町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス革命直後に作られた共和暦。1日は10時間だったの?

<<   作成日時 : 2015/03/04 08:32   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:フランス革命のときに作られた共和暦という暦があります。旧体制であるブルボン王朝はカトリックと深いつながりがあったらしい。カトリックの総本山であるローマ教皇が定めたグレゴリオ暦は、新しい時代にはそぐわない。これからは暦も新しいものにしようじゃないか。革命の旗手たちはそう考えたのかもしれません。
■1793年(寛政(かんせい)5年)に施行された共和暦です。ルイ16世やマリー・アントワネットが首をちょん切られた年ですね。でも残念ながら国民には受け入れられず、ナポレオンが皇帝に即位した直後の1805年(文化(ぶんか)2年)には廃止されたそうです。グレゴリオ暦が復活し、現在でも使われているとのこと*1。わずか13年ほどの利用にとどまったらしい。ちなみに20世紀のアメリカで生まれたおかしな法律、禁酒法も13年10ヶ月(1920〜1933年)ほどで廃止されたそうです*4。
■本日のクイズは、短命に終わったけれど合理的な暦を目指した共和暦、別名フランス革命暦についての雑学です。次のうち正しい記述はどれでしょうか? (正しい記述は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]10進法にこだわっており、1日は10時間で1時間は100分だった。
[ろ]1ヶ月はすべて30日であり、年末に5日の余り日を設けた
[は]1ヶ月は10日ずつに分け、10日・20日・30日を休日とした
[に]1日は明け方に始まり、1年は春分の日に始まることとした
[ほ]1月は栗月、2月はチーズ月、3月はきのこ月など、旬の食べ物の名前が月の名前として命名された
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]と[ろ]、[は]が正しい
説明: [い]10進法にこだわっており、1日は10時間で1時間は100分だった(○)
■ご存知のとおり、フランス革命のころに度量衡の統一もはかられました。メートルやキログラム、アール(面積の単位)、リットルなどが決められたそうです。それまでは国や地方ごとに呼称や量や長さや面積が違っていて、とても不便だったようです。
□暦も10進法でいこうじゃないか。そう思ったのでしょうね。1日は10時間。1時間は100分と決めたそうです。1分は100秒らしい。計算すると1日は10万秒になります。現在の1日は8万6400秒ですので、1秒を少し短くしたのかな。本日現在のウサイン・ボルト選手の100m世界記録9秒58も、共和暦に従うと11秒09ぐらいになります。無意味な計算ですが。
[ろ]1ヶ月はすべて30日であり、年末に5日の余り日を設けた(○)
■1ヶ月が28日だったり30日だったり31日だったりするのは不合理だ。これからの暦はすべて1ヶ月を30日にしよう。そうすると年末に5日余るので、これを休日にしてしまえ。そう考えたらしい。年末の休日には名前が与えられたそうです。美徳の日、才能の日、労働者の日、意見の日、報酬の日。閏年には革命の日というのが設けられたらしい。
[は]1ヶ月は10日ずつに分け、10日・20日・30日を休日とした(○)
■休日が少ないですね。10日に1日はちょっと淋しい。9日も連続して働くのは、怠け者の素町人としては辛い。
□曜日も10進法だったようです。1曜日〜10曜日まであったとか。なかなか徹底していますね。
[に]1日は明け方に始まり、1年は春分の日に始まることとした(×)
■1日は真夜中の12時というか0時(共和暦での10時か0時?)に始めるそうです。これは今までどおりなのかな。1年は秋分の日から始めたらしい。現在の9月下旬ですね。これは困ります。日本では米の取り入れが始まろうかという忙しい時期です。こんなときに正月がやってきたら、農家は休んでいられませんね。
[ほ]1月は栗月、2月はチーズ月、3月はきのこ月など、旬の食べ物の名前が月の名前として命名された(×)
■実際には次のような月の名前となっていたらしい。
1月=葡萄月/2月=雲月/3月=霜月(以上が秋)
4月=雪月/5月=雨月/6月=風月(以上が冬)
7月=芽生月/8月=花月/9月=牧場月(以上が春)
10月=収獲月/11月=暑月/12月=果物月(以上が夏)
葡萄月と果物月だけは食べ物の名前がついています。あとはそうでもないようですね。
□前述のとおり、余った5日は休日にして名前がつけられています。他の360日にもすべて固有の名前がつけられていたらしい。たとえば葡萄月1日はブドウの日。2日はサフラン、3日は栗、4日はイヌサフラン、5日は馬の日だそうです。360日分全部は覚えきれないでしょう。きっと暗記させられたであろう小学生たちは気の毒でしたね。
□共和暦は、日数の計算などをするのは容易になったと思われます。たとえば1月1日から210日目は8月1日だな。あるいは1月11日から8月3日までは「20日+30日×6+3日」だから203日だな。勘のいい人なら暗算できたかもしれません。なかなか合理的です。
□人々に受け入れられなかった要因は、時間を変えてしまったことらしい。時間の感覚を変えるというのは、なかなか難しいのでしょう。時計も…当時はお金持ちだけが持っていたのでしょうけれど…修正が必要です。少なくとも文字盤と歯車は更新かな。時間の変更を後回しにしていたら、ひょっとしたら根付いていたのでしょうか。
◆参考*1:HP「フランス革命 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%9D%A9%E5%91%BD#.E9.9D.A9.E5.91.BD.E6.9A.A6
◇*2書籍「おもしろくてためになる数の雑学事典」初版196〜197頁、片野善一郎(ぜんいちろう)著、ISBN 4-534-03760-0、日本実業出版社
◇*3HP「フランス革命暦 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%9D%A9%E5%91%BD%E6%9A%A6
◇*4HP「アメリカ合衆国における禁酒法 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%A6%81%E9%85%92%E6%B3%95
◇*5HP「時間や角度が60進法である理由はなんなの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201010/article_9.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
10進法の方が計算が楽な気がしますが、長い間使って慣れ親しんでいると変えにくいのでしょうね。
ねこのひげ
2015/03/08 08:34
コメントをありがとうございます。

 西洋では24時間制。日本では子(ね)の刻から亥(い)の刻までの12時間制。
 Wikipediaによれば、大昔の中国では1日を100等分する時間制もあったようですが、いつのころからか日本とおなじような12時間制になったようです。
 時刻には10進法となじまないなにか不思議な理由があるのかもしれませんね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/03/08 13:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス革命直後に作られた共和暦。1日は10時間だったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる