町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 月の誕生にまつわるいちばん有力な説とは?

<<   作成日時 : 2015/01/27 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:月はほぼ球体であり、3474kmほどの直径があるそうです。地球の直径が1万2756kmほどとのこと。4半分をわずかに越えるぐらいかな。でも質量でいえば、地球の1.23%しかないらしい。
■それでも太陽系の中では5番目に大きな衛星だそうです。いちばんでかいのは木星の衛星であるガニメデとのこと。5260kmぐらいの直径らしい。次が土星の衛星であるタイタン。こちらは5150kmぐらいの直径とのこと。以下、カリスト(4821km)とイオ(3643km)という木星の衛星のあとに月が続きます。ちなみに現在の惑星の中で最小である水星は直径が4880kmほどです。ガニメデとタイタンには、大きさでは負けているようです。
■木星の衛星は大きいだけに倍率の低い望遠鏡でも発見が可能だったようです。ガニメデ・カリスト・イオ・エウロパの4つは、1610年(慶長(けいちょう)10年)1月にガリレオ・ガリレイが発見したといわれます。いまでも、ちょっとした双眼鏡があれば、木星の衛星は見られるとのこと*4。
■参考資料*1の「太陽系 誕生と進化」という雑誌記事によれば、衛星が生まれるには、おおむね3つの流れがあるらしい。1つは「ミニ円盤タイプ」と呼ばれるものです。あたかも土星の輪のように、惑星の周囲に衛星の材料が溜まり、それぞれが小さな衝突を繰り返しながら衛星が生まれるそうです。この場合には、重力の関係から惑星の赤道面、自転軸に垂直な面に衛星が生まれるらしい。木星の4つの大きな衛星はこのタイプのようです。
■もうひとつは「捕獲タイプ」と呼ばれます。宇宙を飛び交う大小さまざまな天体のうち、たまたま惑星の重力にとらえられて衛星の軌道に入るものがあるらしい。
■最後の1つは「巨大衝突タイプ」だそうです。大きな天体どうしが衝突し、その破片が衛星となって惑星の周囲をまわるようです。
■では、わが地球の唯一の衛星、月は、このうちのどの流れで誕生したと考えられているのでしょうか?
[い]ミニ円盤タイプ
[ろ]捕獲タイプ
[は]巨大衝突タイプ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]巨大衝突タイプ
説明:現在の月は、太陽系の誕生から1億年ほど経過したころに誕生したらしい。形成の最終段階にある地球に、火星ほどの大きさ、つまり直径が地球の半分ぐらい、体積では1/8ぐらいの原始惑星が衝突し、飛び散った破片が集まって月になったと見られているそうです。
■地球のマントルと月の岩石の形成年代が一致するそうです。アポロ11号その他が持ち帰った月の石を分析したのかな。惑星(地球)との比率において、異様に大きな衛星(月)だそうですが、その理由も巨大衝突説では説明できるとか。
■余談です。地球が誕生するまでには、原始惑星と呼ばれる小さめの惑星が数回〜10回程度衝突しているそうです。現在のシミュレーションでは、原始惑星の衝突2〜3回に1回ぐらいは衛星が誕生する可能性があるらしい。大昔の月はいまの月とは別物という可能性もあるようです。
■初代の月と2代目の月があったかもしれない。2代目の月が誕生した巨大衝突では、衝撃によって地球の軌道が少しずれ、初代の月は周回軌道からはずれていったのかもしれません。また、初代と2代目が共存していた時代もあったが、やがて合体して1つになったという可能性も考えられるそうです。ただし、現在のところ、月が2つ以上あったという物的証拠は見つかっていないそうです。あくまでも科学者たちの仮説ですね。
◆参考*1:雑誌「太陽系 誕生と進化」Newton (ニュートン) 2014年7月号24〜111頁、担当編集者赤谷拓和、ニュートンプレス
◇*2HP「月 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88
◇*3HP「大きさ順の太陽系天体の一覧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%95%E9%A0%86%E3%81%AE%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB%E5%A4%A9%E4%BD%93%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
◇*4HP「ガリレオ衛星 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E8%A1%9B%E6%98%9F

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔、読んだスェーデンの本では、彗星が地球のそばを通過する際にその一部が捕まったのではないかと書いてありましたけどね。
木星の大赤斑も他の星、彗星が捕らわれたのではないかという説がありますね。
宇宙は面白いですね。(*^▽^*)
ねこのひげ
2015/01/27 12:07
コメントをありがとうございます。

 科学の進歩なのでしょうけれど、しょっちゅう変わりますね。今は「巨大衝突説」が主流かもしれません。でもそのうち別の説に取って代わられるのかもしれません。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/01/27 18:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
月の誕生にまつわるいちばん有力な説とは? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる