町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の匂いのもとになっているのはオゾンなの? 埃(ほこり)なの?

<<   作成日時 : 2015/05/19 08:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:もうじき梅雨がやってきます。沖縄では梅雨入り宣言がもう出ているのかな。平年では5月9日ごろに梅雨入りし、6月23日ごろに梅雨明けがやってくるようです。東京の平年では梅雨入りが6月8日ごろ、梅雨明けが7月21日ごろだそうです。沖縄は約1ヶ月ほど前倒しになっているわけですね。
■梅雨のさなかにはあまり感じないかもしれません。夏の夕立のときには、降る前とかやんだ後でなんとなく不思議な匂いがすることがあります。「雨の匂い」として知られているようです。おそらく、多くのかたがあの独特の匂いをかいだことがあるでしょう。どんな匂いか、表現するのはとても難しいのですが。
■では「雨の匂い」の原因と推定されている物質は、次のうちどれでしょうか? (推定されている物質は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]雷が発生させるオゾン
[ろ]植物の花や葉が雨対策に分泌するフェロモンの一種
[は]晴れているときに植物が土壌に発する油分
[に]土壌中の細菌が分泌する物質
[ほ]空気中の微細な埃
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]と[は]、[に]が匂いの原因物質と推定されている
説明:オゾンは酸素原子が3つつながった酸素の同素体だそうです。同素体とは「同じ元素から構成されるが、化学的・物理的性質が異なる物質」のことらしい。酸素分子はO2ですが、オゾンの分子式はO3です。
■オゾンは常温常圧では薄く青い色をした気体らしい。「生臭く特徴的な刺激臭を持つ」とのこと。腐食性が高いらしい。フッ素につぐ強い酸化力があるようです。高濃度の気体は猛毒らしい。吸い込むと内臓が酸化されてしまい、糜爛(びらん)状態になっちゃうそうです。組織が崩れてしまい、機能しなくなるのかな。
■オゾンという名前は、ギリシア語で「匂い」を意味する「Ozein」に由来するとのこと。1840年(天保(てんぽう)11年)にシェーンバインというドイツ・スイスの化学者によって発見されたそうです。奇妙な匂いがするというのですが、残念ながら、素町人は生涯にわたって「これがオゾンの匂いだ」というものをかいだことがありません。どんなものなのかな。
■[は]の「晴れているときに植物が土壌に発する油分」はペトリコールと呼ばれるらしい。「雨が降ったときに地面から上がってくる匂い」を指す言葉だそうです。1964年(昭和39年)にオーストラリア連邦科学産業研究機構の鉱物学者たちが雑誌「ネイチャー」に発表した論文で指摘したとのこと。割りと新しい発見のようです。
■「特定の植物から生じた油が地面が乾燥している時に粘土質の土壌や岩石の表面に吸着し、雨によって土壌や岩石から放出されることにより独特の匂いが発生する」とのこと。この匂いは降り始めに感じるのでしょう。
■[に]はゲオスミンと呼ばれる物質らしい。「大地の匂い」という意味があるとのこと。雨が降ったあとの地面の匂いだそうです。土の中の藍藻(らんそう、シアノバクテリア)、放線菌などによって産生されるそうです。雨の水分で土中から大気中に拡散されるとのこと。
■参考資料*6によれば、雨の水滴が土壌に打ち付けるとエアロゾルと呼ばれる微細な水滴が発生するそうです。土壌中の成分がエアロゾルに取り込まれ、空気中に拡散し、我々の鼻腔にある匂いを感知する部分に接触するという推定があるようです。ちなみに長径1〜3mm程度の大きさの水滴がいちばん効率よく微細な水滴を発生させるらしい。雨粒でいちばん大きいのは5mm程度だそうですが、そうした大きめの雨粒よりも、小粒な雨粒のほうが匂いがするのかな*7。
■雨の匂いはけっして不快は感じません。むしろ爽やかな感じすらします。この夏も夕立の際に多くの雨の匂いがかげるといいですね。
■余談です。大瀧詠一(えいいち)や細野晴臣(はるおみ)、松本隆(たかし)、鈴木茂(しげる)らの日本語によるロックグループ、はっぴいえんどの「♪12月の雨の日」という曲の歌詞にもそれらしきものが登場します。「〽水の匂いが眩(まぶ)しい通りに」。おそらくこれも雨の匂いなのでしょう。

◆参考*1:HP「気象庁 | 過去の梅雨入りと梅雨明け(沖縄)」
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/kako_baiu01.html
◇*2HP「気象庁 | 過去の梅雨入りと梅雨明け(関東甲信)」
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/kako_baiu09.html
◇*3HP「ペトリコール - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB
◇*4HP「ゲオスミン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%B3
◇*5HP「オゾン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%83%B3
◇*6雑誌「雨のあとの香り」Newton (ニュートン) 2015年4月号5頁、ニュートンプレス
◇*7HP「雨の落下速度はどのぐらい? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200709/article_35.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雨の匂いは日本人にとってはいい匂いと感じるのがほとんどだと思うんですが、欧米人にとっては奇妙な匂いに感じるんですね。
ねこのひげ
2015/05/24 13:29
コメントをありがとうございます。

 秋に鳴く虫の音色も、日本人には快く聞こえますが、西洋人には単なる雑音にしか聞こえないという研究を聞いたことがあります。
 いろいろな自然を喜べる日本人のほうが、少しだけ幸せなのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/05/24 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の匂いのもとになっているのはオゾンなの? 埃(ほこり)なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる