町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS ポラロイド社が世界初のインスタントカメラを発売した日。誰の発案だったの?

<<   作成日時 : 2014/11/26 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:1948年(昭和23年)の今日、11月26日。米国のポラロイド社はポラロイド・ランド・カメラを発売したそうです。世界初のインスタントカメラだったらしい。
■写真を撮るにはカメラを購入し、フイルムを購入し、セットし、さまざまな目盛りを調整して撮影し、カメラ屋さんで現像・焼付けをしてもらう。それが古典的な手順でした。インスタントカメラでは、撮影後の手順がたいへん簡単になっています。結果もすぐ見られるので、失敗したらすぐに取り直せます。画期的なカメラでしたね。
■では、インスタントラーメンの発明と同じぐらい画期的なインスタントカメラの発明に関するクイズです。この発明は誰の発案で生まれたものでしょうか?
[い]警察の鑑識係
[ろ]観光地の撮影サービスの人
[は]土木建設の現場監督
[に]化学系の研究者
[ほ]発明者の3歳の娘
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]発明者の3歳の娘
説明:発明者はエドウィン・ハーバード・ランドという人だそうです。その娘さんが、写真機を見て「撮影した写真はなぜその場で見られないのか」という疑問を呈したらしい。ランド氏は一念発起してインスタントカメラを開発したらしい。
■もちろん、ゼロからの出発というわけではありません。もともとランド氏はハーバードで化学を学んだらしい。ただし、1年ほどで休学し、ニューヨークで安価に製造できる偏光フィルターを発明し、ポラロイドと名付けたそうです。個人での開発です。設備がないので苦労したようです。コロンビア大学の研究室に夜中に忍び込み、実験器具などをこっそり使っていたらしい。現在ではどの教育機関でも警備が厳重になっています。同じことはできないでしょうね。ニューヨーク公共図書館を利用して、偏光についての科学知識を磨いたりしたとのこと*2。
■さらに偏光フィルムの開発を行ない、ポラロイド社を創立します。株式市場から資金を得られるようになり、多様な光学製品の研究開発を手がけていったらしい。
■1947年(昭和22年)の冬に黒白のインスタントカメラの展示・実演をおこなったそうです。手応えがあったのでしょうか。1948年のクリスマス商戦を前に、60台を生産したらしい。57台を今日、11月26日にボストンの百貨店で発売したようです。意外な人気で当日中に57台とフイルムがすべて売り切れたらしい。
■ポラロイドの成功は、他社もうらやましかったのでしょうね。米コダック社も似たような製品を作って売り出したようです。特許権侵害訴訟が起こります。1976年(昭和51年)には、ポラロイド社の持つ12件の特許を米コダック社が侵害しているという判決がおりているそうです。1985年(昭和60年)には、約6億ドルの損害賠償請求が認められ、コダック社はもう作っちゃだめよという判決がくだされているらしい。
■市場を独占して商売を続けたのですが、残念ながらポラロイド社はデジタル化の波には乗れませんでした。インスタントカメラの市場は縮小します。2001年(平成13年)に10億ドル弱の負債を抱えて経営破綻したそうです。従業員の年金や健康保険の支払いを放棄するなどの荒療治が行なわれたらしい。長年勤めてきた社員にとっては災難ですね。
■再建・事業存続のための努力は続けられたようですが、2008年の暮れには2回目の破綻がやってきてしまいました。インスタントカメラの事業は半世紀余りで消えていくようです。インスタントラーメンのほうは、まだまだ続きそうですけど。
◆参考*1:HP「ポラロイド - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89
◇*2HP「エドウィン・ハーバード・ランド - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
富士フィルムのチャッキというインスタントカメラは元気みたいですけどね。
子供の発想からヒントを得て、カメラを発明するというのはすごいですが、やはりそれに答えるだけの知識と努力は必要なようですね。
ねこのひげ
2014/11/30 09:07
コメントをありがとうございます。

 昔、我が家の豚児たちも富士フイルムのインスタントカメラで遊んでいました。懐かしい。
 ポラロイドがこんなに早く消えていくとは思いませんでした。
 創業者のランド氏は平成3年(1991年)に亡くなったそうで、左前になる状況は知らないままだったようです。
 Wikipediaによると、世界初のデジタルカメラは昭和50年(1975年)に試作品が出来ていたそうです。コダックの技術者が開発したらしい。わずか100×100ドットの装置だったようです。それが40年後にはプロの写真家までが使うようになるとは、コダック社もポラロイド社も気づかなかったわけですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/11/30 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポラロイド社が世界初のインスタントカメラを発売した日。誰の発案だったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる