町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準1級程度難易度の高めの四字熟語。「意気軒昂」は「意気揚々」と同じ意味なの?

<<   作成日時 : 2014/08/04 07:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:漢検準1級の四字熟語問題です。難易度は高めですが、1級ほどチンプンカンプンなことはありません。
■見出しの問題の答えは「違う意味」になるらしい。「大辞泉」によれば、「意気軒昂」は「意気込みが盛んで、元気いっぱいなさま」だそうです。「意気揚々」は「得意なさま」だそうです。
■どちらかといえば「意気揚々」は試合とか勝負とかのあとの様子らしい。結果に対する満足感が表現されています。「意気軒昂」は、試合前・勝負の前の様子なのかな。
■本日は、漢数字「一」を含む四字熟語の意味についてのクイズです。以下の5つの説明のうち、正しいものを選んで下さい。(正しい記述は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]「一張一弛」は、「気持を張り詰めたり緩めたりしなければならない状況で、集中力を維持するのが大変」という意味である
[ろ]「一竿風月」は、「南画の代表的な図柄であり、マンネリの代名詞」である
[は]「一虚一盈」は、「目が虚ろになったかと思うと突然はしゃぎ出す。情緒不安定なさま」を意味する
[に]「一壺千金」の「壺」は、瓢箪(ひょうたん)を意味している
[ほ]「一世木鐸」は、「創業者はたいていの場合、偉い人である」という意味だ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:[に]が正しい
説明:[い]「一張一弛」は、「気持を張り詰めたり緩めたりしなければならない状況で、集中力を維持するのが大変」という意味である(×)
■「一張一弛」は「イッチョウイッシ」と読むらしい。「弓の弦を強く張ったり、緩めたりすることから、人に厳しく接したり、優しく接したりすること」だそうです。
□参考資料*1の漢検用問題集には、「政治家や教育者の心得」とありました。政治家はともかく、教育者は態度や姿勢をそんなに変えてもいいのかな。日本人にはいけないことのように見えます。中国では問題ないというか、お勧めの方法なのでしょうかね。
[ろ]「一竿風月」は、「南画の代表的な図柄であり、マンネリの代名詞」である(×)
■「一竿風月」は「イッカンフウゲツ」と読むらしい。「俗世を離れた悠々自適の境地」をいうそうです。竿というのは釣り竿ですね。
□唐の柳宗元(リュウソウゲン)という詩人の江雪(コウセツ)という五言絶句を思い出します。
---千山鳥飛絶(せんざんとりのとぶことたえ あたりの山には鳥も飛ばず)
---萬徑人蹤滅(ばんけいじんしょうめっす 人の気配はどこにもない)
---孤舟簑笠翁(こしゅうさりゅうのおきな 笠をかぶり蓑を着た老人の舟だけが見える)
---獨釣寒江雪(ひとりつるかんこうのゆきに 雪の降りそそぐ川に釣り糸を垂れている)
括弧内の訳は町人によるものですので実に怪しい。信じないで下さい。
□以前にもご紹介したかもしれません。高校のときの漢文の先生は、試験の解答用紙の裏に、五言絶句とか七言絶句を1首書くと無条件で5点くれました。20首書ければ、表側が白紙でも満点になる勘定です。「論語」だの「孟子」など、漢文の細かいことはすべて忘れてしまいましたが、五言絶句などは、いまでも覚えているものがあります。この「江雪」という詩もそのひとつです。
□漢文だの古文だのの授業は、大人になったときの金儲けにはあまり役立ちません。でも、漢詩にせよ短歌にせよ、覚えていると、なんとなく気持は豊かになります。あの先生は偉かったな。漢詩を暗記させた彼の意図は不明ですが、少なくとも生徒の1人はとても感謝しています。
[は]「一虚一盈」は、「目が虚ろになったかと思うと突然はしゃぎ出す。情緒不安定なさま」を意味する(×)
■「一虚一盈」は、「イッキョイチエイ」と読むらしい。「あるときは空しく、あるときは満ちて、常に変化し、予測しにくいことのたとえ」だそうです。気象庁の予報官諸兄諸姉に贈りたい四字熟語ですね。
□「盈」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「エイ、みちる」という字音・字訓があります。どんなものにせよ、余るほどあるのが「盈」のようです。たしかに皿の上に乗った漢字の部品はあふれてこぼれそうですね。
[に]「一壺千金」の「壺」は、瓢箪(ひょうたん)を意味している(○)
■「一壺千金」は「イッコセンキン」と読むらしい。「事物の勝ちは時と場合によることのたとえ」だそうです。川で溺れているときには、浮き袋の代用になる瓢箪1つが千金の価値を持つわけですね。なお、漢和辞書「字通」によれば、「壺」には「ふくべ」、すなわち瓢箪の意味があるそうです。
□ケチな親子の話です。川で溺れている父親を助けてくれと子供が頼みます。泳ぎの達者な男が5両くれたら助けてやろうといいます。そりゃ高い、2両にしてくれと頼みます。それじゃ引き受けられない。じゃあ3両までなら出すといっても相手はうなずきません。父親は流されてしまいそうです。しょうがない、4両と提案しようとすると、親父が叫びます。3両が限界だぞ。4両なんて絶対に出すなよ。そのぐらいなら俺は流されるほうがマシだ。…わけのわからん小噺ですね。
[ほ]「一世木鐸」は、「創業者はたいていの場合、偉い人である」という意味だ(×)
■「一世木鐸」は「イッセイボクタク」と読むらしい。「世間の人を目覚めさせ、教え導く人」を意味するそうです。
□「木鐸」は「文教をふれる者、また世の指導者」を意味するらしい。そもそもは「古代中国で、法令などを広く人民に示すときに振り鳴らした、木の舌のついている大きな鈴」のことだそうです。転じて指導者の意となったらしい。
□我が国では、残念ながら「木鐸」は薄汚い言葉になってしまいました。新聞が自らを「木鐸」だなんて言い出したからです。財閥の手先となって新興企業を潰しにかかったり、人々を扇動して暴動を起こさせたり、架空会見記事を載せたり、他国の手先となって日本国民を貶(おとし)めたり、珊瑚に自ら悪戯書きをして「誰がやったのか知らないが、お前たち一般国民はこんなにも不道徳だ」と教訓を垂れてみせたり。そんな連中が自分たちは木鐸だと主張しています。「人々を不幸に導く悪しき道案内」の意味にしかとれません。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定準1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20422-2、成美堂出版
◇*2HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「漢字源」藤堂明保、学習研究社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこのひげも学校の漢文の授業で習った覚えがあります。
漢詩はなぜか好きで、勉強しなくても、テストでいい成績を取れました。
好きこそものの・・・の典型でありますな〜
ねこのひげ
2014/08/10 06:03
コメントをありがとうございます。

 素町人の場合は、点数獲得という不純な動機がありましたけれど、そんな誘導をされなくても漢詩が好きというのは立派だし、高尚だと思います。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/08/10 11:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検準1級程度難易度の高めの四字熟語。「意気軒昂」は「意気揚々」と同じ意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる