町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日は235回目の祥月命日。江戸時代の楽しくも悲しい人物は誰なの?

<<   作成日時 : 2015/01/24 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:安永(あんえい)8年12月18日(1780年1月24日)。この人物は亡くなっています。太平の江戸時代を駆け抜けた人だそうです。とても楽しく、かつ凄まじく、そしてちょっと悲しい人生だったと聞いています。
■諱(いみな、生前の本名あるいは死後の贈り名)は國倫(くにとも)。鳩渓(きゅうけい)、李山(りざん)、天竺浪人(てんじくろうにん)、貧家銭内(ひんか ぜにない)という呼ばれかたもしていたらしい。
■ではこの人物は誰でしょうか? 次の中から選んで下さい。
[い]与謝野蕪村(よさの ぶそん)
[ろ]前野良沢(りょうたく)
[は]東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく)
[に]酒井抱一(ほういつ)
[ほ]平賀源内(げんない)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]平賀源内(げんない)
説明:平賀源内は、享保(きょうほう)13年(1728年)に讃岐国寒川郡志度(しど)浦、現在の香川県さぬき市に生まれたそうです。実家は高松藩の足軽だったらしい。幼いころから利発であり、12歳のときには御神酒天神(おみきてんじん)と呼ばれるカラクリを作って藩の人を驚かせたようです。
◇*HP「 御神酒天神 掛軸 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%80%8C%E5%BE%A1%E7%A5%9E%E9%85%92%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E3%80%8D%E6%8E%9B%E8%BB%B8&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=0vPWU-3cJZSD8gXCsYHACg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1371&bih=712#hl=ja&q=%E3%80%80%E5%BE%A1%E7%A5%9E%E9%85%92%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E3%80%80%E6%8E%9B%E8%BB%B8&tbm=isch&imgdii=_
天神様を描いた掛け軸の前に三方(さんぼう、三宝とも)と呼ばれる聖なる台が置かれています。ここに御神酒を捧げると、天神様の顔が赤くなるという仕組みらしい。天神様の顔の裏には赤い紙が仕掛けられており、三方に重みが加わると赤い紙が顔のあたりにおりてくるそうです。単純なカラクリではありますが、細工がよかったのか、当時の人たちはとても喜んだらしい。
■利口な子供は御神酒天神開発の翌年から藩医のもとで本草学を学ばされたらしい。さらに長崎や江戸に遊学し、儒学・俳諧・オランダ語・油絵・漢学・鉱山学なども学んだり親しんだりしたそうです。その該博(がいはく)な知識を使い、「東都薬品会」などの名前で物産会を開いたりします。
■平賀源内といえば思い出すのがエレキテルでしょう。静電気を使って人を痺れさせる道具ですね。西洋から輸入された中古品を買い取り、修理して使ったとも言われます。不思議なことに、これだけ才能のある人なのに、オランダ語はあまり得意ではなかったらしい。エレキテルの修理の際には、なかなか悪戦苦闘したとも言われています。
◇*HP「エレキテル -日本エレキテル連合 -女 -ダメ -未亡人 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%83%AB&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=r9TCVI7fA4e7mQWN6oC4Aw&ved=0CAkQ_AUoAg&biw=1280&bih=599#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%80-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%83%AB%E9%80%A3%E5%90%88%E3%80%80-%E5%A5%B3%E3%80%80-%E3%83%80%E3%83%A1%E3%80%80-%E6%9C%AA%E4%BA%A1%E4%BA%BA
余談ですが、有名な女性漫才を排除するのはなかなか難しい。流行には勝てませんな。
■文学史にも名前を残しています。風来山人(ふうらいさんじん)としていくつかの戯作を残しています。「放屁論(ほうひろん)」などが知られています。「放屁論」の中での表記では電気仕掛けのカラクリは「ゑれきてる」とも書かれているそうです。福内鬼外(ふくうち きがい)として人形浄瑠璃の台本も残しているらしい。「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」などが知られているとのこと。
■美術史にも足跡を残しています。西洋の画家たちの道具や技法を日本で再現してみせたらしい。秋田藩の小田野直武(おだの なおたけ)という画家に伝授したそうです。
◇*HP「小田野直武 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B0%8F%E7%94%B0%E9%87%8E%E7%9B%B4%E6%AD%A6&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=CdfCVOiZAeXVmAXFrIEQ&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1280&bih=599
ちなみに、口絵は平賀源内の描いた西洋婦人らしい。日本に来ていたのかな。想像で描いたのかな。あるいは模写なのかな。
■多才な人でしたが、最期はあっけないものだったようです。ある大名屋敷の修理を依頼され、修理の計画を書いた書面を盗まれたと勘違いし、大工の棟梁2人を死傷させたらしい。死の1ヶ月ほど前に拘束されて投獄されたようです。拘束の際に傷を負ったのでしょうか。寒いさなか、235年前の今日、破傷風で死んだと伝えられます。
■親友の杉田玄白らが葬儀を行なったそうです。ただしなぜか遺体の引き渡しはなかったらしい。そのため、親しかった田沼意次(おきつぐ)が密かに手を回して逃がしたのではないかなどといった噂も立ったようです。真相はわかりません。
■以前にもご紹介しました。細面(ほそおもて)で「やにさがり」にキセルを構えた平賀源内の肖像画が現代ではよく知られています*2*3。でも、これはかなり実物からは離れている可能性があるそうです。ご当人を知る人の描いた肖像画は、もっともっさりしたおっさんのようですね*2。
◆参考*1:HP「平賀源内 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E8%B3%80%E6%BA%90%E5%86%85
◇*2HP「口絵のもっさりした武士の肖像は大石内蔵助なの? 新井白石なの? 平賀源内なの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201104/article_23.html#comment
◇*3HP「おもに男性に対して使われる言葉です。「やにさがる」とはどんな意味? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200608/article_20.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
平賀源内さんは色々人を驚かすことをやってますが、ほとんどが海外からの受け売りだったようで、自分の手に負えなくなると放り出していたようですね。
目立ちだかりやの面白い人であったことは間違いないでしょうがね。
ねこのひげ
2015/01/26 03:02
コメントをありがとうございます。

 鎖国中の日本では、海外からの受け売りはやむをえないかもしれませんね。情報を遮断されていれば、どうしても後進国になってしまうのでしょう。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2015/01/26 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日は235回目の祥月命日。江戸時代の楽しくも悲しい人物は誰なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる