町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS テントウムシは夏になると毎日昼寝をするの?

<<   作成日時 : 2014/08/19 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:テントウムシは漢字では天道虫とか瓢虫、紅娘と書くらしい。天道虫という表記は、「お天道様の方へ進む」ところから生まれたそうです。実際に上へ上へと植物の枝を登っていくらしい。上昇志向が強いのかな。枝や茎の先に、餌となるアブラムシがいるからともいわれます。食事が済んだらどうするのかな。枝を引き返すことはせずに新たな餌場に飛んでいくのかもしれません。
■日本には150種類ほどが棲息している甲虫です。世界では4000種ものテントウムシがいるらしい。なかなか繁栄しているようですね。
■本日はテントウムシについての雑学クイズです。下の5つの記述のうち、正しいものを選んで下さい。(正しい説明は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]ナナホシテントウムシは夏になると毎日昼寝をする
[ろ]南米に棲む大きなテントウムシは、野球のボールを半分に切ったほどのサイズがある
[は]テントウムシは敵に襲われると苦い液を出して攻撃する
[に]ナナホシテントウムシの雌は1日に100匹ものアブラムシを食べる
[ほ]ニジュウヤホシテントウムシは羽の星が28個、ナミテントウムシは羽の星が10個ある
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]が正しい
説明:[い]ナナホシテントウムシは夏になると毎日昼寝をする(×)
■正しくは、「…夏になると夏眠をする」だそうです。カミンという発音は仮眠に似ています。でも意味は違うらしい。
□いまごろのような暑い時期、27度C以上の気温では、餌にするアブラムシが減ってしまうらしい。労力のわりには狩りの成果が上がらなくなるようです。「世の中に 寝るほど楽は なかりけり 浮き世の馬鹿は 起きて働く」と嘯(うそぶ)いているのかどうかは知りませんが、ナナホシテントウムシは落ち葉の下の凉しいところで眠ってしまうようです。消費エネルギーを抑え、気温が下がって餌を捕まえやすくなるのを待つらしい。
◇*HP「テントウムシ アブラムシ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=UyXmU97rDs7c8AWrzoGQAw&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1371&bih=732#q=%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7&tbm=isch
[ろ] 南米に棲む大きなテントウムシは、野球のボールを半分に切ったほどのサイズがある(×)
■3億年ぐらい前には、現代のカモメと同じ大きさの肉食性のトンボ、メガネウラが空を飛び回っていたといわれます。広げた翼の長さは70cmにも及ぶとか。なんだか恐いですね。
□そのころであれば、野球のボールどころか、ヘルメットほどのサイズのテントウムシもいたかもしれません。現在では、テントウムシは世界中を探しても大型のものはいないらしい。参考資料*2によれば、「おおきなものでも14mmほどしかない」とのこと。小さいのは1mmほどのもいるそうです。
[は]テントウムシは敵に襲われると苦い液を出して攻撃する(×)
■敵に捕捉されたとき、テントウムシが黄色い苦い液を出すのは事実だそうです。鳥の嘴(くちばし)などにくわえられたときですね。人間の子供につままれたときも同様らしい。でも戦う姿勢はあまり見せないようです。「攻撃する」はちょっと言い過ぎかもしれません。
□苦い液はテントウムシの血だそうです。危険を感じると、足の関節の膜が破れ、臭くて苦い血が出てくるわけですね。食べてもおいしくないよと伝えているらしい。テントウムシの幼虫もまた、外敵に対して同じ反応を示すそうです。
□テントウムシによっては、擬死という行動をとる場合もあるようです。死んだふりですね。まるで動かなくなるとか。これで諦めてくれる敵もいるらしい。
□小鳥たちはテントウムシがまずいのを知っているので、まず食べたりはしないようです。たまに世間知らずの小鳥がいると、苦汁をなめることになるのかな。
□テントウムシの天敵はクモとかハチらしい。テントウハラボソコマユバチという長い名前のハチは、ナナホシテントウムシの体内に針を刺し、産卵するとのこと*2。寄生された個体は孵化した幼虫たちに生きたまま餌にされてしまうとのこと。もちろん最後はあの世行きのようです。
[に]ナナホシテントウムシの雌は1日に100匹ものアブラムシを食べる(○)
■小さな体なのにとても大食漢のようです。アブラムシのサイズにもよるのでしょうけれど、1日に100匹ものアブラムシを食べてしまうことがあるらしい。とくに産卵を控えた雌は健啖家のようです。
□それだけたくさん召し上がっているのに、ナナホシテントウムシの雌は黄色い小さな卵を30個ほど産むだけらしい。1日に最大100もの命を奪い、それを何日も積み重ねて作りあげる命は30なのか。赤字に見えますね。
◇*HP「ナナホシテントウムシ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=UyXmU97rDs7c8AWrzoGQAw&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1371&bih=732
[ほ]ニジュウヤホシテントウムシは羽の星が28個、ナミテントウムシは羽の星が10個ある(×)
■ニジュウヤホシテントウムシは、たしかに多くの星を背負っているようですが、すべての個体が28の星というわけではないようです。また、ナミテントウムシも星の数は一定していないようです。親の星の数による遺伝で決まるらしい*4。多くのテントウムシではサナギから羽化した直後は星の模様が見られないらしい。時間の経過とともに表れるようです。
◇*HP「ニジュウヤホシテントウムシ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=UyXmU97rDs7c8AWrzoGQAw&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1371&bih=732#q=%E3%83%8B%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7&tbm=isch
□ちなみに、知名度が高いのはナナホシテントウムシですが、日本でいちばん多くみられるのはナミテントウムシらしい。
◇*HP「ナミテントウムシ - Google 検索」(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=UyXmU97rDs7c8AWrzoGQAw&ved=0CAYQ_AUoAQ&biw=1371&bih=732#q=%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7&tbm=isch
◆参考*1:HP「テントウムシ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7
◇*2雑誌「あざやかな色は警戒色 テントウムシ」Newton (ニュートン) 2014年5月号112〜115頁、担当編集者森久美子、ニュートンプレス
◇*3HP「ニジュウヤホシテントウ」
http://www.asahi-net.or.jp/~pv4r-hsm/tentoumusidamasi.html
◇*4HP「ナミテントウの斑紋」
http://nemutou.fc2web.com/namitento/namitento.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
星の数だけで、違うテントウムシという事になっているんですかね?
けっこうアバウトなら七つ星のニジュウヤテントウムシやナミテントウムシがいてもよさそうですね。
ねこのひげ
2014/08/24 08:08
コメントをありがとうございます。

 旧陸軍の場合ですと、階級章の星の数の差は決定的だったようです。
 テントウムシの場合も、背中の星が少ないと階級は二等兵であり、ニジュウヤホシテントウムシぐらになれば、大将級の扱いをして貰える…なんてことはないのかな。

 素人考えでは、テントウムシの場合の背中の星の数は、種の違いを特定する決め手にはならないような気がします。
 ひょっとしたらですが、7つぐらいしか斑文のないニジュウヤホシテントウムシもいるのではないかと憶測しています。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/08/24 15:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
テントウムシは夏になると毎日昼寝をするの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる