町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 史上最強力士の1人谷風梶之助(かじのすけ)。小野川に負けたのは人助けが原因なの?

<<   作成日時 : 2014/07/12 07:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:明日から名古屋場所が始まりますね。いま、大相撲の人気力士といえば、遠藤でしょうか。横綱が全部モンゴルの人なので、ちょっとした日本代表ですね。
■力士の遠藤はなかなかいい男です。5月場所では7勝8敗で惜しくも負け越しちゃったようですが、実力をつければ大相撲人気回復の原動力となれそうです。
■名古屋場所の開催にちなみまして、本日のクイズは江戸時代の力士谷風についてです。大相撲のファンでなくても、谷風とか雷電(らいでん)といった江戸時代の名力士の名前を聞いたことがあるでしょう。強かったそうですね。谷風も雷電も生涯通算勝率が9割5分前後だそうです。おおむね20回に1回しか負けなかったわけかな。
■谷風は、本名を金子与四郎(よしろう)というらしい。仙台藩陸奥国宮城郡に、寛延(かんえん)3年(1750年)に生まれたとのこと。19歳のときに同郷の力士関ノ戸億右衛門(せきのとおくえもん?)に見いだされて入門したらしい。天明(てんめい)2年(1782年)に大関に昇進しています。当時は、大関が最高位だったらしい。
■寛政(かんせい)元年(1789年)に横綱免許となったらしい。土俵入りのときにつけている御幣(ごへい、紙の飾り)のついた太い綱が横綱だそうです。あの綱をつけることを許されたらしい。同時にそうした地位も獲得したということなのかな。小野川という力士と一緒に横綱になったらしい。これが横綱免許の最初のものという記述がWikipediaの横綱の項にあります(140712現在)*2。
■身長が6尺2寸5分だそうです。1尺は約30.3cmなので、30.3×6.25=189cmあまりでしょうか。全盛時の体重は43貫だそうです。3.75×73=161kgあまりですね。現在の幕内の大相撲力士は、今年5月場所の例では、身長186cmぐらい、体重160kgぐらい、BMI(体格指数)が46ぐらいとのこと。谷風はほぼ平均ぐらいなのかな。それにしてもみなさん凄いBMIですね。
■では問題です。谷風についての下記の記述で、正しいものはどれでしょうか? (正しい記述は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]初ガツオを売る棒手振り(ぼてふり、行商人)にやりこめられたことがある
[ろ]米屋の息子が「米俵を持ち上げられたらそっくりやるよ」と宣言して通行の人々をからかっていたのをとっちめたことがある
[は]妾の女性は27歳の大年増だったけれど、谷風はとても好きで、どこに行くにも連れて歩いた
[に]小野川に初めて負けたのは、馬が動かなくなり困っていた車引きを手伝い、上野の坂を押してあげて疲れてしまったからだった
[ほ]雷電為右衛門(ためえもん)は、谷風に弟子入りした
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]と[ろ]、[ほ]が正しい
説明:
[い]初ガツオを売る棒手振り(ぼてふり、行商人)にやりこめられたことがある(○)
■俳風柳多留には「初松魚(はつがつお) 飛ぶがごとくに 通り町」という川柳が載っているらしい。魚河岸でいきのいい魚を仕入れた威勢のいい棒手振りは、向う鉢巻の勇ましい姿で、町を走って通り抜けたようです。
□日本橋でそんな棒手振りに出くわした谷風は、値段を聞きます。あまりに高いので供の者に「負けろ」と言わせたらしい。棒手振りは、「負けるというのは関取の忌み言葉じゃござんせんかね」と言い返したようです。これには参ったのでしょうか、言い値で鰹を購入したそうです。蜀山人(しょくさんじん)こと大田南畝(なんぽ)が「仮名世説(かなせせつ)」という随筆に記している逸話らしい。
[ろ]米屋の息子が「米俵を持ち上げられたらそっくりやるよ」と宣言して通行の人々をからかっていたのをとっちめたことがある(○)
■ある米屋の馬鹿息子が道端に杭を打って米俵を固定したそうです。杭が見えないように細工しておいたらしい。通りすがりの力自慢や力士を呼び止め、「持ち上げたらそっくりやる。できなかったら天秤棒で背中を叩く」と賭けを持ちかけたそうです。
□力士が天秤棒で背中をどやされているのを見た谷風は、何か仕掛けがあるのだろうとその米俵をつかむと、怪力で杭ごと持ち上げてしまったとのこと。「インチキをしやがってとんでもない野郎だ、今度は手前の首を引っこ抜いてやる」と脅しつけたらしい。家人が飛んで出てきてひたすら謝ります。なんとか勘弁してもらったらしい。
[は]妾の女性は27歳の大年増だったけれど、谷風はとても好きで、どこに行くにも連れて歩いた (×)
■妾の女性は17歳だったとのこと。現在の「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の第十八条の六には、「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない」とあります。昔の人は性に対しておおらかですね。現代だったら17歳の愛人なんてとても持てません。
□ある弟子が谷風を激怒させたことがあるそうです。「ぶち殺してやる」と恐ろしい言葉を吐いて自室に籠もってしまったらしい。弟子の中に知恵者がいて、17歳の妾にとりなしを頼みます。妾は谷風に、「あんなに詫びているんだから、ご機嫌直してさあ行きましょう」と谷風の手をとり、部屋から出て来たそうです。きっと美人であり、頭のいい女性だったのでしょうね。谷風はベタ惚れだったようです。
[に] 小野川に初めて負けたのは、馬が動かなくなり困っていた車引きを手伝い、上野の坂を押してあげて疲れてしまったからだった(×)
■これがホントなら美談なのですが、もっと馬鹿馬鹿しいお話のようです。浅草で相撲があったとき、蔵前の米屋の店先で奉公人たちが米俵をかついだりして力競べをやっていたらしい。谷風は「俺にもやらせろ」といって両手に1俵ずつもち、拍子木のように打ち合わせたらしい。それを35回もやってから勝負に向かったとのこと。
□実は小野川もそこを通りかかり、同じように拍子木ごっこをしたようです。ただし、彼は1回だけだったらしい。谷風は腕が疲れてしまったのでしょうか。負けてしまったわけですね。
□大田南畝は谷風を贔屓(ひいき)にしていたらしく、「谷風は 負けた負けたと 小野川が かつをよりねの 高いとり沙汰」という狂歌を残しているそうです。小野川のファンが「谷風は負けた」と嬉しそうに吹聴するのが悔しかったのでしょう。
[ほ]雷電為右衛門(ためえもん)は、谷風に弟子入りした(○)
■雷電為右衛門は明和(めいわ)4年(1767年)に信濃国の豪農に生まれたそうです。天明(てんめい)4年(1784年)に入門したらしい。満17歳ぐらいでしょうか。初土俵まで6年間もあったそうですが、その間、谷風のもとで過ごしたらしい。
□昔の人は就職も結婚も葬式も今の人より早いようですが、なぜか相撲取りのデビューは遅いですね。谷風は19歳、雷電は23歳。いまでいえば高卒後、大卒後です。元横綱の北の湖は満13歳、千代の富士や貴乃花は満15歳で初土俵を踏んでいると聞きますけど。
□谷風は寛政(かんせい)7年(1795年)に流行性感冒で亡くなったそうです。まだ45歳の若さでした。人々はこの流感を「タニカゼ」と呼んだそうです。
◆参考*1:書籍「世界人物逸話大事典」初版603〜605頁、朝倉治彦・三浦一郎編、ISBN4-04- 031900-1、角川書店
◇*2HP「谷風梶之助 (2代) - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E9%A2%A8%E6%A2%B6%E4%B9%8B%E5%8A%A9_(2%E4%BB%A3)
◇*3HP「横綱 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%B6%B1#.E6.A8.AA.E7.B6.B1.E3.81.AE.E8.AA.95.E7.94.9F
◇*4HP「平成24年5月場所 幕内42力士の身長・体重・肥満度 データ提供 真石博之: 羽黒蛇の大相撲について語るサイト」
http://hagurohebi6.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-d14b.html
◇*5HP「東京都青少年の健全な育成に関する条例」
http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1012150001.html
◇*6HP「雷電爲右エ門 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B7%E9%9B%BB%E7%88%B2%E5%8F%B3%E3%82%A8%E9%96%80

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雷電の逸話ですが、狭い峠道を馬の両脇に米俵を乗せて運んでいたら、反対側から大名行列が来たので、しかたなく馬を米俵ごと抱え上げて道の端に仁王立ちになって、大名行列をやり過ごしたそうで、その怪力ぶりに驚いた殿様が相撲取りになることを進めたとか。
いまのように情報社会でないころですから、そんなことでもないと相撲取りになる機会などないのかもしれません。
ねこのひげ
2014/07/13 06:59
コメントをありがとうございます。

 昔の相撲取りはなんでそんなに怪力なんでしょうね。現代に現れたら、五輪の重量挙げもレスリングもみんな関取たちが金メダルかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/07/13 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
史上最強力士の1人谷風梶之助(かじのすけ)。小野川に負けたのは人助けが原因なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる