町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準1級程度の四字熟語。「鎧袖一触」ってどんな意味だっけ?

<<   作成日時 : 2014/11/10 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:「鎧袖(ガイシュウ)」は鎧(よろい)の袖だそうです。「一触(イッショク)」はちょっと触れることらしい。「鎧袖一触」は「鎧の袖がわずかに触れただけで相手を押しのけてしまうこと」らしい。「敵をたやすく打ち負かすことのたとえ」に使われるようです。
■「一触」は「一触即発」という四字熟語でも使われています。「ちょっとさわっても爆発しそうな状態」だそうです。1962年(昭和37年)10月の2週間は、いよいよ核戦争かという一触即発の危機だったわけですね。
■「鎧袖一触」は、江戸時代の後期に頼山陽(ライ サンヨウ)が記した日本歴史の本、「日本外史(ニホンガイシ、文政(ぶんせい)12年(1829年)発刊)」に記されていた言葉らしい。例の「鞭声粛々(ベンセイシュクシュク)夜、河を渡る」という表現も「日本外史」でしたね。「日本外史」は、歴史の学術書ではないものの、物語としてはとても面白く、日本史を扱った本としては異例のベストセラーだったらしい。幕末の人々の政治思想・歴史認識の基盤となった本だそうです。
■本日は、漢検準1級程度の四字熟語の問題です。次の四字熟語の説明として正しいものを選んで下さい。(正しい説明は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]「改弦易轍」とは、「(一部を交換することで全体が蘇ることから)保守管理の大切さ」を示す表現である
[ろ]「外巧内嫉」とは、「外交交渉の上手な家臣は、政権内では他のものから嫉み(ねたみ)を買いやすい」という意味である
[は]「回光反照」とは、「湖や海の水面に光が反射してキラキラと美しく輝く」という表現である
[に]「咳唾成珠」とは、「咳や唾が絶えずに出ることから、風邪を引いている様子」を表している
[ほ]「開門揖盗」とは、「門を開いて泥棒を招き入れることから、自ら禍を招く」という比喩である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:[ほ]が正しい
説明:[い]「改弦易轍」とは、「(一部を交換することで全体が蘇ることから)保守管理の大切さ」を示唆する表現である(×)
■「改弦易轍」は「カイゲンエキテツ」と読みます。「法や制度を改めること」だそうです。改弦は文字通り楽器の弦を張り替えることらしい。易轍は道を変えることらしい。
□「易」という漢字は常用漢字表では「エキ、イ、やさしい」というという音読み・訓読みがあります。漢和辞書「字通」によれば「あらためる、かわる、あなどる、とかげ」という字訓もあります。トカゲは漢字で書くと「蜥蜴」ですね。トカゲという意味では象形文字らしい。下の姿で見ると、あまり似ていないようですが。
▼中国の古い字典「説文解字(セツモンカイジ)」の「易」
画像

□現代では使われませんが、「易意(エキイ)、易心(エキシン)」という熟語は「改心」を意味するそうです。「大名が改易(カイエキ)される」という場合にも、「あらためる、かわる」という意味で使われているのかな。
[ろ]「外巧内嫉」とは、「外交交渉の上手な家臣は、政権内では他のものから嫉み(ねたみ)を買いやすい」という意味である(×)
■「外巧内嫉」は「ガイコウナイシツ」と読みます。「外面的にはうまくとりつくろいながら内心では嫉むこと」だそうです。「作り笑顔の銀メダリスト」も外巧内嫉なのかな。なんだかストレスの溜まりそうな状態です。
□「嫉」という漢字は常用漢字表では「シツ」という音読みだけが掲載されています。漢和辞書「字通」では「ねたむ、にくむ」という字訓もありました。ご存知のように、「嫉妬」などの熟語を造ります。
[は]「回光反照」とは、「湖や海の水面に光が反射してキラキラと美しく輝く」という表現である(×)
■「回光反照」は「カイコウヘンショウ/ハンショウ」と読みます。「人が最期を迎えるとき、一時的に持ち直すこと」だそうです。「回光」は反射光、「反照」は夕映えだそうです。
□たしかに、持ち直すことはありますね。人はまっすぐに直線的に死に向かうのではなく、音波のように振動しながらやがて減衰して息を引き取るのでしょう。
□「とうとういけなかったそうで」。「いえ、さっき少し持ち直しまして。でも真夜中がヤマだと言われています」。「あっ、さよか。…ではまた真夜中頃にあらためて」。なんだか妙な会話になってしまいます。死線をさまよう時間が長いと、周囲も迷惑します。当人の責任ではないのですが。
[に]「咳唾成珠」とは、「咳や唾が絶えずに出ることから、風邪を引いている様子」を表している(×)
■「咳唾成珠」は「ガイダセイシュ」と読みます。「権勢が盛んな人の一語一語が尊ばれること」だそうです。もう1つ意味があり、「詩文の才能が豊かなこと」らしい。
□咳や唾が珠(たま)を成す。「口をついて出るちょっとした言葉でも美しい」という意味らしい。
□現代では有力政治家の言葉にマスコミが注目しています。連中が期待しているのはおもに失言らしい。そうしたネタを掴むと、多くの記者は、「今後波紋が広がりそうだ」などと嬉しそうに記事を結びます。品性下劣な記者たちが飛びつく政治家の失言は、新聞の購読者を喜ばせ、テレビの視聴者を沸かせるのでしょうね。販売部数や視聴率に直結するらしい。やれやれ。
□失言を恐れれば自由闊達な発言は行なわれず、紋切り型に終始することになります。「言論の自由」を鼓吹するマスコミ自身が見えない形で言論の自由を阻害する。妙な図です。
[ほ]「開門揖盗」とは、「門を開いて泥棒を招き入れることから、自ら禍を招く」という比喩である(○)
■「開門揖盗」は「カイモンユウトウ」と読みます。「自ら災いを招くたとえ」だそうです。「開門」は文字通り門を開くこと。「揖盗」の「揖という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ユウ、シュウ、えしゃく、おさめる、ゆずる」という字音・字訓があります。泥棒に会釈することが「揖盗」らしい。
□「やり手の弁護士」だったという政治家が中国に対して開門揖盗したことがありました。尖閣諸島に侵入してきた中国船の船長を日本の法律で裁かずに帰してしまった件です。当時の民主党政権は現場で撮影された動画を隠蔽しようとします。事態を憂えた海上保安官によって動画が漏洩され、国民が現実を知ることになりました。「やり手の弁護士」なるものが政治家としてはいかに無能であり、常識のない人物なのか。思い知らされましたね。同時に、国防の現場の人たちを頼もしく思ったものです。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定準1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20422-2、成美堂出版
◇*2HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/jouyoukanjihyou_h22.pdf
(pdfファイルを開こうとすると警告が表示されます。文化庁の頁です。ウイルスに感染している可能性はかなり低いと思われますが、自己責任で開いて下さい)
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
裁くところを裁かず、言うべきところを言わずにいると、こういうことになるというのが今の現状のようで・・・
海賊船(たぶん中国政府公認)が100隻も200隻もウロウロ・・・
1000万円ぐらいの罰金ごときはどういうこともないそうで、30億円ぐらい稼いだと大喜びしていました。
ねこのひげ
2014/11/11 02:05
コメントをありがとうございます。

 罰金は少し増やして3000万円になるそうですね。10億円ぐらい、つまり絶対に払えそうもない金額にすればいいのに、素人は思ってしまいます。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/11/12 10:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検準1級程度の四字熟語。「鎧袖一触」ってどんな意味だっけ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる