町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 大食いで将軍にお目通りを許された男。家光の前で何を食べたの?

<<   作成日時 : 2014/06/14 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:3代目桂米朝師は、落語「ためし酒」の枕で、天保大食会という催しについて触れています。「寿司を百ナンボつまんだ」という人がいたらしい。まぁ、これは現代のテレビチャンピオンなどでも実際に再現されていますね。平成21年(2009年)3月29日付中国新聞社電によれば、かの小林尊(たける)選手は、江蘇省蘇州市で行なわれた催しで、20分間でサーモンの握り寿司164貫を平らげて優勝し、「アジア大食い王」に輝いたとか*2。
■天保大食会では梅干しを600個食べた人もいたそうです。酸っぱさに鈍感な人なのかな。塩分も当時の梅干しだと凄いでしょうね。減塩食品なんかなかったでしょうから。口が曲がってしまいそうですし、血圧や消化器系も心配です。
■天保時代(1830年〜1844年)の約200年前。3代将軍家光のころにも大食漢はいたらしい。ある男の大食ぶりが評判になり、将軍家光に上覧されることになったそうです。では、そのとき食べたのは次のどれでしょうか? (食べた物は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]蕎麦切り(現在の普通の蕎麦)を100枚
[ろ]柿を100個
[は]鰻の蒲焼き100切れ
[に]白米御飯茶碗に100杯
[ほ]砂糖10斤(きん、約6kg)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]と[ほ]を食べた
説明:この人物は、庄田小左衛門安照(こざえもんやすてる)という普請奉行だったそうです。家光による日光東照宮の造替(ぞうたい、造り替え?)事業の総監督、秋元但馬守泰朝(たじまのかみやすとも)の元で働いていたらしい。
■あるとき、日光に住む一応(いちおう)という僧侶が秋元を訪ねてきます。「庄田様は大食漢として江戸でも知られているらしいが、某(それがし)は蕎麦切りならば喰い負けることはないと思うので、勝負させていただきたい」と挑戦してきたようです。山の中の工事で、いささか気が滅入っていた秋元は面白い座興になると考え、2人を陣屋に招いて蕎麦切りをふるまったそうです。
■勝負が始まってから暫くしても、2人の食べっぷりは変わらず、なかなか決着はつかなかったらしい。庄田は、「これでは埒が明かないので飯櫃(めしびつ)に直接汁をかけて食べくらべてはどうだろうか」と提案したらしい。これを聞いた一応は、とても勝ち目はないと悟ったらしい。ほうほうのていで逃げだしてしまったとのこと。
■飯櫃を器にして蕎麦切りを喰おうと言ったのか飯を喰おうと言ったのかがわかりませんけれど、ともかく庄田の余裕は凄かったようですね。あとで秋元が台所を調べたら、庄田は勝負が決まってからさらに飯椀で50杯をたいらげてから帰ったとのこと。こちらも蕎麦切りなのか飯なのかがわかりませんが、ともかく底知れぬ大食漢だったようです。
■庄田小左衛門安照君が日光にいたのは寛永(かんえい)12年(1635年)から翌年にかけてらしい。当時46歳から47歳になるところだったようです。いい年しているのに、もの凄い健啖家(けんたんか)ではあります。
■僧一応との決戦が噂として家光のもとにも届いたらしい。上覧されることになります。で、柿100個と砂糖10斤を完食してしまったらしい。柿は、始めは種も食べていたそうです。家光から「種はいいよ」と言われたらしい。胃袋だけでなく、歯も丈夫な男だったのかな。
■この話は、「元禄世間咄風聞集(げんろくせけんばなしふうぶんしゅう)」という記録に掲載されているそうです。筆者は、庄田小左衛門安照の孫、小左衛門安利(やすとし)と親しかったらしい。ある程度の信憑性はありそうです。なお、小左衛門安利のほうも、鰻の蒲焼き80切れと飯椀6杯のご飯を食べたことがあるらしい。消化器系の丈夫さは遺伝なのでしょうね。
◆参考*1:CD「桂米朝珍品集 その六『ためし酒/あくびの稽古/古手買』」三代目桂米朝、TOCZ-5129、東芝EMI
◇*2HP「「アジア大食い王」寿司6キロ完食に中国人も「!」−江蘇 2009/03/30(月) 13:52:08 [サーチナ]」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0330&f=national_0330_016.shtml
◇*3書籍「日本史こぼれ話近世近代・続編」新書初版28〜29頁、笠原一男/児玉幸多編、 ISBN4-634-60740-9、山川出版社

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
物凄い食いっぷりですね〜(≧◇≦)
ギャル曽根さんが食べた後、レントゲンで写してみたら、胃袋が背中まで回っていたそうです。
人間の体のすごさにはあきれますね〜(*_*)
ねこのひげ
2014/06/15 05:37
コメントをありがとうございます。

 「ギャル曽根嬢は胃袋が背中まで回っていた」というのは凄いですね。胃下垂とか胃拡張というのは耳にしたことがありますが、彼女の場合は、なんと呼ばれるのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/06/15 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
大食いで将軍にお目通りを許された男。家光の前で何を食べたの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる