町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔からある決まり文句。( )は牛の涎(よだれ)。虫喰い部分に入るのはどんな言葉なの?

<<   作成日時 : 2015/07/02 08:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:決まり文句は、誰がつくるのでしょうか。気の利いた誰かが口走り、みんなの「なるほど」という思いがその言葉を広めていくのかな。
■現代ではどんな決まり文句が生まれているのでしょうか。昨年の流行語大賞に選ばれたのは「集団的自衛権」と「ダメよ〜ダメダメ」だそうです。あまり面白くはないな。集団的自衛権は政治とか法律に関わる用語らしい。ただ頻繁に使われたというだけかな。「ダメよ〜」のほうは谷啓の「ガチョ〜ン」とかイヤミの「シェー」に似ています。勢いで広まりましたが数年後には誰も使っていないというたぐいの言葉らしい。
■本日は昔からある決まり文句を考えていただくクイズです。こちらは爆発的に使われることもないかわりに、しみじみと長期に渡って使われる言葉です。選択肢には虫喰い部分のある5つの決まり文句が並んでいます。それぞれには共通する同じ言葉が入ります。それはどんな言葉でしょうか?
[い]( )は牛の涎
[ろ]( )は山椒(さんしょう)の皮
[は]( )三年
[に]( )は馬鹿になれ
[ほ]( )は数でこなせ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:「商い」
説明:[い]の「商いは牛の涎」は、落語では「道具屋」というお話その他で使われています。道具屋は失業中の若者、与太郎君が露天の古道具屋を始めるお話です。周囲の人に「商いは牛の涎だよ」と声を掛けられます。牛の涎は粘性が強いのでしょうか。粘り強く、細く長く行なうのが商いだ。気長に辛抱して努力せよ。そんな教訓がこめられているようです。
◇*HP「牛のよだれ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%89%9B%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%A0%E3%82%8C&hl=ja&biw=1280&bih=632&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=x6KTVc22K6HFmAWL0LfgCA&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ#imgrc=_
ちなみに、乳牛は1日に100〜200リットルもの唾液を分泌するとか。2リットルのぺットボトル100本分は凄いな。人間の100倍ぐらいの量らしい。体の大きさはせいぜい10倍です。連中がやたらと涎を垂らすのは、例の反芻(ハンスウ)という消化方法に関係があるらしい*3。
■[ろ]の「商いは山椒の皮」は駄洒落らしい。山椒の実の皮は辛いそうです。で、商売は世知辛いものだという意味を表すそうです。鰻の蒲焼きなどに振りかける山椒の粉も果皮からつくるらしい*2。葉っぱも香りが良くて料理によく使われますね。吸い物に浮いていたり、煮物の上にちょんと乗っていたりします。そもそも「椒」という漢字には「かぐわしい」という意味があるようです。山に足を踏み入れるとひときわ強くかおってくる植物が山椒なのでしょうか。
◇*HP「サンショウ 皮 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=-qnQVKDFK8vd8AXprYH4Cg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1324&bih=654#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%80%80%E7%9A%AE
■[は]の「商い三年」は、3年ぐらいじっくり構えないと儲けは出ないぞ…というやはり教訓らしい。その日までは牛の涎を教訓としてしのいでいくのかな。
■[に]の「商いは馬鹿になれ」は、偉そうにしていたら商売はできませんという当たり前の教訓ですね。明治時代に生まれた「武士(士族)の商法」は、馬鹿になれなかった者の悲喜劇なのでしょう。
■[ほ]の「商売は数でこなせ」は、薄利多売の勧めかな。
■この他にも「商い上手の仕入れ下手」とか、「商いは草の種」など、商いにまつわる決まり文句は多いようです。前者は、セールスはうまいけれど、バイヤーとしては下手糞で利益がでないということらしい。後者は「商売の種類は無限にある」という意味のようです。
◆参考*1:書籍「決まり文句語源辞典」初版7頁、堀井令以知編、ISBN4-490-10470-7、東京堂出版
◇*2HP「サンショウ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6
◇*3HP「牛の唾液とエチゼンクラゲ ( その他自然科学 ) - ウッシウッシでエッサほいサッサ - Yahoo!ブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/moumouesa/61762537.html
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
色々な決まり文句が生まれては消えていくようですね。
「ダメよダメダメ・・・」は、森進一さんの歌からのパクリだそうで、言われるまで気が付きませんでした。
ねこのひげ
2015/07/05 04:13
コメントをありがとうございます。

 なるほど。森進一の「♪年上の人」をヒントにしたわけですか。
 作詞者は中山貴美という方だそうですね。もし作詞が「♪おふくろさん」のように川内康範だったら、例によって怒りを爆発させるところだったかも。まぁ、鬼籍に入られたようですので、その心配はもうないのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/07/05 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔からある決まり文句。( )は牛の涎(よだれ)。虫喰い部分に入るのはどんな言葉なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる