町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS カエサル(シーザー)が「賽(さい)は投げられた」と格好つけて言った日。どんな戦いだったの?

<<   作成日時 : 2015/01/10 08:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
★歴史★
問題:ガイウス・ユリウス・カエサル、英語風ではジュリアス・シーザーは、紀元前49年の今日、1月10日にルビコン川を渡ります。その直前の全軍向けのスピーチで、「賽は投げられた」という有名な台詞を吐いたらしい。
■カエサルの3大名言というのがありまして、1つは「賽は投げられた」、もうひとつは「来た、見た、勝った」、そして最後のは「ブルータス、お前もか」だそうです。多くの人は4つ目以降の名言を知りません。とくに「3大」とつけなくてもいいような気もしますけど。
■それはともかく、ルビコン川の近所で行なわれた親分の名演説に全軍の兵士たちは奮い立ち、士気はいやがうえにも高まります。カエサルの率いる軍隊は戦いに勝利するようです。
■では2064年前の今日、ルビコン川の渡河作戦を決行したカエサル軍が向かった先にはなにがあったのでしょうか?
[い]ガリア地方(現代のフランス)
[ろ]小アジア(現代のトルコ)
[は]マケドニア(現代のバルカン半島)
[に]エジプト
[ほ]ローマ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]ローマ
説明:当時、ルビコン川はイタリアとガリアの国境と見られていたようです。ガリアで華々しい戦績を残したカエサルは、政敵であるポンペイウスと元老院派を退治するためにルビコン川を渡ったらしい。
■カエサルの名言の完全版は邦訳すると次のようになるそうです。「ここを渡れば人間世界の破滅、渡らなければ私の破滅。神々の待つところ、我々を侮辱した敵の待つところへ進もう、賽は投げられた」。
■ガリアの総督として赴任していたカエサルは、解任されたそうです。ローマを牛耳(ぎゅうじ)るポンペイウスと元老院派は、カエサルに対し、軍隊から離れてローマに戻るように要求したらしい。軍隊とともにルビコン川を渡ることは元老院の指示に背くことであり、内戦開始のゴングが鳴ることを意味します。それが「人間世界の破滅」なのかな。渡らなければローマを牛耳るカエサルの敵対派に悪者扱いされてしまうということでしょうか。
◇*HP「Google マップ」(ルビコン川からローマ)(画像)
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E,+%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%B3%E3%83%B3%E5%B7%9D/@42.9975649,11.4018191,8z/data=!3m1!4b1!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x132f6196f9928ebb:0xb90f770693656e38!2m2!1d12.4801802!2d41.8723889!1m5!1m1!1s0x132cb801507486ff:0xafa1f1af6c8c8d31!2m2!1d12.4187656!2d44.1292542!3e2?hl=ja
■1人の政治家としてローマに戻れば、難癖をつけられて投獄されたり処刑されたりする可能性が高い。なにしろ、シーザーが紀元前100年頃に産まれてからこのかた、権力闘争に明け暮れていたローマです。法とか正義というのは建前以上の効力はなかったようです。
■ルビコン川を渡ったのち、そのままローマに向かったカエサルは、逃げ出したポンペイウスを追ったり、その支持派を退治したりしながら、4年ほどの内戦に突入します。
■何回かの戦闘で勢いを失ったポンペイウスは最後にはプトレマイオス朝のエジプトに逃げ込もうとしたらしい。ここでエジプトの権力者、プトレマイオス13世の側近に殺されてしまいます。このとき、プトレマイオス朝内部でも権力闘争が繰り広げられていたようです。エジプトに乗り込んだカエサルは、殺されたポンペイウスの首を見て涙したとも言われます。
■プトレマイオス13世と権力を争っていたのが、その姉であるクレオパトラ7世だそうです。カエサルは仲介の労をとろうとしていたようですが、プトレマイオス13世派から攻撃を受けたためにクレオパトラ派につき、ナイルの戦いでプトレマイオス13世軍を打ち破り、13世を敗死させたそうです。で、クレオパトラはエジプトの最後の女王として君臨することになるらしい。
◆参考*1:HP「ガイウス・ユリウス・カエサル - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%83%AB
◇*2HP「ルビコン川 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%B3%E3%83%B3%E5%B7%9D
◇*3HP「カエサル(シーザー)の誕生日。実はハゲの借金だるまだったの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201107/article_11.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あまりにかっこよ過ぎて、本当にシーザーが言ったのか?後からの創作ではないのか?と疑っちゃいますがね・・・
ヒトラーの演説は映像が残っているので実際に演説したとわかりますがね。
あんな気障な演説にドイツ国民は騙されたのかと疑っちゃいますがね。
ねこのひげ
2015/01/12 18:10
コメントをありがとうございます。

 なるほど。シーザーが言ったかどうか。疑がおうとすれば疑えますね。
 英雄のお話というのは、後世の脚色がいろいろあるでしょうから、ひょっとしたら作り話ということも考えられます。
 「ブルータス、お前もか」だけはわりと真実味があるような気もしますけど。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/01/12 22:56
カエサル「ブルータス、おまえもか!」

ヒトラー「ハィール、ヒトラー❗」

加藤哲郎「巨人は、ロッテより弱い〜」
sadakun_d
2015/01/13 08:06
コメントをありがとうございます。

 加藤哲郎選手がもしホントにそう言ったのだとすれば、1試合だけ早すぎましたね。4連勝してから言うべきでした。
 結果としては「パリーグ最下位のロッテよりも弱い巨人…よりもさらに弱い近鉄」ということになってしまったのはお気の毒です。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2015/01/14 07:08
加藤哲郎〜岐阜県大垣市に"自然流"(鉄板焼、たこ焼き)の店。あくまでも、思ったことに忠実に加藤哲郎〜(笑)

巨人、ロッテのフアンが立ち寄ります(笑)
sadakun_d
2015/01/15 12:13
コメントをありがとうございます。

 加藤哲郎氏のお店に巨人やロッテのファンも通うというのは楽しいですね。あの発言はどうみても若気の至りですから、笑い話のネタになりますよね。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2015/01/15 13:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
カエサル(シーザー)が「賽(さい)は投げられた」と格好つけて言った日。どんな戦いだったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる