町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都の怪談。手の平に眼のついた化物が棲んでいたのは小栗栖(おぐるす)なの? 知恩院なの?

<<   作成日時 : 2014/08/20 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:お盆は過ぎてしまいましたが、まだまだ怪談にはふさわしい蒸し暑さです。
■本日は、鳥山石燕(せきえん)という江戸中期に活躍した浮世絵師の「画図百鬼夜行」という妖怪画集からの出題です。京都のある場所には、口絵に見られるように、顔には眼がないけれど、なぜか手の平には眼があるという不思議な化物が棲んでいたそうです。
■江戸前期の怪談本の古典「諸国百物語」によれば、この化物は巨大な老人だったそうです。では彼がときどきあらわれて人々を驚かせたのは、京都のどこだったのでしょうか?
[い]知恩院
[ろ]小栗栖
[は]東洞院(ひがしのとういん)
[に]帷子ノ辻(かたびらのつじ)
[ほ]七条が原(しちじょうがはら)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]七条が原(しちじょうがはら)
説明:大昔、七条が原には墓地があったようです。お墓に若者が行くと、化物に遭遇してしまいました。80歳ぐらの巨大な老人だったらしい。顔はすすけていますし、手の平に眼がついていたそうです。歯をむき出して若者に襲いかかってきたらしい。80歳なのに歯の丈夫そうな人ですね。
■若者は近くに寺を見つけて逃げこんだそうです。長持(ながもち)の中に隠れたらしい。長持は、昔の収納家具で、衣類や寝具などをいれておいた大きな箱です。人間が1人隠れられるほどの大きさがあるわけですね。
◇*HP「長持 - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%95%B7%E6%8C%81&hl=ja&rlz=1T4GGHP_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=ujb0U9DyMYrc8AXJqIKgDg&ved=0CAgQ_AUoAQ&biw=818&bih=1054&dpr=1.3
■化物はあたりを探していたようですが、あきらめて戻っていったらしい。のちに長持の中の若者を見ると、骨が無く、皮だけになっていったらしい(「諸国百物語」巻之三「ばけ物に骨をぬかれし人の事」)。
■七条が原が、発音が同じである七条河原なのかどうかはわかりません。平安時代には六条河原にも処刑場があったと聞きます*5。墓は関係があるのかな。
■手の平に眼のついた化物が、長持を開きもせずになぜ若者を骨抜きにできたのか。謎です。なんとなく、手品のようにも見えますね。
■なお、他の選択肢にもそれぞれ怪奇な現象があったそうです。知恩院前の松屋七左衛門というオジサンは、娘のために古着屋から着物を買ってきます。ほぼ同時に娘は病気になってしまったらしい。ある夜、七左衛門は娘と同じ着物を着た幽霊に会ったとか。気味が悪いのでその着物は売ることにします。
■衣紋掛けに掛けておいたら、着物の袖から白い手だけが出てきたらしい。幽霊ですね。着物をよく調べると、肩先から袈裟懸け(けさがけ)に斬られた跡があったらしい。奉公先で手討ちにされた娘の魂がさまよっているのかと哀れに感じた七左衛門は弔いをしてやったそうです。それを境に娘の病気は快方に向かったとか。
■他の怪奇現象については、また機会を改めます。
▼知恩院前の松屋七左衛門が買った古着から手が出た
画像

◆参考*1:HP「諸国百物語 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E7%99%BE%E7%89%A9%E8%AA%9E
◇*2HP「鳥山石燕 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%B1%B1%E7%9F%B3%E7%87%95
◇*3HP「画図百鬼夜行 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%9B%B3%E7%99%BE%E9%AC%BC%E5%A4%9C%E8%A1%8C
◇*4書籍「江戸諸国百物語 西日本編」初版4〜5頁、ISBN4-7959-1956-9、人文社
◇*5HP「「六」という数字が好きだったという歴史上の有名人とは誰のこと? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201406/article_18.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
都会のみならず田舎でも街頭などが煌々と照っていて、お化けも出にくくなったろうなと言っている人もおりましたが、『妖怪ウォッチ』とかいう化け物が出てきて大流行りしておりますな〜
化け物も出方を変えるようで・・・(*^▽^*)
ねこのひげ
2014/08/24 08:02
コメントをありがとうございます。

 昨日、女子サッカー・なでしこリーグのオールスターゲームをやっていました。ポルカ軍(片方のチームの名前)では、ゴールが決まったら、妖怪ウォッチにまつわるパフォーマンスを控え選手も含めてやっていたようです。
 妖怪ウォッチに関係するというのは、アナウンサーの言葉からわかりました。でも、悲しいことに流行にうといので、まるでピンときませんでした。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/08/24 14:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都の怪談。手の平に眼のついた化物が棲んでいたのは小栗栖(おぐるす)なの? 知恩院なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる