町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉時代の温室。どんな目的のために作られたの?

<<   作成日時 : 2014/06/28 07:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:「吾妻鏡(あずま(あづま)かがみ)」は治承(じしょう)4年(1180年)から文永(ぶんえい)3年(1266年)までの幕府の事績を編年体で記した歴史書だそうです。北条氏側、為政者側からの記述ではあるものの鎌倉時代を研究する上での基礎史料と見られているらしい。
■「吾妻鏡」には、建久(けんきゅう)3年(1192年)、源頼朝が鎌倉の往来に近く「温室」を設けたと記されているそうです。同書にはまた延応(えんおう)元年(1239年)に北条泰時(やすとき)が「温室」を建てたという記録があるらしい。北条泰時は3代目の執権です。初代が北条時政(ときまさ)。政子の親父、源頼朝の義父・岳父(がくふ)ですね。2代目は義時(よしとき)。政子の弟です。義時の息子が泰時らしい。
■現代ですと、熱帯の環境を再現するために動物園や植物園などに温室が設けられていたりします。では鎌倉時代の温室はなんのために作られたのでしょうか? 下記の選択肢から選んで下さい。(正しい選択肢は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]信仰のため
[ろ]渡来した珍しい動物の飼育のため
[は]渡来した珍しい植物の養育のため
[に]軍事訓練のため
[ほ]入浴のため
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]と[ほ]が正しい
説明:信仰と入浴。2つの目的が重なっているのは不思議かもしれませんが、実は融合しやすいものかもしれません。熱い風呂につかった御年寄が「なんまんだぶ、なんまんだぶ」とつぶやいていることがあります。
■信仰と入浴のドッキングの典型は光明(こうみょう)皇后の事例らしい。奈良時代の皇族で大仏を作らせた聖武天皇のカミサンだそうです。仏教に傾倒していたらしい。似た者夫婦かな。
■彼女はあるとき、1000人の垢を洗い流すという願を立てたらしい。修行のようですね。999人まではなんとかさばけました。満願となる最後の1人がハンセン病だったらしい。光明皇后も一瞬はたじろいだようです。でも腹を決めた彼女は厭(いと)わずにその垢を流しました。終わると病人はたちまちにして光を放ったそうです。馥郁たる芳香が浴室を満たしたとか。病人は阿〓如来(あしゅくにょらい)の化身だったそうです。「〓」の部分には門構えの中に人を3つ書く文字が入ります。喜んだ皇后はその地に阿〓寺(あしゅくじ)を建立したらしい。
■入浴の機会を下々に与えることによって功徳を積み、あわよくば死後は極楽でラクチンな生活を送りたい。中世の権力者たちはそんな欲を持っていたらしい。
■頼朝が温室と呼ばれる浴室を作ったのは、その年の春に崩御した後白河天皇の追福(ついふく)供養のためと言われています。100日間の施浴を行なったらしい。路頭に札を立て、通行する土民にいたるまで自由に浴させたとのこと。そのために100人の当番を割り当てたようです。大規模な施浴かと思われます。
■泰時は伯母である北条政子の追福供養だそうです。法華堂のかたわらに温室をたて、毎月六齋日(ろくさいにち)に僧侶に入浴させたらしい。「心あらむ輩(ともがら)、誰か(政子の)恩の誠を知らざらんや」と置文(おきぶみ)を定めたらしい。置文とは、「一族や子孫に対して、現在および将来にわたって遵守すべきことを書き記した中世日本の文書」だそうです*2。遺言書なのか家訓なのかに「俺も敬うから子孫のお前たちも敬え」と書いておいた…ということかな。御家人に対しては薪代を上納するよう求めているそうです。
■なお、この当時の風呂は、湯槽(ゆぶね)の湯につかる方式もあれば、サウナのような蒸気浴もあるらしい。頼朝と泰時の施浴がどちらだったかは不明だそうです*3。
◆参考*1:HP「吾妻鏡 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%BE%E5%A6%BB%E9%8F%A1
◇*2HP「置文 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BD%AE%E6%96%87
◇*3書籍「日本史こぼれ話 古代・中世 続々編」新書初版125〜128頁、笠原一男(かずお)/児玉幸多(こうた)編、ISBN4-634-60740-9、山川出版社

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
称徳帝の不思議な習慣。右半分の髪だけを剃らせる罰を与えたの?
●●●●●★歴史★● 問題:聖武天皇は奈良の大仏を造らせたことで知られています。仏教にやたらとはまっていた人ですね。オカミさんの光明皇后も仏教にはまっていました*2。 ■2人の間には男の子が育たなかったようです。1人は生まれたのですが早世してしまいました。しょうがないので天平(てんぴょう/てんびょう)10年(738年)、女の子を皇太子にしたそうです。女性皇太子は、後にも先にも阿倍内親王(あべないしんのう)と呼ばれるこの女性だけだったらしい。 ■天平勝宝(てんぴょうしょうほう)元年(7... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2014/12/06 08:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
光明皇后の話は読んだことがありますが、源頼朝が音質を作ったのは知りませんでした。
北条泰時も・・・・流行っていたんですかね?
健康のためにはよかったでしょうね〜(*^-^*)
ねこのひげ
2014/06/29 08:46
コメントをありがとうございます。

 下々に風呂に入る機会を与えるのが流行していたというのはありうるかもしれませんね。下々のほうも、温泉にはつかっていたんでしょうけど。
 温泉がなければ川で水浴びかな。こちらは冬は難しそうですけれど。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/06/29 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉時代の温室。どんな目的のために作られたの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる