町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙な物を製造するキノコ。石膏をつくるキノコがあるの?

<<   作成日時 : 2014/12/12 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:キノコは、かつては植物に分類されていたそうです。細胞壁があること、運動性がないことが理由らしい。動物には細胞膜はありますが、細胞壁はないそうです。
■近ごろでは、真核生物に含まれる界の1つ菌界として扱われます。植物界や動物界と同等に、ひとつの仲間を形成していると見られているそうです。さらに、分子遺伝学が発達するにつれ、菌界は植物よりもむしろ動物に近い存在として見られ始めたらしい。意外ですね。松茸や椎茸は、八百屋さんではなく肉屋さんで売るべきなのかな。
■キノコについては、まだわからないことが多いようですが、不思議なキノコが多いことだけは、素人にもわかります。たとえばナラタケというのはごく普通のキノコに見えますが、場合によっては1つの個体で15万平方mにも広がっていることがあるらしい*3。日比谷公園の面積は16万平方m余りだそうです。400×400mぐらいなのかな。ほとんどおなじぐらいの広さに展開している1つの生命らしい。
◇*HP「ナラタケ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%BF%E3%82%B1&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=gELDU4T3JMHh8AWK0oGQDg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=887&bih=1118#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%83%8A%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%B1
■バレーボールが転がっているのかと誤解しそうな丸くて大きなキノコもあるそうです。オニフスベという種類らしい。ジャイアント・パフ・ボールという似た形のものは、最大の食用キノコとしてギネスブックに登録されているとか。周囲が264cmもあったらしい*4。直径80cmぐらいなのでしょうか。トリュフ(西洋松露、セイヨウショウロ)と同じぐらいに香り高かったり、美味かったりすれば面白いのでしょうけれど、きっと大味なんだろうな。
◇*HP「オニフスベ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%BF%E3%82%B1&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=gELDU4T3JMHh8AWK0oGQDg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=887&bih=1118#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%B9%E3%83%99
■ホコリタケというキノコでは、1000兆個もの胞子が造られるようです。1000兆です。人間の全細胞の数は60兆ぐらいと推定されています。これに対して1人の人間の体内あるいは表皮などにいる細菌の数は100兆匹と言われます。でもホコリタケ君の胞子の数には遠く及びません*5。
◇*HP「ホコリタケ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%BF%E3%82%B1&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=gELDU4T3JMHh8AWK0oGQDg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=887&bih=1118#hl=ja&tbm=isch&q=%E3%83%9B%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%82%B1
■本日ご紹介するキノコもちょっと変わった特徴があります。キノコらしくないある種の物質を生成するようです。では、その物質とは次のどれでしょうか? (正しい物質は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]石膏
[ろ]ゴム
[は]パラフィン
[に]ガラス
[ほ]燐
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]ゴム
説明:ゴムを造るキノコは大部分はチチタケ科ベニタケ属に分類されている種類らしい。複数あるわけですね*2。代表的なチチタケは、傘の直径が3〜6cmぐらい、黄褐色あるいは赤褐色で、最初は丸っこいようですが時間が経つにつれて傘が少し反り返り、漏斗状になるらしい。
◇*HP「チチタケ - Google 検索」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%BF%E3%82%B1&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=gELDU4T3JMHh8AWK0oGQDg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=887&bih=1118
■子実体、キノコの傘や柄に傷をつけると、白色あるいは黄色、紅色などの乳液を出すらしい。乳液には3〜5%程度のゴム成分が含まれているとのこと。
■チチタケからゴムが製造できないか。アメリカの会社で試みられたらしい。でも強いゴムにはならなかったようです。天然ゴムでは炭素数5個のイソプレン単位が5000個ほどつながっているそうです。チチタケの乳液では、300個ぐらいしかつながっていないとのこと。
■チチタケがゴムを造る理由はわかっていないそうです。病虫害に対する防御物質ではないかとも考えられたそうですが、チチタケは蛞蝓(なめくじ)や虫によく食べられてしまうそうです。本物のゴムの木も病虫害にはたいへん弱いらしい。防御物質説は却下かな。
■チチタケは子実体だけでなく、胞子や菌糸にもわずかながらゴムが含まれているようです。彼ら自身にとっては意味のある物質なのでしょうが、人類にはその意味がまだ理解できていないようです。
◆参考*1:HP「菌類 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8C%E9%A1%9E#.E8.8F.8C.E7.95.8C
◇*2書籍「きのこの100不思議」初版24〜25頁、日本林業技術協会編、ISBN4-487-75485-2、東京書籍
◇*3HP「世界最大の生物は植物なの? 動物なの? それとも別のものなの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200910/article_23.html
◇*4HP「かつて世界最大のキノコと考えられていたのはジャイアント・マッシュルームなの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201301/article_5.html
◇*5HP「人間の身体にあって細胞の数よりも多いといわれるのはなに? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200812/article_8.html
◇*6HP「チチタケ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%BF%E3%82%B1

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キノコが動物に近いとは知りませんでした。
収穫するときに「殺される〜」「キノコ殺し〜」なんて叫ばれたら食う気がしなくなりますね(笑)
そういえば松茸の香りは、日本人には食欲をそそる香りですが、海外の人には臭いとしか感じないそうですね。
ねこのひげ
2014/12/14 07:21
コメントをありがとうございます。

 茸が植物よりは動物に近いというのはちょっと驚きですよね。素人には理由はよくわかりませんけど。
 松茸に対する外国人の無理解がなるべく長く続くことを祈りたいですね。人工栽培できないそうですから、ただでさえ高いのに、みんなが欲しがったら、ますます高値になってしまいそうです。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/12/14 09:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
妙な物を製造するキノコ。石膏をつくるキノコがあるの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる