町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 指が6本ある動物はゾウなの? シカなの? パンダなの?

<<   作成日時 : 2015/02/27 07:22   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:陸地に脊椎動物が登場したのは3億6700万年〜4億1600万年前のデボン紀と呼ばれるころだったそうです。いちばん最初の陸上脊椎動物は両生類だったらしい。肉鰭類(にくきるい)と呼ばれる魚の仲間から進化したと見られているようです。肉鰭類には、肺魚やシーラカンスなどが属しており、いまでもなんとか生きのびていますね。
■両生類はその後の恐竜や哺乳類や人類の遠い祖先でもあるようです。その最初の一歩を記した記念すべき種類はアカントステガと呼ばれているらしい。肺で呼吸し、4本の足を持った最初の陸生動物だそうです。イモリやサンショウウオにちょっと似ている姿のようです。
▼「アカントステガ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AC&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=jcziU5aKBcrr8AXzmoG4CA&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1745&bih=932
■アカントステガには指が8本あったらしい。両手で16本、4本の足では32本あったのでしょうか。数を勘定するときにはちょっと便利だったかもしれません。2の乗数ですからコンピュータも得意だったかな。
■その後、指はだんだん減っていったようです。現在の爬虫類、カエルでは前肢の指が4本で後が5本というのが標準らしい。実在するのかどうかは知りませんが、関東では筑波山、関西では伊吹山に住むという四六の蟇(しろくのがま)は例外のようですね。
■人間にも多指症の人たちがいます。ヘンリー8世の2番目の細君にして8世が英国国教会を創設するきっかけになったといわれるアン・ブーリンという女性は、右手が多指症だったという噂があります。ただし、Wikipediaのアン・ブーリンの項によれば、1876年(明治9年)に遺体を掘り出してみたら普通と変わらなかった…ともいわれます*3。
■豊臣秀吉にも多指症の噂があるらしい。江戸時代の花魁(おいらん)、三浦屋の高尾にも何代目かに六指高尾(むつゆびたかお)と呼ばれた人がいたらしい。本来花魁は客前には素足で出る習わしだそうです。六指高尾だけは足袋を許されたと言われます。特注の足袋なのかな。
■逆に指の少ない動物でいえば、たとえばウマは1本指だと言われます。他の指はみんな退化し、中指だけで走っているらしい。
■現在の哺乳類は、おおむね指は5本以内だそうです。でも例外はわずかにいるらしい。では、次の哺乳類の中で指が6本あるように見えるのはどの種類でしょうか?
[い]ゾウ
[ろ]ヒグマ
[は]モグラ
[に]テナガザル
[ほ]パンダ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]ゾウと[は]モグラ、[ほ]パンダ
説明:参考資料*1*4*5によれば、この3種の哺乳動物は指の骨のほかに、種子骨(しゅしこつ)と呼ばれる骨を発達させ、6本目の指のように使っているらしい。
■種子骨というのは「靭帯または腱の中に発生する類円形の小骨」だそうです。本来は、関節を保護したり、動きを滑らかにする働きがあるとのこと。
■人間でいえば、たとえば膝蓋骨(しつがいこつ)と呼ばれる膝のお皿は、種子骨の一種だそうです。他には足の親指にもあるらしい。種子骨障害はランニングを趣味とする人たちのあいだではときどき発生する足の故障だそうです*6。
■ゾウやモグラ、パンダでは、6本目の指の目的はわずかに異なるようです。ゾウでは種子骨は足で後向きに発達したらしい。重い体重を支えるのが目的といわれます。足の底面積を広げ、力を分散させるのかな。あんなに重いのにあんなに速く走れるのも、種子骨を発達させたおかげかもしれません。
■モグラは手の面積を広げるのが目的と見られています。彼らは土の中で穴を掘るのが仕事みたいなものです。1回につかめる土の量が多いほうが効率がいいのかな。種子骨は指の骨と平行に、手の平を大きくするように発達しているらしい。
■パンダは橈側(とうそく)種子骨と呼ばれる骨を発達させたようです。ジャイアントパンダは大熊猫とも呼ばれるそうです。大きく見ればネコ目で猫の仲間。その下の分類ではクマ科で熊の仲間だそうです。
■熊の仲間では、5本の指は同じ向きに生えており、物を掴むのは苦手のようです。ハイタッチは出来ても握手はできないのかな。パンダは竹を掴むために種子骨を発達させ、親指がわりに使っているらしい。おかげで彼らは食料である竹を握るのが得意になったらしい。クマと異なり、握手もできれば麻雀牌もつかめる…かもしれません。
◆参考*1:番組「地球ドラマチック 骨から探る“生きもの図鑑”第2回「骨が実現!驚異の動き」140804放送
◇*2HP「魚が陸地に上がったとき、最初の両生類は指が多かったの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200903/article_17.html
◇*3HP「アン・ブーリン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3
◇*4雑誌「」Newton (ニュートン) 2014年 00月号000頁、ニュートンプレス
◇*5HP「ゾウの足に6本目の「指」、サイエンス誌 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News」
http://www.afpbb.com/articles/-/2847559?pid=8232139
◇*6HP「よくある症状・疾患|札幌市中央区の整形外科・内科・スポーツ整形なら札幌スポーツクリニック」
http://www.sapporo-sports-clinic.jp/disease/detail.php?id=18

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
だんだんと使いやすいように増えたり減ったりしたんでしょうね。
進化というか退化というか・・・
ねこのひげ
2015/03/01 07:58
コメントをありがとうございます。

 象の足にせよ、パンダの手にせよ、不思議な現象ではあります。
 そのうち、人間の手も3本目が出来たりするのでしょうか。猫の手も借りたいときに使う奥の手。キーボードに2本、マウスに1本を使えたら便利かもしれません。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/03/01 18:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
指が6本ある動物はゾウなの? シカなの? パンダなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる