町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 珍名の読み方。全国の電話帳に1件しか登録がないという「几」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2014/05/08 08:33   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★日本語★
問題:今年、平成26年(2014年)は、珍名さんがマスコミに登場する年なのかもしれません。まずは1月に華々しく登場した小保方(おぼかた)さんですね。群馬県の地名にもあるそうです。さほどの珍名さんではないのかな。でも、素町人の生涯の中では、一度も名刺交換したことのない名前でした。
■次は2月ですね。佐村河内(さむらごうち)さんです。この方は広島県の出身だそうです。河内というから大阪の近くかと思いましたけど、違うようです。
■3月には、物袋(もって)さんという人物が逮捕されました。ベビーシッターなのに子供の死体を遺棄したという容疑で捕まっちゃったようです。この人の名前も珍しい。どこか地方局の女子アナにそんな苗字の人がいて、「買物袋」から「買」を取るんですと自己紹介していたという噂話がネットに流れていました。
■4月はとくになかったようですが、5月に入って名須川(なすかわ)さんという女性が逮捕されました。警察に恨みを抱いて爆発物を破裂させた疑いとのこと。このお名前の方とも名刺交換した記憶はありません。
■流行に敏なる弊クイズとしては、珍名さんの読み問題を出題せざるを得ません。例題の「几」という漢字1文字の苗字は、「つくえ」さんではないようです。「おしまずき」さんと読むらしい。「おしまずき」は、「日本国語大辞典(小学館)」によれば、@脇息(きょうそく)、A机、B牛車の部品という意味があるようです。脇息というのは、和室で使われる肘掛け(ひじかけ)ですね。お殿様などがリラックスしているときに使う家具かな(口絵参照)。
■「おしまずき」さんは、役所でも病院でもホテルでもスポーツジムでも、正しくは呼んで貰えないでしょうね。いちいち説明するのかな。電話で伝えるのはもっとたいへんです。「机という漢字の右側だけ、木のないやつ。うん、風という漢字から虫なんかの中身をとった形なんですよ。読みはオシマズキ。いいですか、大阪のオ、新聞のシ、マッチのマ、すずめのスに濁点、切手のキ。オシマズキです」となるようです*7。
■では本番です。下の5つの苗字は、いずれも全国の(ネット上の)電話帳で1件のみという絶滅危惧な苗字らしい*1。それぞれ何と読むのでしょうか?
[い]虐師
[ろ]松廼部
[は]珎宝
[に]文殊四郎
[ほ]三八九
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]虐師はぎゃくしと読む
■北海道に在住される方の苗字だそうです。虐師で「ぎゃくし」ですから読みかたとしては素直です。でも、めったに見られない苗字でもあります。
□この方面に高貴な趣味をお持ちの方々は、笞や蝋燭(ろうそく)や浣腸などの小道具を駆使して、異性や同性に歓喜を与える作業にいそしむ特殊な労働者なのかなと誤解されるかもしれません。なにしろ加虐・被虐の「虐」であります。
□常用漢字表でも漢和辞書「字通」でも「ギャク、しいたげる」という読みがあるようです。虐待・虐殺・残虐の「虐」です。「メロスは激怒した。必ず、かの邪知暴虐(ジャチボウギャク)の王を除かなければならぬと決意した」。ご存知、「走れメロス」の冒頭部分です。ここにも「虐」が使われています。悪役に使われることの多い漢字なのかな。
□当たり前ではありますが、苗字とその方の人格とは無関係です。虐師さんというお名前だから「邪知暴虐」であるという関係は成り立ちません。念のため。
[ろ]松廼部はまつのべと読む
■松廼部さんは東北にお住まいらしい。「松」と「部」は頻繁に使われる漢字です。でも「廼」がちょっと珍しい。
□「廼」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「ダイ、ナイ、すなわち」という字音・字訓があります。ただし、名前などに使われるときには、「の」という読みが用いられることが多いようです。本来は象形文字であり、発酵して酒を造るための器とその下部を包む形を表しているそうです。
□関西の人だと「松廼部」を読める人が多いのかな。曾我廼家(そがのや)を名乗る喜劇人が少なくないようです。参考資料*3には「上方喜劇の祖」という曾我廼家五郎という人が紹介されていました。超大物だった彼の死をきっかけに松竹新喜劇が生まれ、その精神を受け継いだ藤山寛美(かんび)らの活躍につながるようです。
[は]珎宝はちんぽうと読む
■珎宝さんは関東に居を構える方らしい。それにしてもこの読みかたはなかなかです。当人にその気があれば、裁判所に改名の是非を判断してもらえるかもしれません。
□「珎」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」にも掲載がありません。ATOKの文字パレットによれば、「チン、めずらしい」という読みがあり、「珍」の異体字とのこと。つまり、「珍宝さん」とおなじ意味らしい。珍しい宝ということですね。
□美術史上には、珎芬館寐言(ちんぷんかん ねごと?)という人物がいるらしい。人名検索では見つかりますが、あまり大物ではないようで、どんな人か、どんな作品を残しているのかはさっぱりわかりませんでした。でも名前は面白い。
[に]文殊四郎はもんじゅしろうと読む
■文殊四郎は、北陸地方の姓らしい。姓名ではありません。姓だけです。苗字です。名前が太郎ですと、文殊四郎太郎となります。女性の場合は、さらにややこしい。文殊四郎花子では、男性なのか女性なのかがはっきりしません。
□以前弊クイズでもご紹介したように、昔の人の名前には、ふたつの名前が重なったように見える事例がいくつかあります*4。家康に鯛の天麩羅を勧めたともいわれる京都の豪商は、茶屋四郎次郎(ちゃや しろうじろう)という名前でした。この家の当主は代々四郎次郎を名乗ったそうで、現代の我々の名前とは少し意味が違うのかもしれませんけど。勧められた天麩羅の鯛をパクパクと召し上がり、腹痛を覚えてその3ヶ月後に亡くなった家康も、通称としては次郎三郎という呼び名があったようです*5。
[ほ]三八九はさばくと読む
■「さばく」とはなかなか読めません。「みやけ」さんならぬ「みやく」さんなのかと思いました。
□同僚に一二三(ひふみ)という苗字の方がいたことがあります。お会いしたことはありませんが、七五三(しめ)という苗字の方もいるらしい。漢数字だけの苗字も、そんなに珍しくはないのかな。
□余談です。その昔、脱線トリオというお笑いタレントがいました。由利徹(ゆり とおる)・南利明(としあき)・八波むと志(はっぱ むとし)の3人でしたね。八波むと志は、九九の「八八、六十四」から来ている芸名だそうです。「六と四」で「むと志」とのこと。64歳どころか、37歳の若さで交通事故で亡くなってしまったのは残念でした*6。
◆参考*1:HP「稀少名字」
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/2907/1f.html
◇*2HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html
◇*3HP「曾我廼家喜劇の系譜 - 大阪人情喜劇の会」
https://sites.google.com/site/kamigatakigeki/ceng-wo-nai-jia-xi-juno-xi-pu
◇*4HP「家康の死因ともいわれる鯛のてんぷらを勧めたのは誰なの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200903/article_31.html
◇*5HP「徳川家康 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7
◇*6HP「八波むと志 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%B3%A2%E3%82%80%E3%81%A8%E5%BF%97
◇*7HP「通話表 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E8%A9%B1%E8%A1%A8
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、最近芸能人にも珍名産が増えてますね。
東国原さんは言わずもがなでありますが、剛力彩芽さんとか鞘師とか・・・
わざわざ珍名を探してきてデビューさせているのでは?と思っちゃいますね。
ねこのひげ
2014/05/10 06:21
コメントをありがとうございます。

 たしかに、剛力さんというのは変わった名前ですね。
 パソコンの部品、電源ユニットに「剛力」という商品名がありました。「サイズ」というメーカーのやつです。
 タレントさんのほうが登場してきたときには、ついその直方体のごついイメージを思い浮かべてしまいましたね。

 鞘師さんという方は知りませんでした。剛力さんよりもさらに若い女性タレントなんですね。ご先祖様は曽呂利新左衛門なんかと同じ職業だったのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/05/10 09:07
お久しぶりです
俺ちゃんが名刺交換した方で、一番珍しい苗字と思った方は 目(さっか)さんでしたね
ちなみに俺ちゃんの苗字は小学生の頃読んだマンガ本によりますと日本で85番目に多い苗字とのことでした、現時点で何位かは調べておりません。俺ちゃん匿名ブロガーを目指しておりますので、この辺で失礼いたします
ロング
2014/05/10 22:37
コメントをありがとうございます。

 お久しぶりです。お元気そうでなによりです。
 「目」で「さっか」はなかなか凄いですね。驚きました。
 つい興味を持ち、どういうイワレなのか調べたところ、「令制の四等官のひとつ『目 さかん』に由来するかも」という説が紹介されていました。
→http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000084475
 だいぶ古い時代からある苗字のようですね。
(^^;)
ロング 様<素町人
2014/05/11 10:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
珍名の読み方。全国の電話帳に1件しか登録がないという「几」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる