町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 醤油で一杯、塩で一杯、味噌で一杯。贅沢などまるで考えない最高権力者とは誰なの?

<<   作成日時 : 2015/08/26 08:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:若いころ、お金がなくて、それでもお酒は飲みたい。なんとか酒代だけは都合できても、つまみにまではまわりません。そんなときどうしたでしょうか。素町人が教わったのは醤油と輪ゴムのつまみでした。小皿に醤油をたらし、輪ゴムを漬けます。酒を一口呑んでは輪ゴムをしゃぶります。かみ応えは充分。顎の運動にもなります。味の素なんかふりかけるとさらに乙ですね。
■升酒の場合には、升の隅に塩を置いて呑むことがあります。昔の人はそんな呑み方でも充分楽しめたのでしょう。
■ある時代の最高権力者は、醤油と輪ゴム、あるいは塩だけという肴にも少し似ているぐらいにケチ臭いものをつまみにしていたようです。客を呼んで呑んだらしい。肴がないので、客に台所で適当に探してくれと頼みます。客は、土器(かわらけ、素焼きの粗末な食器)に味噌が少しついているのを見つけたらしい。で、それを肴に2人で呑んだとのこと。ある有名な書籍に体験談として記されている話らしい。最高権力者が味噌なら、庶民のくせに醤油に輪ゴムなんか贅沢だったのかな。
■では、味噌だけで酒を飲んだ当時の最高権力者とは次の誰でしょうか?
[い]平清盛
[ろ]源頼朝
[は]北条時頼(ときより)
[に]後醍醐天皇
[ほ]足利義満
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]北条時頼(ときより)
説明:北条時頼は、能の「鉢の木」の登場人物として知られる人です。前執権という偉いさんなのに、坊さんの格好をしてお忍びで諸国の様子を見聞していたようです*2。
■有名な書籍は吉田兼好(けんこう)の「徒然草」です。第215段「平宣時朝臣(のぶときあそん)、老いののち」という部分に、この逸話が記されています。宣時老人が若かりしときの話です。時頼に夜になって呼び出されたらしい。上司に呼ばれたので身なりを整えねば…なんてオロオロしていたら、どんな格好でもいいからと見透かされたような注文だそうです。とるものもとりあえず駆けつけると、銚子と素焼きの盃をもちだして、「この酒を1人で飲むのが物足りないので呼んだのだ」と言われたらしい。
■「酒の肴がないけど、みな寝静まっただろうから、台所に行って適当にさがしてくれ」とのおおせです。で、乾いた味噌を探しあて、2人で楽しく呑んだらしい。
■なお、平宣時は、Wikipediaでは北条宣時という名前で立項されています。そういえば北条氏は平氏の系統でしたね。連署(れんしょ)という役職にもついていたらしい。連署は鎌倉幕府の役職で、執権の補佐役だそうです。実質上のナンバー2らしい。
■「徒然草」には、時頼の母親の倹約談も記されています。第184段の「相模守時頼の母は」という部分です。時頼の母、松下禅尼(まつしたぜんに)が時頼を家に迎えるとき、すすけた明かり障子の破れを手ずから切り貼りしていたそうです。周囲の者が上手な者にやらせますからと提案しても自分でやるといって聞かない。いっそ全部はりかえたほうが綺麗だし楽でしょうといったら、次のように言ったそうです。「私もあとで全部張り替えようとは思います。でも今日はこれでいいのです。若い者には、物は破れたら修理して用いることを見習わせるためなのです」。
■厳しいけれど正しいお母さんです。この母親からは酒池肉林するような贅沢・放埒な息子は生まれそうにありませんね。
◆参考*1:書籍「徒然草(四)」文庫初版132〜133頁、三木紀人(すみと)訳註、lSBN4-06-158431-6(1)、講談社
◇*2HP「北条時宗が執権に就任した日。国難を乗り切った指導者は過失で兄を殺してしまったの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201204/article_15.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本のお母さんの見本のような方でありますね。
日本に来て爆買している連中に見習ってほしい物です。
日本もあんな連中が買ってくれることを期待してはいかんでありますがね。
ねこのひげ
2015/08/30 11:25
コメントをありがとうございます。

 何で読んだのか忘れましたが、昔、シンガポールは中国人の爆買いでとても潤ったそうです。今は日本に客をさらわれ、閑古鳥の鳴く商店街が多いとか。
 爆買いをあてにしていると、いずれは日本もシンガポール化するのかもしれませんね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/08/30 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
醤油で一杯、塩で一杯、味噌で一杯。贅沢などまるで考えない最高権力者とは誰なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる