町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔のなぞなぞ。頭のしくじりをお尻でなおすものはなに?

<<   作成日時 : 2014/11/20 17:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:題のなぞなぞの答は、消しゴム付きの鉛筆だそうです。芯の見えているほうが頭だったんですね。クッションはお尻にあてているわけかな。
■もうひとつ、練習のなぞなぞ。雷の音がやがて1匹の野獣となりました。何になったのでしょうか? 答はライオン(雷音)だそうです。
■では、本番のなぞなぞです。下の5つのなぞなぞを考えてください。昔の人の暮らしぶりを思い出さないとわからないものもあります。
[い]朝早くから裸で髪をざんばらにして暴れるものはなに?
[ろ]朝早くから首をくくって海の中に飛び込むものはなに?
[は]朝日男の伊達男、次第次第に馬鹿になるのはなに?
[に]足1本の一つ目小僧で女と仲良しなのはなに?
[ほ]足無くて走り、口無くて唸(うな)るものはなに?
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]朝早くから裸で髪をざんばらにして暴れるものははたきである
■覚醒剤の常用で脳味噌に異常をきたしている中毒患者のような振る舞いです。すぐに警察に通報したくなります。
□昔は、掃除は朝早くの作業だったようです。いまでは、会社に行っているあいだにタイマーで自動掃除機を動作させる人もいます。勤めから戻ってから掃除機を使う人もいます。あまり朝早いと、逆に近隣から文句が出る可能性もありそうですね。
[ろ]朝早くから首をくくって海の中に飛び込むものはティーバッグである
■毒を飲んだけど死にきれなかったので包丁で頸動脈を切った。そんな事例はありそうです。でも、首をくくってから海の中に飛び込むのは、念の入った仕事ですね。他殺ならありそうですけど。絞殺後に死体遺棄かな。
□なお、参考資料*1には答は茶袋とありました。昔は、お茶を布の袋に入れて口をしばり、薬缶や鍋の水に放り込んで煮出したようです。現代風に直しました。
[は]朝日男の伊達男、次第次第に馬鹿になるものはつららである
■このなぞなぞは寒い津軽地方のものだそうです。つららは夜のうちにできることが多いのでしょうか。朝日に輝くつららは綺麗なものなのでしょうね。だんだん溶けて、水洟(みずばな)を垂らすようです。
□昔の人は鼻を垂らしている者を馬鹿と呼ぶことがあったようです。たとえば馬鹿蝋燭(ろうそく)というのがあります。松脂(まつやに)を笹で包んだ蝋燭らしい。笹が芯の役割を果たすそうです。松脂が垂れる姿が鼻を垂らしているように見えるのでこの名前があるらしい。秋田県などでの呼び方だそうです*2。
◇*HP「松脂 笹 ロウソク - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9D%BE%E8%84%82%E3%80%80%E7%AC%B9&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=jaZtVNzfL8TKmAX_o4E4&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=1097&bih=569&dpr=1.75#hl=ja&tbm=isch&q=%E6%9D%BE%E8%84%82%E3%80%80%E7%AC%B9%E3%80%80%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%82%AF
□なお、オリジナルは「すがま」という答でした。津軽地方の方言らしい。東北地方の童謡「♪どじょっこふなっこ」にも「しがこ(氷)」という言葉が使われていますね。北海道の方言には「しばれる」があります。「ひどく寒い、凍り付く」といった意味らしい。「すが」とか「しが」、「しば」といった語感が似通っています。
[に]足1本の一つ目小僧で女と仲良しなものはである
■ついつい粘膜系のエッチな答を連想します。でも答はたいへん真面目なものでした。
□針という答の問題には、「1本足で日本中歩くものはな〜に」とか、「足1本の坊さんが大勢寝ているのはな〜に」なんていうのもあるそうです。針は全国津々浦々で販売され、購入されていたようです。
[ほ]足無くて走り、口無くて唸(うな)るものはである
■昔の木造家屋では、台風のときなど、自分の家の周囲に見えない巨人がいるんじゃないかと思われるほどに風の唸りが聞こえました。今は密閉度が格段にあがったからでしょうか、風の唸りを耳にすることがだいぶ減ってきました。
□答としては、「波」でも正解らしい。波が走るのはわかりますが、唸りはどんなものでしょうね。いわゆる海鳴りなのかな。
◆参考*1:書籍「ことば遊び辞典」初版、鈴木棠三(とうぞう)編、東京堂出版
◇*2HP「馬鹿薬缶(やかん)に馬鹿定規に馬鹿蝋燭(ろうそく)。ホントにあるのはどれ? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200606/article_14.html
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
納得いくのと納得いかないのがありますね〜
海?・・・まだ池のほうが・・・
針・・・はなるほど納得でありました。
はたきは今の人にはわからんでしょうね。
ねこのひげは、江戸時代だから、歯ブラシかと思ってしまいました(^^ゞ
ねこのひげ
2014/11/24 05:29
コメントをありがとうございます。

 海よりも池というご意見は、実にもっともだと思いました。そこも直すべきでした。
 はたきは今の人にはわからないのでしょうか。いまははたきのかわりに何を使うのかな。ダスキンみたいなやつなのかな。この項には写真をいれておくべきでしたね。勉強になりました。
m(_ _)m 
ねこのひげ様<素町人
2014/11/25 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔のなぞなぞ。頭のしくじりをお尻でなおすものはなに? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる