町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 交ぜ書き表記を駆逐する問題。「しゅう恥」はホントはどう書くの?

<<   作成日時 : 2015/06/22 08:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:交ぜ書き(混ぜ書き)表記とは、本来漢字だけで表記すべき熟語を、ひらがなを交ぜて書くことです。発生した原因と弊害については、すでに何度も触れているので、そちらをご覧下さい。
◇*HP「交ぜ書き表記の問題。「がい骨」は正しくはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201403/article_14.html
◇*HP「漢字混ぜ書き表記の熟語。「こん身の力作」の「こん身」ってホントはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200905/article_12.html
■題の問題の答は「羞恥」です。「恥ずかしく感じること」だそうです。そういえば「羞恥心」というグループがいましたね。「クイズ!ヘキサゴンU」という番組から生まれたとか。司会の島田紳助が肝いりだったようですが、親分の芸能界引退とともに解散したようです。
■では本題です。日本語の害虫、交ぜ書き表記を駆除する作業に立ち会っていただきましょう。次の交ぜ書き表記を正しく書き直してください。
[い]酒こう(酒とつまみ)
[ろ]しゅん工(工事の完成)
[は]常とう(きまりきった、またはありふれたやり方)
[に]親せき(親類)
[ほ]真ちゅう(銅と亜鉛の合金)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]酒こうは酒肴と書く
■酒肴は「酒と肴(さかな)」ですね。
□「肴」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「コウ、さかな」という字音・字訓があります。上にある「メ」は骨の部分らしい。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の「肴」
画像

スペアリブみたいな骨付き肉を表した漢字のようです。骨付き肉が美味いのは昔もおなじだったんでしょうね。
□半七捕物帳の「仮面」という作品では次のように使われていました。「不思議そうな顔をしている客を、無理に二階へひきあげて、もう時分ど きであるというので、孫十郎は近所の料理屋から酒肴を取り寄せてすすめた」。ご近所の仲間で軽い寄り合い酒をするときには、「持ち寄った酒肴で酒宴を開く」などと使われますね。
[ろ]しゅん工は竣工と書く
■竣工は「建築工事や土木工事が完了すること」ですね。落成とほぼおなじかな。
□「竣」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「シュン、おわる」という字音・字訓があります。偏の「立」は人の立つ形で儀礼を行なう場所をいうらしい。その設営が完了することが「竣」だそうです。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の「竣」
画像

旁(つくり)の下は土木作業に使う道具のように見えます。上はなんだか動物みたいに見えますね。
□菊池寛(かん)の「恩讐(おんしゅう)の彼方に」では次のように使われていました。「おきき及びもなされたろうが、これは了海めが、罪亡しに掘り穿(うが)とうと存じた洞門でござるが、十九年の歳月を費やして、九分までは竣工いたした」。
[は]常とうは常套と書く
■常套は「古くからの習慣」だそうです。「いつものやり方」も表します。常套手段という使い方をよく見かけます。菊池寛の「島原心中」という小説では、「同じことを、二度いわせるのが、僕らが尋問の常套手段なのです。被告が嘘をいっていれば、きっとそこにつじつまの合わないところができるのです」と使われていました。
□「套」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「トウ、かさねる、おおう」という字音・字訓があります。
[に]親せきは親戚と書く
■親戚は「親類」と同じです。「血縁や婚姻によって結びつきのある人」ですね。薄いか濃いかは別にして、血がつながっている人は血族だそうです。婚姻がきっかけで親戚になった人は姻戚(いんせき)だそうです。
□「戚」という漢字は平成22年(2010年)に常用漢字表に追加された196字のうちの1字です。読みとしては「セキ」という音読みのみが記されています。漢和辞書「字通」によれば、「おの、まさかり、うれえる、したしむ」という字訓もあります。
▼説文解字(セツモンカイジ、中国最古の部首別漢字字書)の「戚」
画像

たしかにちょっと武器のような形も見えます。それがなぜ「親しむ」という意味になるのか、わかりませんでした。
[ほ]真ちゅうは真鍮と書く
■真鍮は「銅と亜鉛との合金。黄色でさびにくく、鋳造・加工が容易」だそうです。黄銅とも呼ばれます。
□「鍮」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「チュウ、トウ、しんちゅう」という字音・字訓があります。
□江戸城の本丸の中雀門(ちゅうじゃくもん)と呼ばれる門は、真鍮板を並べて貼り付けてあったらしい*2*3。黄金色に輝き、なかなか豪華な印象だったようです。中雀門は当て字であり、そもそもは鍮石(ちゅうじゃく)門と表記したという説もあるようです。
◆参考*1:HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/jouyoukanjihyou_h22.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。文化庁の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇*2書籍「すぐわかる日本の城」初版49頁、三浦正幸(まさゆき)監修、ISBN978-4-8087-0807-8、東京美術
◇*3HP「江戸城本丸の表門中雀門。日本史上唯一の門だったといわれるけど、どんな特徴があったの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201212/article_21.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんでも鑑定団でも、よく金と思っていたら、真鍮だったというのがありますね。
欲に目がくらまなくても、真鍮は黄金に見えますものね。
ねこのひげ
2015/06/28 08:49
コメントをありがとうございます。

 昔は貴重品だった真鍮ですが、今では5円玉などに使われています。タイムマシンを入手して5円玉を50万円分ぐらい江戸時代初期に運べたら、大金持ちになれるのかも。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/06/29 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
交ぜ書き表記を駆逐する問題。「しゅう恥」はホントはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる