町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS マラリア蚊を絶滅させる方法を発見。雄の性器を短小にしてしまうの?

<<   作成日時 : 2014/08/08 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:いまアフリカでエボラ出血熱というウイルス性の感染症が流行して問題になっています。世界保健機関(WHO)が8月4日に公表したところによれば、今年の犠牲者は887人。これは従来にない数で、深刻な事態と考えられているとのこと*1。
■アフリカでは、他にも伝染病があります。たとえばマラリアですね。こちらはマラリア原虫とよばれる微生物が引き起こす感染症だそうです。羽斑蚊(はまだらか)と呼ばれる蚊が媒介するとのこと。羽斑蚊の媒介を指摘したお医者さんは1902年(明治35年)のノーベル賞を受賞しているらしい。
◇*HP「ハマダラカ マラリア - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=gX7hU_q_O5Dh8AXu9oDYBQ&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=967&bih=1243
■参考資料*2の国立感染症研究所のHPによれば、WHOの推計ではマラリアの罹患者(りかんしゃ)は年間2億人、死者は200万人と見られているそうです。死亡率は1%ほどなのかな。さほど高くはありませんが、それにしても年間200万人が亡くなっているのは、人類にとっての損失です。
■最近、羽斑蚊に遺伝子操作を行なうことで、根絶させてしまう技法が開発されたというニュースがありました*3。ひょっとしたらマラリア退治に役立つのかもしれません。では、この技法では、次のどのような作戦がとられているのでしょうか?
[い]雄の性器を短小にし、授精の確率をさげる
[ろ]雄を早漏にし、授精の確率をさげる
[は]雄を雌化し、雌に性欲を抱かないようにする
[に]雌の性器に瘤(こぶ)をつくり、雄の性器が入りにくいようにする
[ほ]雌を雄化し、卵を産む数を減らす
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]雌を雄化し、卵を産む数を減らす
説明:ある生き物の個体数を減らす方法の1つは、その生き物の雌を減らすことだそうです。一般に、雄はさまざまな雌に精子を分け与えることができますので、雄の個体を減らしても有効性は低いらしい。雌の数が減ることは、その種の個体数を減らすことに直結するようです。
■羽斑蚊の場合も雌を減らせば全個体数も減るという現象がみられるようです。ロンドン大学のガリジ博士という人は、雌の染色体を破壊することで雄を増やそうと試みたらしい。
■羽斑蚊も人間に似て、雄はXY、雌はXXという性別にかかわる染色体を持っているそうです。「X染色体を破壊することで、雄をふやすことを試みた。X染色体を切断する酵素の遺伝子をハマダラカに組みこんだところ、産まれた子孫の95%以上が雄となった」とのこと。
■この遺伝子をもつ雄と、野生の雌を50匹ずつまぜて飼育したらしい。わずかに6世代で100匹だった集団は全滅したとのこと。羽斑蚊はたいへん寿命が短く、自然界ではおおむね1〜2週間だそうです。6世代もきっと3ヶ月以内なんでしょうね。
■いますぐ実用化とはいかないまでも、将来には羽斑蚊は絶滅させられる可能性があるようです。マラリアが激減する可能性もあります。
■ちょっと恐いのは、羽斑蚊がいなくなった場合、どんな現象が起こるのかということですね。中国の指導者だった毛沢東(もうたくとう)は、20世紀の半ば過ぎに穀物の増収、飢餓の根絶を目指したようです。雀は穀物を奪う害鳥だからと敵視し、国民に雀殺しを奨励しました。その結果、雀に食われていた害虫が跋扈(ばっこ)することになり、収穫量はさらに減ってしまったそうです。Wikipediaによれば「推計2000万人から5000万人」という多くの餓死者を生んだといわれます*5。
■人間が発見している生き物は、全体の20%にも満たないという主張を聞いたことがあります。大部分は未発見なのかもしれません。でも自然の営みにはすべての生き物が複雑にからみあっているようです。当然ながら、人類はそれらについて知らないことだらけ。いま多く存在している生き物1種を絶滅させてしまう。その行為によって、どこにどんな影響が生まれるのか。評価はおろか、たしかな推測すらできないはずです。羽斑蚊君たちも自身の運命が心配でしょうが、人類としても自身の運命を心配せずにはいられません。
◆参考*1:HP「エボラ出血熱死者887人に 感染拡大懸念 NHKニュース」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140805/k10013550871000.html
◇*2HP「マラリアとは」
http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/519-malaria.html
◇*3雑誌「遺伝子操作で蚊を根絶」Newton (ニュートン) 2014年9月号5頁、ニュートンプレス
◇*4HP「マラリア - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2#.E3.83.8E.E3.83.BC.E3.83.99.E3.83.AB.E8.B3.9E
◇*5HP「大躍進政策 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%BA%8D%E9%80%B2%E6%94%BF%E7%AD%96

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中国が毛沢東の御世の時代に、三無い運動とかいって、米を食べるスズメを大量に殺したら、害虫が増えてかえって米の収穫が激変したというのがありましたね。
ハマダラカを絶滅させたら、別の害虫が大量に増えたりして・・・(≧◇≦)
ねこのひげ
2014/08/10 06:23
コメントをありがとうございます。

 羽斑蚊は日本国内にもいるそうです。でもマラリアの患者はとても少ない。羽斑蚊を絶滅させずにマラリア患者を減らすことはできそうな気もしますけど。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/08/10 10:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
マラリア蚊を絶滅させる方法を発見。雄の性器を短小にしてしまうの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる