氏の食卓にも生姜は出されていたのかな。
■江戸の頃はどうなのでしょうか。端唄にも、「〽芝で生まれて神田で育ち」と江戸っ子の典型を詠うぐらいですから、さすがにそう農家は多くなかったのでしょう。でも、昔ながらの生姜を売る屋台は社前にたくさん出ていたようです。元禄のころ、18世紀初頭まで活躍した宝井其角の俳句は、「負けた負けた その拍手(かしわで)の 生姜市」というものらしい。売り手と買い手でしばらくやりとりがあって、折り合いがついたので拍手を打ったのでしょうか。
■「葉生姜を ちぎってはねた 泥を拭き」という句もあるようです*4。秋の長雨のころです。今年、平成27年(2015年)もシトシトピッチャンが続きましたね。芝の神明さんの境内は、ぬかるみが多かったのかな。生姜市で買ったばかりの葉生姜の葉っぱをティッシュ代わりに使って泥のはねを落としているようです。
◇*HP「葉生姜 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%91%89%E7%94%9F%E5%A7%9C&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMIlceY1P7NxwIVRhSUCh0O0Au5&biw=1522&bih=728&dpr=1.25#imgrc=f7lUsLhuOlKoNM%3A
■芝の神明さんでは、千木箱(ちぎばこ、千木筥とも)と呼ばれる縁起物の民芸品も売られています。小判型の檜(ひのき)で作られた曲物(まげもの)の小型容器です。側面や蓋に藤の花を描くのが通例のようです。中に飴を入れて販売されていたようです。現代では大豆を入れて売っていたりするらしい。
◇*HP「千木箱 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%83%E6%9C%A8%E7%AE%B1&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMIld-j16LOxwIVBYyUCh2z1gzH&biw=1087&bih=520#imgrc=TVuHFeLJzNXlUM%3A
■「葉生姜を ちぎってはねた 泥を拭き」。あらためて眺めると、「ちぎ」という言葉が含まれています。作者の意図としては、千木箱も含めて芝の神明さんを強く思い起こさせたかったのかも。勝手な憶測ですけど。
■余談です。神明をひっくり返して明神(みょうじん)と呼ばれる神社もありますね。たとえば神田神社は神田明神という通称のほうが知られています。下の写真をよくみると、鳥居の額にも脇の石碑にも「神田神社」と記されているようです。でも神田明神のほうが通りがいいようですね。
◇*HP「神田明神 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%98%8E%E7%A5%9E&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAgQ_AUoAmoVChMIuub3nfPNxwIVw92mCh0VBAjJ&biw=1087&bih=520#imgrc=RiJuo9BOyp0zUM%3A
■神田明神は、天照大神ではなく大国主命(おおくにぬしのみこと)が祭神だそうです。出雲大社とおなじですね。その他に少彦名命(すくなひこのみこと)や平将門(まさかど)も祀られているらしい*7。少彦名命は大国主命に協力して国造りを手伝った神様だそうです。
◆参考*1:HP「芝大神宮「だらだら祭り」 [9月の秋祭り2015]【Lets】レッツエンジョイ東京」
http://www.enjoytokyo.jp/amuse/event/361877/
◇*2HP「江戸散策 │ 第52回 │ クリナップ」
https://cleanup.jp/life/edo/52.shtml
◇*3書籍「風俗江戸東京物語」文庫初版273頁、岡本綺堂著、ISBN4-309-40644-0、河出書房新社
◇*4書籍「川柳で読み解く『お江戸』の事情」新書初版37〜38頁、中江克己(かつみ)著、ISBN4-413-04113-5、青春出版社
◇*5書籍「川柳食物事典」初版153頁、山本成之助著、牧野出版
◇*6HP「芝大神宮 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%9D%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE
◇*7HP「神田明神 - Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%94%B0%E6%98%8E%E7%A5%9E
◇*8HP「江戸っ子俳人宝井其角(きかく)。紀文の幇間(たいこもち)をしていたことがあるの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201104/article_8.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
江戸時代は、舗装されてませんからね。
そのうえ、物の運送には荷馬車が使われていたので、動力である馬がそこら中に馬糞を落としまくるので、風が吹くと、馬糞まじりの砂埃がすごかったらしいです。
そのために、病気になる人も多く、神仏に健康を祈る意味で生姜をお供えしたんでしょうが、生姜は食欲増進効果があるそうなので、祭りにかこつけて売られたんでしょうね。
肉の生姜焼きもいいですが、そうめんの薬味に使うとたまりませんね。
ねこのひげ
2015/09/13 04:50
コメントをありがとうございます。

 素町人は減量中なので、糖質も脂質もあまり口にできません。豚肉の生姜焼きは数ヶ月は食べていないかも。
 生姜焼きとか素麺などの料理名を見ているうちにお腹が空いてきました。
(^^;)
ねこのひげ
2015/09/13 17:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
芝大神宮の「だらだら祭り」。売られている香辛料はどんなものなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる