町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「沙石集(しゃせきしゅう)」に記された妙な話。「さもあらん」と名付けられたのは何だったの?

<<   作成日時 : 2014/11/15 08:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:「沙石集」は鎌倉時代中期、弘安(こうあん)6年(1283年)ごろに成立した仏教説話集だそうです。無住道暁(むじゅうどうぎょう)というお坊さんが編纂したらしい。150話ほどのお話が掲載されているそうです。
■仏教の説話といえば抹香臭い、説教臭いものかといえばそうではないらしい。編者は笑い話や物語が好きだったとのこと。Wikipediaの無住の項によれば「話芸の祖」とも言われているようです。どうやら親しみやすい作者であり、作品かもしれません。
■「沙石集」によれば、自分の身近なある3つのものに、「思いもよらず」、「さもあらん」、「子細なし」という名前をつけた僧侶がいたそうです。実に妙な名前ですが、ともかくそんな命名をしたらしい。では、こんな名前をつけられた3つのものとは、次のどれでしょうか? 
[い]名品の茶碗
[ろ]名馬
[は]愛猫
[に]寺院内の建物
[ほ]子供
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]子供
説明:「沙石集」によれば、これは信州にある山寺の坊さんの話らしい。みんな別腹の3人の子供がいたそうです。別腹といっても「甘い物は別腹」の場合は胃袋の話ですが、この坊さんの場合は子袋の話です。別々の女性から生まれた3人の子供がいたらしい。
■最初の女性とのあいだにできた子供は、「あなたの子です」と連れてこられらしい。たいそう人目を忍んで通った相手だったそうです。「ひょっとしたら俺の子ではないかも」と疑いつつ、「思いもよらず」という名前をつけたそうです。
■2番目の女性とのあいだにできた子供は、女が時には僧房(そうぼう)へも通ってきて睦み合った(むつみあった)こともあったらしい。さほどの疑いはもたず、「さもあらん」と命名したようです。「さもあらん」は「然もあらん」とも表記します。「きっとそうであろう、もっともである」という意味ですね。「さもありなん」とおなじです。また、僧房は寺院内の僧の住居です。そこに女を連れ込んだということらしい。
■3番目の女性とのあいだにできた子供は、ずっと僧房で一緒に暮らしたので疑いの余地はなかったようです。「子細なし」と名付けられました。「子細」にはいろいろ意味がありますが、ここでは「差し支えとなる事柄」という意味なのでしょう。全体では「問題なし」と同じ意味かな。それにしてもそんなに堂々と同棲しちゃっていいのかな。
■この坊さんは、お寺を訪ねてきた人に自ら「3人の子持ちでして、それぞれにこんな名前をつけました」と経緯(いきさつ)を述べた上、「これが『子細なし』の母親です」と3番目の女性を紹介したとのこと。本来なら破戒(規則違反)なのですが、あまりにおおっぴらだし、暢気(のんき)でもあります。攻撃のしようもありませんね。
■平安時代から鎌倉時代は、朝廷から幕府へと最高権力がうつります。価値を計る古い物差しはどんどん壊れていったらしい。仏教界もまた無秩序状態に突入したのかな。大治(たいじ)2年(1127年)〜建久(けんきゅう)3年(1192年)、まさしく平安時代末期を生きた後白河法皇は、「妻帯を隠すのは僧侶、妻帯しないのは仏だけ」と言っていたらしい。「さもあらん」ですね。
◆参考*1:HP「沙石集 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%99%E7%9F%B3%E9%9B%86
◇*2HP「無住道暁 とは - コトバンク」
http://kotobank.jp/word/%E7%84%A1%E4%BD%8F%E9%81%93%E6%9A%81
◇*3HP「無住 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E4%BD%8F%E9%81%93%E6%9A%81

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
けったいな坊さんですね。
今だったら、危険ドラックを使用しているのではないかと疑われますね。
ロシアでは、わざと変な名前を付ける習慣があるそうで、悪魔よけだそうですが、日本の昔にもそんな習慣があったのかな?
ねこのひげ
2014/11/16 10:39
コメントをありがとうございます。

 なんだか落語みたいな話ですよね。無住道暁は「話芸の祖」だそうですから、ホントに笑い話として創作した話なのかなと疑いたくもなります。

 ロシアでは魔よけに変な名前をつけるわけですか。珍名さんが多いのかな。
 ロシアの戸籍係は、どの程度の珍名さんまで受け入れてくれるのでしょうか。日本では「悪魔」くんが断られましたけど、ロシアではOKなのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/11/16 13:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「沙石集(しゃせきしゅう)」に記された妙な話。「さもあらん」と名付けられたのは何だったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる