町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS スタートの号砲とほぼ同時に走り出した天才陸上選手。フライングなの?

<<   作成日時 : 2014/09/26 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:桐生祥秀(よしひで)選手をご存知でしょうか? 東洋大学の学生さんです。男子陸上短距離の期待の星らしい*1。
◇*HP「桐生祥秀 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%90%E7%94%9F%E7%A5%A5%E7%A7%80&biw=1280&bih=683&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=HuIkVMrDOoam8AX0hoDoBg&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ
■高校3年生のときに、100mを10秒01で走ったことがあるそうです。もうちょっとで10秒の壁を破れそうです。ひょっとしたら、いつかは日本人として初めて9秒台の記録を出してくれるかもしれません。
■ところで、最近の陸上競技では、出発の合図の号砲にもケーブルがついていますし、スターティングブロックと呼ばれる発射台のような装置にも検知器がついています。選手が左右の足をかける発射台は、圧力の変化を感知するらしい。1/1000秒単位で、つまり0.001秒のフライングも検出するようです*3。
◇*HP「スターティングブロック - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=Tt8kVKjODuGmigLx7oGACg&ved=0CAcQ_AUoAg&biw=1280&bih=683&dpr=1.5
■では、スタートの号砲から次の秒数で走り出した選手は、フライングなのでしょうか? フライングと判定される事例を選んで下さい。(フライングと判定される事例は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]号砲と同時に走り出した
[ろ]号砲から0.010秒経ってから走り出した
[は]号砲から0.050秒経ってから走り出した
[に]号砲から0.100秒経ってから走り出した
[ほ]号砲から0.150秒経ってから走り出した
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]と[ろ]、[は]がフライングとされる
説明:平成26年(2014年)現在の陸上競技の約束事では、号砲から0.1秒ちょうどで走り始めたなら、フライングと呼ばれないそうです。それより少しでも早ければ、フライングと認定されるらしい。
■平成23年(2011年)の世界陸上では、100mの決勝でウサイン・ボルト選手がフライングと判定され、失格したそうです。ボルトも号砲から0.1秒未満で走り出してしまったようですね。
■基準はなぜ0.1秒に設定されているのでしょうか。「音を感知した耳の神経から、脳を経由して筋肉へ電気信号が送られるまでには、0.1秒以上かかると考えられている」からだそうです。ヤマカンで走り出すのは許されていないらしい。号砲を聞いてから走り出さないと失格にされちゃうようです。
■ところで、平成21年(2009年)に国際陸上競技連盟の主導で行なわれた研究報告によれば、スタートの反応時間は0.08秒まで短縮できる可能性があるらしい。この報告書に名前をつらねた石川昌紀(まさき)大阪体育大学准教授によれば、次のような仕組みらしい。「脳内を電気信号が順々に伝わる時間には、遊び(タイムロス)があります。そこで、脳内を電気信号がショートカットしたり、電気信号がタイムロスなく伝わる状態ができれば、脳内での伝達時間は約0.01秒短縮できる可能性があります。加えて、脚ではなく腰の筋肉で動きだせれば、脊髄の神経からの伝達距離が短いぶん、さらに約0.01秒の短縮が可能です」。合計で0.02秒の節約が可能であり、0.08秒程度で反応しうる可能性があるようです。今後は、ルールが変更されるのかな。
■号砲の空気振動は、耳から入ってきます。聴神経を経由して脳幹に入った情報は、聴覚野、運動野と通過し、脊髄へと伝達されていくとのこと。ここまで、タイムロスがある場合なら0.065秒ぐらいかかるらしい。ところがまるでタイムロスがなければ0.055秒程度で脊髄までは情報が伝わるそうです。さらに筋肉に電気信号が届いてから動き出すのに、腰回りなら0.025秒程度、膝下なら0.035秒ぐらいかかるらしい。腰回りの筋肉から動き出すなら合計0.08秒での飛び出しができるのかな。
■ちなみに神経を情報が伝わる時間は、人間の場合は身体が小さいのでほぼ瞬時です。でも恐竜などでは身体が大きいだけに時間がかかるらしい。以前にご紹介したアルゼンティノサウルスという巨大恐竜の場合、体長は35m前後まで発達するといわれます。痛覚の伝わる速さが秒速12〜30mぐらいとのこと。あなたが尻尾の先端を踏みつけた場合、脳に痛みが届くまでには、いちばん遅い場合なら3秒ぐらいかかるらしい*4。おなじ速度ならば、人間の場合では0.15秒ぐらいで「痛いッ!」となるようです。
◇*HP「アルゼンティノサウルス - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%90%E7%94%9F%E7%A5%A5%E7%A7%80&biw=1280&bih=683&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=HuIkVMrDOoam8AX0hoDoBg&sqi=2&ved=0CAYQ_AUoAQ#tbm=isch&q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9&imgdii=_
◆参考*1:HP「桐生祥秀 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E7%94%9F%E7%A5%A5%E7%A7%80
◇*2雑誌「いざ号砲! 反応時間の限界『0.1 秒』は切ることができる?」Newton (ニュートン) 2012年8月号20〜21頁、ニュートンプレス
◇*3HP「陸上(トラック)|計時システム|スポーツ協賛|ハーモニー with SEIKO|セイコーホールディングス株式会社」
http://www.seiko.co.jp/harmony/sports_timing/timing_system/track.php
◇*4HP「史上最大の生物である巨大恐竜。1日にどのぐらい食べたの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200806/article_29.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんとなく納得いかないですね。
0,00・・・・0001秒でも号砲の後ならいいような気もしますがね?
ねこのひげ
2014/09/27 19:30
コメントをありがとうございます。

 いまは短距離の王者はたくさん稼げる時代ですからねぇ。いちかばちか、ヤマをかけて飛び出す奴も当然いるのでしょう。そんな奴には勝たせない。儲けさせない。
 陸上競技を仕切っている連中は、そう考えているのかもしれません。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/09/27 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
スタートの号砲とほぼ同時に走り出した天才陸上選手。フライングなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる