町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代の盗賊、五大小僧。畳の上で死ねたのは誰なの?

<<   作成日時 : 2015/08/01 09:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:こそ泥という言葉がありますね。「こそこそ盗む」ことに由来する言葉、という説があります。別に「小僧泥棒」がなまった言葉、という説もあるらしい。
■江戸時代にはたしかに小僧と名前のついた泥棒が何人もいました。いちばん知られているのは鼠小僧ですね。この人は大名の屋敷ばかりを狙っていたといわれます。嘘かホントか、1万数千両を盗んだという推定もあります。いちばん控えめな推定でも2000両は盗んでいるそうです。現在の貨幣価値にすれば間違いなく億単位でしょうね。あまりに回数を重ねたので、当人もはっきり覚えていないという話もあります。
■10両盗めば首が飛ぶ、つまり斬首されちゃうという時代です。姦通が見つかっても7両2分(10両の3/4)で命が助かる場合もあったらしい。何千両も盗んで捕まれば、鈴ヶ森か小塚原で晒し首(さらしくび)は間違いなさそうです。ところが、下に挙げた5人の小僧のうち、誰かは畳の上で死んだと伝えられています。それは誰でしょうか? (畳の上で死んだ小僧はいないかもしれないし複数かもしれません)
[い]因幡(稲葉)小僧
[ろ]田舎小僧
[は]葵小僧
[に]市松小僧
[ほ]鼠小僧
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]因幡(稲葉)小僧と[に]市松小僧が刑死ではなかった
説明:[い]の因幡(稲葉)小僧は、天明(てんめい)5年(1785年)に捕らえられたらしい。このとき21歳という若手の泥棒だったようです。名前の由来には、稲葉丹後守の家臣の子だったからとか、因幡の国の出身だからといった説があるようです。
■幼いころから盗癖があったとか、とてもたくましかったとか、いろいろ伝えられています。でも谷中で町奉行所の同心に捕まってしまいます。縄をかけられ奉行所へ連れて行かれる途中、不忍池まで来たところで、「腹がしぶった、お慈悲ですから雪隠に…」と苦しがったらしい。近くの茶店の雪隠(便所)に入れたところ、そこで縄抜けして逃げ出したらしい。まずは不忍池に飛び込みます。潜水が得意だったのかもしれません。長い距離を潜って進み、追っ手から見えない場所で顔を出したのかな。そのままトンズラをこいたらしい。
■稲葉小僧は上毛、いまの群馬県あたりまで逃げ延びたと言われます。そこで痢病(リビョウ)を患って病死したと、後に捕まった他の盗賊が語ったらしい*2。曲亭馬琴(きょくてい ばきん)は、「兎園小説余録(とえんしょうせつよろく)」という随筆の中で因幡小僧に触れているらしい。同時代人から見てとても興味深いやつだったのでしょうね。ちなみに痢病は、激しい腹痛や下痢をともなう病の総称らしい。赤痢などを指すようです。
■[に]の市松小僧は寛延年間(1748〜1750年)に活動したようです。泥棒にしてはとても色男だったらしい。麹町4丁目で質屋と酒・油店を営む伊勢屋重右衛門の娘にぞっこん惚れ込まれとのこと。親の反対を押し切って一緒になったそうです。親も仕方無く市松小僧夫婦に300両の資金を出してやり、小間物店を開かせたとのこと。あとは知らんふりして堅気の暮らしだったのでしょうか。捕まったという話はいっさいないようです。
■田舎小僧、葵小僧、鼠小僧の3人は、みんな処刑されたようです。葵小僧については、以前弊クイズでも触れました。強盗だけでなく、強姦魔でもあったようです。逮捕した担当者は裁判に被害者を呼ぶのは忍びないと上司と相談の上、捕縛後わずか10日で処刑し、晒し首にしたらしい。法律の専門家から見れば問題のあるやりかたかもしれません。でも江戸の町人からは人情を理解したお裁きだと喝采を浴びたらしい*6。
◆参考*1:HP「鼠小僧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%A0%E5%B0%8F%E5%83%A7
◇*2HP「稲葉小僧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E8%91%89%E5%B0%8F%E5%83%A7
◇*3HP「田舎小僧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%88%8E%E5%B0%8F%E5%83%A7
◇*4HP「葵小僧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%B5%E5%B0%8F%E5%83%A7
◇*5書籍「大江戸かくれ話事典」初版 80〜83頁、平田公(ひらた こう)著、ISBN4- 7947-0288-4、叢文社
◇*6HP「江戸時代に世界最先端犯罪者更生施設を創設したのは、時代劇で有名なあの人? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200804/article_5.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり美男は得だな〜(*_*)

現代でも強姦の被害者を裁判所に呼び出すのは苦痛をあたえるというので控えるようですね。
先日の新聞記事でも出廷に及ばずとしたという記事が載っておりました。
ねこのひげ
2015/08/02 05:54
コメントをありがとうございます。

 犯行を認めている事例とか、DNAが動かぬ証拠という事例では、被害者をさらに傷つける必要はありませんよね。
 ただ、弁護士によってはそうした被害者の心理につけこむ作戦をとる人もいるのでしょう。
 暴行場面のビデオを渡すから告訴を取り下げろと被害者に迫った弁護士もいたようですから。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/08/02 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代の盗賊、五大小僧。畳の上で死ねたのは誰なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる