町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動して疲れているのは筋肉ではなく脳だっていうのはホント?

<<   作成日時 : 2014/10/10 10:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:運動したり労働したりすると、筋肉が疲労します。キーボードに触れるだけだと大きな疲労はありませんけど、階段をのぼったり荷物を運んだりすれば当然ながら疲れます。
■もし疲労がなければ、人間はいくらでも運動や労働ができるのかもしれません。1日に100ホールを回ることもできるのかな。でも疲れないからといって24時間労働を強いられたら嫌ですね。
■本日は疲労とその回復法についての雑学です。次の中で正しい説明はどれでしょうか? (正しい記述は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]かすみ目は涙液の分泌が減り、角膜に微細な皺が生まれて起こる
[ろ]運動で疲労を感じるのは筋肉が疲れていることよりも脳が疲れていることのほうが大きい
[は]夜勤中には2時間以上の仮眠が効果的である
[に]精神の疲労回復には夢を見ることが有効である
[ほ]ふだんから「疲れている」と感じている人は30%ほどである
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]と[は]、[に]が正しい
説明: [い]かすみ目は涙液の分泌が減り、角膜に微細な皺が生まれて起こる(×)
■2008年(平成20年)には「平成20年技術革新と労働に関する実態調査」(厚生労働省)によれば、パソコンなどを使って作業する9107人の回答の中で、いちばん多かったのが目についての症状らしい。
□かすみ目は実感します。テレビのCMで生瀬勝久(かつひさ)氏や阿部サダヲ氏、関根勤氏その他中年の俳優さんが盛んにかすみ目用の目薬を宣伝しています。売れるんだろうな。
□CMでもたまに聞きますが、目のかすみはピント調節の機能が落ちることによって起こるそうです。水晶体の厚みが変わらなくなる。近くばかり見ていれば、遠くをふっと見たときにピントがあわず、ボンヤリした像にしか見えないらしい。
[ろ]運動で疲労を感じるのは筋肉が疲れていることよりも脳が疲れていることのほうが大きい(○)
■運動による疲労にくわしい筑波大学の征矢英昭(そや ひであき)教授によれば、「運動による疲労で重要なのは脳でおきる疲労」とのこと*1。脳の神経細胞が十分に働けなくなると、筋肉に指令が伝わらず、十分に動かせなくなるそうです。筋肉自体には余力があっても脳が限界という例が多いらしい。
□脳が限界を迎える理由は2つあり、1つは脳の温度とのこと。脳は温度に弱い器官らしく、体温の上昇にともなって脳温が上がると動作が鈍るようです。頭髪で隠してこっそりと脳味噌の放熱装置を取り付けられれば、運動競技の記録更新が期待できるのかな。
□もう1つはエネルギーが不足すること。脳の神経細胞が働くにはエネルギーが必要です。運動時には、血液中のグルコースは筋肉や肝臓が消費するため、濃度が薄くなってしまうらしい。
□そういえば身体の中での重量比2〜3%ぐらいの脳味噌なのに、使用するエネルギーは20%ぐらいと聞きますね。エネルギーをたくさん消費する器官のようです。
[は]夜勤中には2時間以上の仮眠が効果的である(○)
■労働科学研究所慢性疲労研究センターの佐々木司(つかさ)センター長は、 「夜勤勤務の方には2時間以上の仮眠をおすすめします」と言っているらしい。
□昼寝は短くても効果的と聞きます。でも、深夜の仮眠は長いほうがいいらしい。寝ついてから90分後にようやくレム睡眠があらわれるためとのこと。レム睡眠とノンレム睡眠のバランスがいいと疲労回復につながるようです。短い仮眠ではノンレム睡眠だけということかな。
[に]精神の疲労回復には夢を見ることが有効である(○)
■カリフォルニア大学バークレー校のウォーカー博士らの2011年(平成23年)の研究では、「レム睡眠を含む睡眠をとった実験参加者は、同じ時間寝てレム睡眠を含まない睡眠をとった参加者や睡眠をとらなかった参加者にくらべ、恐怖の感情が少なく、幸福な感情が多い傾向を示した」そうです。
□人はレム睡眠のときに夢を見るらしい。夢は不安、抑うつなどのストレスを解消する役割をもつ場合があると考えられているそうです。
[ほ]ふだんから「疲れている」と感じている人は30%ほどである(×)
■平成11年(1999年)に厚生労働省が愛知県の住民に疲労の聞き取り調査をしたそうです。3015名のうち約6割が「疲れている」と答えたらしい。過半数ですね。疲れが6ヶ月以上続いていると答えた人が36%もいたらしい。さらに8人は慢性疲労症候群の診断基準を満たしていたとのこと。慢性疲労症候群の人は、少ないといえば少ないのですが、確実にいるんですね。
□日本全国では30万人ぐらいいるのではと推定されている慢性疲労症候群です。長く疲れを感じている人は、いちどお医者さんに相談してみるといいかもしれません。
◆参考*1:雑誌「疲れに悩んでいませんか」Newton (ニュートン) 2012年 6月号100〜105頁、ニュートンプレス
◇*2雑誌「疲労感の原因は、脳内の炎症か」Newton (ニュートン) 2014年7月号9頁、ニュートンプレス

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
”限界を超える”とか”火事場の馬鹿力”とか言って限界であるはずの力がさらに出るのは、筋肉に余力が残っているという事でしょうね。
ねこのひげ
2014/10/10 17:23
コメントをありがとうございます。

 なるほど。火事場の馬鹿力は脳による制御がはずれた状態だと聞きますね。筋肉には、普段の限界よりももっと大きな力がありそうです。
 できれば、そんな力を発揮する場面なしで暮らしていきたいものですけど。
(^^;)
 
ねこのひげ様<素町人
2014/10/10 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動して疲れているのは筋肉ではなく脳だっていうのはホント? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる