町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代の筆禍で手鎖50日の刑を受けたのは歌麿なの三馬なの?

<<   作成日時 : 2014/04/19 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:現代は、物書きや売文業者にとって住みやすい時代です。記者なら安定した給料が支払われます。朝日や読売ならかなりの高給らしい。毎日や時事通信は安いという噂ですけど。作家なら印税で楽な暮らしをすることも可能です。当たらなきゃ駄目ですけどね。
■何を書いても罰せられません。表現の自由という錦の御旗があるからかな。事実でないことをでっちあげたとしても、たとえば平成元年(1989年)の朝日新聞珊瑚記事捏造事件でも、刑事罰はいっさいなかったらしい*1。
■でも、江戸時代はそうはいきません。事実を書いても事実と異なることを書いても捕まることがあります。多くの作家が筆禍(ひっか、発表した作品が原因で官憲や社会から受ける制裁や処罰)にあいました。流行作家たちは手鎖の刑や罰金、あるいは出版停止、場合によっては所払いにされたようです。
■政治や思想が絡んだ作品ではもっと重い罰を受けます。「柳子新論(りゅうししんろん)」で日本初の民主主義を唱えた…かもしれない思想家山縣大弐(やまがた だいに)は首をちょんぎられたようです*2。「海国兵談」で国防の必要性を説いた林子平(しへい)は蟄居(ちっきょ)ですみましたが、版木などはいっさい没収されたらしい*3。
■では、次の有名な作者のうち、手鎖の刑に処せられたのは誰でしょうか? (手鎖に処せられた人はいないかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]寺門静軒(てらかど せいけん)
[ろ]山東京伝(さんとう きょうでん)
[は]式亭三馬(しきてい さんば)
[に]喜多川歌麿(きたがわ うたまろ)
[ほ]十返舎一九(じっぺんしゃ いっく)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]と[は]、[に]、[ほ]が処せられた
説明:[い]の寺門静軒だけは手鎖の刑ではなく、所払いを食らったようです。「江戸繁盛記」という江戸の紹介本を書きました。ベストセラーになったようです。林述齋(じゅっさい)という幕府の御用儒学者に讒言(ざんげん、嘘の告げ口)をされ、出版の差し止めを食らいます。それでも続編を書いたら、所払いにされてしまったようです*4。
■[ろ]の山東京伝は、黄表紙「江戸生艶気樺焼(えどうまれ うわきの かばやき)」などで知られる戯作者です*5*6*7。寛政の改革のとき、「娼妓絹籭(しょうぎきぬぶるい)」「錦之裏(にしきのうら)」「仕懸文庫(しかけぶんこ)」の3部がけしからぬと手鎖50日の刑に処せられたそうです。
■[は]の式亭三馬は、滑稽本「浮世風呂」、「浮世床」などで知られる戯作者です。まだ駆け出しだったころ、実際にあった火消しの喧嘩をネタにして、「侠太平記向鉢巻(きゃんたいへいきむこうはちまき)」という作品を書いたらしい。勝手にモデルにされた火消したちが怒り、版元と式亭三馬の家を襲撃します。2つの家はかなりひどい損害を受けたようです。家の破壊は消防の作業で得意だったのでしょうね。
■裁判になり喧嘩両成敗ということで、火消し人足数名は入牢したらしい。版元は罰金、式亭三馬は手鎖50日の刑を受けたそうです*8*9。
■[に]の喜多川歌麿は、有名な浮世絵師ですね。葛飾北斎と並んで、国際的にも有名です。春画もよく知られていますね。
■歌麿は、文化(ぶんか)元年(1804年)に、豊臣秀吉の醍醐の花見を題材にした浮世絵「太閤五妻洛東遊観之図」を描いたことで手鎖50日の刑を処されたそうです。花見酒を飲む秀吉の周囲には5人の妻(愛人も含めて)がいたらしい。絶倫将軍11代家斉(いえなり)を揶揄する意図があると疑われたようです*10。
■[ほ]の十返舎一九は、弥次さん喜多さんで知られる「東海道中膝栗毛(ひざくりげ)」が代表作です。浮世絵師でもあり、戯作者でもあったらしい*11。
■享和(きょうわ)2年(1802年)に膝栗毛シリーズを始めた2年後。秀吉をヘビ、信長をナメクジにたとえた「化物太平記」を書き上げたそうです。これが武士階級を馬鹿にしているとお咎めを受け、版元も一九も処罰されます。一九もまた手鎖50日の刑だったらしい。
■手鎖の刑は100日、50日、30日の3種類があったようです。どういうわけか、江戸時代の戯作者や浮世絵師はみんな50日ですね。どの程度のきつい刑だったのでしょうか。山東京伝の場合は、「これを深く恐れて、以後、謹慎第一に心がけるようになる。町内預りとなり定期的に手鎖の封印改めに行くたび、自由に往来する人々を大いに羨んだという。また、秘かに手鎖を解いてもらう抜け道のあることを教えられても、京伝はそれに耳を貸そうともせず、ただただ恐れ慎んだという」*12。
■式亭三馬は20代で刑を受けています。若かったせいか、手鎖の刑はあまり気にせずにのちに名作を多く残すことになりました。受けとめかたは人それぞれなのかもしれませんね。
◆参考*1:HP「朝日新聞珊瑚記事捏造事件 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%8F%8A%E7%91%9A%E8%A8%98%E4%BA%8B%E6%8D%8F%E9%80%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6
◇*2HP「山県大弐という革命オジサンは江戸時代に「人は皆平等だ」と言い放ったの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200512/article_10.html
◇*3HP「ユーモアあふれる狂歌の問題。嘘にも離れて欲しい神様とは誰なの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200806/article_21.html
◇*4HP「寺門静軒 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E9%96%80%E9%9D%99%E8%BB%92
◇*5HP「山東京伝 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E4%BC%9D
◇*6HP「山東京伝の命日。酸いも甘いも噛み分けた流行作家の配偶者はどんな人? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200709/article_13.html
◇*7HP「絵文字入り文書の先駆者? 江戸時代の絵入り暗号文書を解読できるかな? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200806/article_30.html
◇*8HP「式亭三馬 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%8F%E4%BA%AD%E4%B8%89%E9%A6%AC
◇*9HP「「浮世床」で知られる式亭三馬(さんば)。売り出すきっかけはモデルとの喧嘩だったの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/201109/article_15.html
◇*10HP「喜多川歌麿 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%9C%E5%A4%9A%E5%B7%9D%E6%AD%8C%E9%BA%BF
◇*11HP「十返舎一九 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E8%BF%94%E8%88%8E%E4%B8%80%E4%B9%9D
◇*12書籍「世界人物逸話大事典」初版444頁、朝倉治彦・三浦一郎編、ISBN4-04- 031900-1、角川書店

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
浅草寺にある文房具の碑。どんな道具の石碑なの?
●●●●●★歴史★● 問題:金龍山浅草寺(きんりゅうざんせんそうじ)。浅草の観音様は、そんな名前のお寺さんらしい。古いお寺さんです。徳川家康が江戸に来たのが1600年のちょっと前と言われています。それより1000年近く前。西暦628年ごろに創建されたお寺さんだそうです。治めていた天皇は推古天皇。最晩年らしい。 ■ちなみに、彼女は日本史上初の女帝だそうです。ということは、卑弥呼は「女帝」ではないのかな。日本が統一されていなかったころの女親分だからかな。 ■江戸時代の初期には、浅草寺は江... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2014/05/10 08:51
夏目漱石もはまった女義太夫(おんなぎだゆう)。いつごろ隆盛をみたの?
●●●●●★歴史★● 問題:落語には「寝床/素人浄瑠璃」という定番の演目があります。この話の枕では、多くの演者が明治時代の義太夫の隆盛について語っています。義太夫の中でも女義太夫はとくに熱狂的な贔屓を生んだらしい。 ■慣例として、義太夫という言葉は、芸能の分野・種類を示すとともに、演者自体を表す場合もあります。わかりにくいので、このクイズ内では芸能の種類としては義太夫節、演者を指す場合は義太夫と表記します。 ■義太夫節はいまでも文楽、人形浄瑠璃(じょうるり)で使われています。そもそも... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2014/11/19 08:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この手鎖は夜になると外して食事ができたというのを読んだことがありますが・・・
大目に見てくれたのか・・・賄賂をわたしていたのか・・・はわかりませんが・・・
山東京伝さんはまじめだったんですかね?
ねこのひげ
2014/04/21 02:19
コメントをありがとうございます。

 山東京伝はとても真面目で慎重な人だったのかもしれません。
 でも、実はこっそりはずして貰ったりしていたので、「真面目で慎重」を装っていただけかも。実際にはどうだったのでしょうかね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/04/21 08:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代の筆禍で手鎖50日の刑を受けたのは歌麿なの三馬なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる