町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS いろはかるたの決まり文句。江戸と上方、尾張の3地方で一致しているのはどれ?

<<   作成日時 : 2014/06/26 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:いろはかるたは、最近はあまり子供たちに好まれないのかな。古典に過ぎるかもしれませんね。電子式のゲームは流行りますが、花札やカルタはあまり売れないようです。
■半世紀ほど前、小学生だった町人はよくやりました。それでも低学年までだったかな。諺や決まり文句を覚えるのはかるたからという人も少なくなかったと思います。
■でも、江戸・上方・尾張では、それぞれかるたに記された言葉が違っていたようです。たとえば「い」は、江戸では「犬もあるけば棒にあたる」です。上方では「一寸先は闇」。尾張では「一を聞いて十を知る」。それぞれよく知られた決まり文句ですね。
■では、江戸と上方と尾張で一致している決まり文句はいくつぐらいあるでしょうか? 「いろは」から始まり、「ゑひもせず京」までの48文字を対象として勘定します。Wikipediaの「かるた」の項に記されている決まり文句で調べた結果です。
[い]1つもない
[ろ]1つある
[は]2つある
[に]3つある
[ほ]4つある
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ろ]1つある
説明:Wikipediaの「かるた」の項によれば、それは「へ」ですね。「下手の長談義(へたのながだんぎ)」。これは江戸・上方・尾張を問わず、使われているようです。他は一致しているものはありませんでした。
■「へ」から始まる決まり文句は少ないのかなと怪しんで参考資料*2を調べたら、たくさんありますね。平気の平左/臍(へそ)で茶を沸(わ)かす/臍を曲げる/下手の考え休むに似たり/下手の横好き/蛇に見込まれた蛙/蛇の生殺し/弁慶の立ち往生/弁慶の泣き所。
■どれでも良さそうなものですが、なぜか「下手の長談義」に一本化されています。「下手な話し手ほど話が長くなりはた迷惑」という意味ですね。校長先生と中小企業の社長の話は長いと相場が決まっています。止める人がいないからかな。
■48枚の札のうち、2箇所の札が一致して1箇所だけ仲間はずれというのが11枚ありました。江戸と尾張が一緒で上方が仲間はずれなのが4枚。尾張と上方が一緒で江戸が仲間はずれなのが7枚。尾張が仲間はずれになる事例はありませんでした。近い地域と一緒になることはあっても遠くと一緒になって中間が仲間はずれというのはないようですね。
■中には、知らない決まり文句もあります。たとえば「れ」の札は、江戸では「れうやく(良薬)は口に苦し」だそうです。これは知っているな。でも上方と尾張では「連木(れんぎ)で腹切る」とのこと。これは知らなかった。調べてみると、連木は西日本の方言で「擂り粉木(すりこぎ)」のことらしい。擂り粉木では腹は切れませんので、無理なことの喩えに使われたようです。「勉強が嫌いな僕に京大を期待されてもね。連木で腹を切れといっているようなものやね」なんて使うのかな。
■「こ」の札は、江戸は「子は三界の首枷(さんがいのくびっかせ)」です。これは子供のためにさまざまな自由を奪われるという意味ですね。子育て中はもちろん、成人してからも子供の存在により、いろいろ制約を受けることがあります。自由になりたいご夫婦はDINKS(ディンクス、ダブルインカム・ノーキッズ)になるんでしょうね。
■上方では「これにこりよ道才坊」となっています。この言葉も知りませんでした。「これに懲りよ」のむだ口らしい。「いかにも」というところを「いかにも蛸にも手は8本」などというのとおなじらしい。イカは10本の奴のほうが多数派かもしれませんけど。
■尾張では「こころざしは松の葉」というらしい。「木の葉に包むような粗末なものでも心がこもっていれば贈り物として通用する」という意味なのかな。松の葉自体は、「寸志の意で,贈り物の包み紙の上に書く語。松の葉に包むほどわずかである」という謙遜らしい。
◆参考*1:HP「かるた - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%81%9F#.E5.8F.A4.E5.85.B8.E7.9A.84.E3.81.AA.E3.81.84.E3.82.8D.E3.81.AF.E3.81.8B.E3.82.8B.E3.81.9F
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なぜ、『下手の長談義』だけだったんでしょうね。
長い話がよほど嫌われていたんでしょうね。
結婚式のスピーチなんかでも長い話にはウンザリさせられますからね〜( 一一)
ねこのひげ
2014/06/29 08:36
コメントをありがとうございます。

 素町人が聴いたいちばん気の利いたスピーチは、「酔っぱらっちゃってせっかく覚えたスピーチをみんな忘れました。簡単に言っちゃえばおめでとさんということです。どうかお幸せに!」。
 これだけでした。でも拍手は他のスピーチより多かったような気がします。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/06/29 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろはかるたの決まり文句。江戸と上方、尾張の3地方で一致しているのはどれ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる