町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代の女社長伊藤宇多(うた)。彼女が基礎を築いたと言われる百貨店はどこなの?

<<   作成日時 : 2014/07/02 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:伊藤宇多という女性をご存知のかたは少ないかもしれませんね。140702現在のWikipediaでも立項されていません。
■なかなかの女傑であり、商才に長けていたらしい。ある老舗百貨店の基礎を築いたといわれます。では、その百貨店とは次のどれでしょうか?
[い]白木屋
[ろ]大丸
[は]松屋
[に]松坂屋
[ほ]高島屋
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]松坂屋
説明:昨今では、日本の総理大臣みずから「女性が輝く日本へ」という謳(うた)い文句を掲げているらしい。日本はまだまだ女性の力を活用していないじゃないか。そんな意味なのかな。
■例外なのでしょうけれど、江戸時代にも輝く女性はいました。たとえば歌舞伎を創り出した出雲の阿国(おくに)は芸能分野の巨星です。千両役者といわれた市川團十郎も芳澤あやめ(女形)も太陽のような阿国なしではまるで輝けない惑星のような存在です。もちろん「朝顔に つるべ取られて もらい水」の加賀の千代女(ちよじょ)も俳句界の星ですし、北辰一刀流の美少女剣士千葉さな子は、千葉道場だけでなく、剣道界の星だったのかな。坂本龍馬にとっても星だったという噂もあります。
■伊藤宇多も大きな星だったようです。もともとは名古屋のいとう呉服店に伊勢の佐々部家から15歳で嫁いできた当主の嫁だったらしい。いとう呉服店は、慶長(けいちょう)16年(1611年)に創業したという老舗です。伊藤宇多は享保(きょうほう)18年(1733年)生まれらしい。寛延(かんえん)元年(1748年)前後に結婚したわけかな。
■結婚したころは喜代(きよ?)と名乗っていたようです。旦那は祐潜(すけゆき)という人物らしい。ところが祐潜君は、あいにく若死にします。すぐに8代目を継ぐ祐清(すけきよ?)君と結婚したらしい。お家大事の家風ですと、兄が死ぬと弟と再婚なんてことがありますよね。いとう呉服店でもそんな形だったのかな。
■ところがさらに運の悪いことに祐清君も早目に往生してしまいます。さらに9代目を継ぐ祐正(すけまさ?)君と結婚しますが、祐正君もまた短命です。
■落語には「短命(たんめい)」という艶笑ネタがあります。オカミサンがやたらと美人だと旦那が短命だというお話です*3。3人立て続けに死ぬところがいとう呉服店と似ています。「食事時だ。お膳をはさんで差し向かい。おかみさんが、ご飯なんかを旦那に渡そうとして、手と手が触れる。白魚を5本並べたような、透き通るようなおかみさんの手だ。そっと前を見る。……ふるいつきたくなるような、いい女だ。……短命だよ」。
■もしいとう呉服店の7〜9代目が揃いも揃って腎虚(じんきょ)で亡くなったとしたら、美人も罪ですね。死んでもいいから美人とやりまくりたいというかたもおいでになるでしょうけれど。
■それはともかく、これはアカンと危機感を抱いたいとう呉服店の幹部は、もうオカミサンを当主にするしかないと覚悟を決めたようです。で、当時はそんなに多くなかった女性社長が誕生したらしい。宝暦(ほうれき)4年(1754年)ごろ、満21歳ぐらいの話です。このとき、覚悟を示すためなのか、喜代から宇多へと改名したらしい。
■なお、江戸時代でも女性の経営者はいたようです。落語「因果塚の由来(いんがづかのゆらい、別称お若伊之助)」に登場する美少女お若の母親は、旦那に死なれた後を継いで薬屋を切り盛りしていたらしい。子供にかなりの贅沢をさせられるほどに儲けていたようです。
■商才があった宇多は、いとう呉服店を繁盛させたらしい。未亡人となって9年後、宝暦(ほうれき)13年(1763年)に再婚したようです。宇多は満30歳ぐらいでしょうか。このご主人、祐恵(すけよし)は11代目の当主となり、宇多は家督を譲ったらしい。
■明和(めいわ)5年(1768年)、宇多が満35歳のとき、11代当主祐恵は江戸の松坂屋を買収します。いとう呉服店あらため松坂屋は、以降さらに繁盛し、幕府の御用商人になったそうです。もちろん、ご主人祐恵の力だけではないのでしょう。もし「短命」の原因を作るような美貌だとしたら、彼女の営業活動も、江戸城の人々の心を動かした可能性もあるのかな。
◆参考*1:HP「伊藤宇多 とは - コトバンク」
http://kotobank.jp/word/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%AE%87%E5%A4%9A
◇*2書籍「大江戸なんでもランキング」初版46〜47頁、中田節子著、 ISBN 4-09-626065-7、小学館
◇*3HP「短命 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%AD%E5%91%BD

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本女性は、昔から強かったようですね。
表に出てわめくより、後ろで静かに睨みを利かせている方がよほどか怖い。
ねこのひげ
2014/07/03 18:46
コメントをありがとうございます。

 「後ろで静かに睨みを利かせているほうが恐い」というのはたしかにそうですね。

 伊藤宇多がホントに美貌だったかどうかはわかりませんが、少なくとも賢い女性だったのは間違いなさそうです。大きな仕事をやりとげる能力がある人ですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/07/04 10:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代の女社長伊藤宇多(うた)。彼女が基礎を築いたと言われる百貨店はどこなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる