町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬の顔はなぜ長い?

<<   作成日時 : 2014/04/18 09:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★科学★
問題:人間国宝の落語家、桂米朝師の落語「饅頭こわい」の枕です。
■「どういうわけでなぁ、わしゃわからんのやけど、あれは」。「なんや」。「馬の顔はなんであんなに長いんやろな」。「そりゃお前考えてみい。馬のあの飼葉桶(かいばおけ)な。あれ底が深いやろ。あんな底の深いところへ毎日顔を突っ込んで食うてるあいだに、だんだんなごなったんやろな、あれは」。「はぁ、んな、桶が先に出来て顔は後から出来たんかいな」。ネットもテレビもない時代の会話はのどかで楽しいですね。
■本日のクイズは馬の顔はなぜ長いかという疑問です。参考資料*1「頭にやさしい雑学読本」の説明を正解とさせていただきます。下の選択肢から選んでください。
[い]池や川などの水場で水を飲みやすいように進化した
[ろ]速く走るのに風の抵抗を減らすように進化した
[は]草を消化しやすいようにすり潰す臼歯をたくさん乗せるために長く進化した
[に]木の葉っぱと草とを両方食べるため、キリンの首のように長くなった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)





















★科学★
正解:[は]草を消化しやすいようにすり潰す臼歯をたくさん乗せるために長く進化した
説明:消化しにくい草をよくすり潰すためには大型の臼歯が必要だそうです。それを骨の上に載せるために長くて丈夫な顎が発達したというのが参考資料*1の説明です。
■ウマの最古の化石は、5000万年前のヒラコテリウムと呼ばれる動物のものだそうです。ウマのご先祖様ですね。キツネほどの大きさしかなかったらしい。森林に棲息し、葉っぱを食べていたと推測されています。
■人間とおなじように、ウマも森から草原へと進出したらしい。2500万年前、草原が発達した時代に、生きるため、あえて捕食者に見つかりやすい草原へと食物を求めて出てきたようです。走るのが速くなったのは大型肉食獣に襲われる機会が増えたからかもしれません。
■草は木の葉よりもセルロースが固いらしい。消化しにくいようです。臼歯がどんどん発達したとのこと。大きな臼歯をたくさんのせるためには顎が発達したというわけですね。
■それなら他の草食動物、たとえばウシも顔が長くなるはずです。でも、ウシの顔はそんなに長くありません。ウシの仲間は、反芻(はんすう)という方法で消化をよくしているそうです。いったん噛んで飲み込んだ食べ物を胃から口に戻してまた噛み直すわけですね。1度噛むだけで消化するのに比べて、効率がいいそうです。
■その差が出ているのか、ウマの仲間はロバなどわずかしか残っていないのに、反芻をするウシの仲間はヤギ・ヒツジ・水牛・野牛など、多くの種が繁栄しているとのこと*1。
■人間にもウマヅラという人がいて、平成22年(2010年)に亡くなった藤田まことはその代表でしたね。幕末に活躍した高杉晋作(しんさく)という人もウマヅラで知られた人らしい。口絵の写真は、右から伊藤博文(ひろぶみ)、高杉晋作、山田顕義(あきよし、初代司法大臣)だそうです。たしかに真ん中の人物だけが妙に面長ではあります。高杉晋作をからかった「こりゃどうぢゃ 世はさかさまに なりにけり 乗った人より 馬が丸顔」という狂歌があるそうです*2。そこまでひどくはない気もしますが。
◆参考*1:書籍「頭にやさしい雑学読本 1 」文庫初版269〜270頁、竹内均編、ISBN4-8379-0912-4、三笠書房
◇*2HP「サブページ 1」
http://www.geocities.co.jp/Bookend/4373/vol_106.htm
◇*3HP「ウマ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E#.E9.80.B2.E5.8C.96

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズ。( )帰/( )春/奪( )の括弧内には何が入るの?
●●●★日本語★●●● 問題:虫喰い部分に共通する漢字を見つけるクイズです。熟語を知っているほうが有利かな。試行錯誤を速めれば、答えに早くたどり着くかも。 ■題の問題の漢字はわかりましたか? 答えは「回」だそうです。「回帰/回春/奪回」となります。「回帰」は、「もとの位置または状態に戻ること」らしい。回帰分析とかいうお勉強をさせられたことがありましたね。すっかり忘れましたけど。回帰線は北と南にあるというのは小学校で習ったのかな。こちらはかすかに覚えています。 ■「回春」は、「春が再び... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2014/11/17 07:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カバの場合も臼歯が多くて掃除をするための歯ブラシの役目をするのが周りにあるそうですね。
藤田まことさんは、顔の長さが売りでしたが、高杉晋作の場合は売りにならなかったでしょうね。
ねこのひげ
2014/04/21 02:27
コメントをありがとうございます。

 そういえばカバも草食系ですね。臼歯がたくさんあるのかな。
 雑食系である素町人は、すでに臼歯が何本か抜けています。今日も歯医者の予約があり、残された数少ない臼歯を抜かれるのかもしれません。いやだな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/04/21 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬の顔はなぜ長い? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる