町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽系から外へ出たら羅針盤はどこを指すの?

<<   作成日時 : 2015/04/10 10:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:羅針盤をご存知でしょうか。方位磁石のものものしいやつですね。原理はおなじです。動きやすく調整された磁性を帯びた針、あるいは棒状のものを使います。これらが地球の磁場に沿う動きを利用して、北とか南とかを知るわけですね。
◇*HP「羅針盤 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BE%85%E9%87%9D%E7%9B%A4&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=-5S9VMnpFMTc8AXM3IGoDg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1280&bih=599
■羅針盤の針は必ず南北の方向を向くそうです。地球上では…と限定された話ではありますが。地球の磁場は、両極方向では約6万km、直径の5倍弱ぐらいまで飛び出しているらしい。そこまでは羅針盤は地球の磁場の影響を受けるようです。
◇*HP「地球の磁場 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E7%A3%81%E5%A0%B4&hl=ja&biw=1324&bih=654&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=KiMnVeWuEIzW8gW6nYHYAQ&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ
■地球の磁場から自由になると、今度は太陽の磁場の影響を受けるらしい。こちらは地球の周囲にももちろん存在するようです。太陽風と呼ばれるプラズマの流れは、地球の磁気圏にも影響を与えているらしい。プラズマというのは「電離した気体」だそうです。「原子核と電子が離ればなれになって自由に運動している状態」とのこと。固体・液体・気体と並んで物質の1つの状態を表す言葉らしい。
■そういえば、プラズマ・ディスプレイというのもありました。人工でつくりだされたプラズマを表示装置に応用しているのかな。最近はあまり振るわないようですが。
■太陽風は太陽から吹き出し、地球の夜側、つまり太陽から見て裏側に地球の磁気圏を押し流しているそうです。その距離は700万kmとも言われています。地球の直径の500倍以上なのかな。
■そこより遠い宇宙空間では羅針盤は太陽の影響だけを受けることになります。もちろん、近くに他の惑星があれば、その影響を受けるのでしょうけれど。
■さらに遠くに飛んで、ボイジャー1号のように太陽風の影響を受けない場所、つまり太陽系の外側に飛び出したとします。そこでは羅針盤はどこを指すのでしょうか?
[い]北極星の方向
[ろ]オリオン座の方向
[は]カシオペア座の方向
[に]さそり座の方向
[ほ]らしんばん座の方向
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]らしんばん座の方向
説明:2012年(平成24年)8月25日にボイジャー1号は太陽系の外側に飛び出したそうですね。そこでは太陽風の速度は0であり、太陽の影響は全く受けないらしい。遠い場所です。地球に向けて電波を飛ばしたとすると20時間弱もかかってようやく到達するそうです。
■参考資料*2の「実証 超科学講座」という本によれば、太陽系の外側で他の天体の地場の影響を受けていないときには、天の川銀河の磁場の影響を受けるそうです。そして針が向くのはらしんばん座と呼ばれる星座の方向になるらしい。
■なんだか冗談のような話です。でも、これは単なる偶然のようです。らしんばん座は1756年(宝暦(ほうれき)6年)ごろにニコラ・ルイ・ド・ラカーユという天文学者によって設定された星座だそうです。まさか、このころには人類のつくった物体が太陽系外に飛び出して行くという想像もないでしょうし、天の川銀河の磁場についても知られていなかったでしょう。
■ちなみに、らしんばん座は日本では南方向の地平線の近くに見えることがあるらしい。近所にはりゅうこつ座とかとも座などという星座があります。もともとはギリシア神話のアルゴー船と呼ばれる船の形に見立ててアルゴ座と呼ばれていたらしい。大きすぎるからと分割したようです。その1つの部品がらしんばん座と呼ばれる星座とのこと。
◇*HP「らしんばん座 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%89%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%93%E5%BA%A7&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=85u9VMXlE4PCmAWm3oH4Bg&ved=0CAkQ_AUoAg&biw=1280&bih=599
◆参考*1:HP「ボイジャー計画 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E8%A8%88%E7%94%BB
◇*2:書籍「実証超科学講座 」152〜153頁、ニュー・サイエンティスト編集部編、ISBN978-4-576-07161-9、二見書房

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
偶然ですかね・・・・
なにか意味があるかもしれませんね。
将来、らしんばん座まで行ってみたら・・・・
ナンチャッテ(≧◇≦)
ねこのひげ
2015/04/12 05:53
コメントをありがとうございます。

 Wikipediaによれば、近代にはいって認定されている星座は88ほどあるそうです。これで、天空にある星は、すべてどこかの星座に含まれているらしい。つまり無所属の星はないようです。
 らしんばん座を指すということは、ものすごくいい加減な計算をすると、88分の1の確率になります(星座の広がりとかは一切無視していますけど)。
 1%を越える確率です。これは単なる偶然なのか、そこに宇宙の神秘が隠されているのか。やっぱり神秘かな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/04/12 09:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽系から外へ出たら羅針盤はどこを指すの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる