町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山のさまざまな呼びかた。昔は藤山だったの?

<<   作成日時 : 2014/04/17 11:10   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:昨年、世界文化遺産に登録された富士山のお話です。
■大きな山です。しかも独立峰です。他とまぎれることがありません。遠くから「あの山」とすぐに識別できます。さまざまな地方でさまざまな呼び方がされたそうです。
■記録に残るいちばん古い呼び名は「福慈岳(ふくじだけ? ふじだけ?)」というものらしい。「常陸国風土記(ひたちのくにふどき)」という書類に記されているとのこと。この記録は養老(ようろう)5年(721年)に成立しているらしい。
■現在では富士山で統一されています。そもそもは「竹取物語」に関係しているという噂があります。いちばん最後の場面です。帝(みかど)が使いの役人を、駿河の国にある天に一番近い山に遣(つか)わします。このとき多くの武士が登らされたらしい。それで「士」の文字が見えるのかな。「富」は「多くの」という意味を表しているのかもしれません。
■では、富士山の呼び方にまつわる次の記述のうち、正しいものはどれでしょうか? (正しい記述は無いかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]2つとない山だから不二と呼ばれた
[ろ]いつも雪が見られるから不尽と呼ばれた
[は]富士山に何回も登頂すると死ななくなるという言い伝えから不死と呼ばれた
[に]麓に多く見られた藤の花から藤山と呼ばれた
[ほ]麓に富士町という町があったので富士山になった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[い]と[ろ]が正しい
説明:[い]2つとない山だから不二と呼ばれた(○)
■参考資料*1*2にはそのような命名があったと記されていました。ペコちゃんポコちゃんの不二家も2つとない菓子メーカーだから不二家なのかな。
□ちなみに不二家は、平成19年(2007年)、TBSのみのもんたの番組で虚報に傷つけられたにもかかわらず、いまでも東証一部で頑張っています*1。ミルキーよ永遠なれ。
[ろ]いつも雪が見られるから不尽と呼ばれた(○)
■これも参考資料*1*2にありました。
□ただし、年中無休で雪景色を無料サービスしているわけではないようです。わずかな雪を日陰に残してほとんどの山肌が露出している期間もあるらしい。もちろん夏です。8月には平均気温が6度Cを越えるらしい。雪も溶けます。葛飾北斎の「赤富士」もそんな姿を描写したものなのかな(口絵参照)。
[は]富士山に何回も登頂すると死ななくなるという言い伝えから不死と呼ばれた(×)
■「不死」は「竹取物語」が由来なのかもしれません。参考資料*4の青空文庫の竹取物語の現代語訳には次のように記されていました。
□「…一方勅使は宮中に參上して、その夜の一部始終を申し上あげて、かの手紙と藥をさし上あげました(ママ)
。帝は、天に一番いちばん近い山は駿河の國にあると聞こし召して、使の役人をその山に登らせて、不死の藥を焚かしめられました。それからはこの山を不死の山と呼ぶようになつて、その藥の煙は今いまでも雲の中なかへ立ち昇といふことであります」。「不死の妙薬を焚いたから不死山」という命名のようですね。
□勅使が報告した「その夜」というのは、かぐや姫が故郷の月に向けて旅立った夜のことです。かぐや姫は意外にも素行不良だったらしい。だから空を飛べたという噂があります。飛行少女。古典的な駄洒落で失礼しました。
[に]麓に多く見られた藤の花から藤山と呼ばれた(×)
■参考資料*5「全国の藤の名所」には、山梨県は見られませんでした。静岡県は磐田市・静岡市・藤枝市の3箇所にありました。でもいちばん近い静岡市でも山頂からは50kmぐらい離れています。麓とは呼びにくいでしょう。
[ほ]麓に富士町という町があったので富士山になった(△)
■富士山の名前が定着したのは郡の名前がそのまま使われたという噂があります。参考資料*1には次のような記述があります。
□明確に「富士山」と表記されるに至るにおいては駿河国富士郡に由来するとするものがあり、記録としては都良香の『富士山記』に「山を富士と名づくるは、郡の名に取れるなり」とある。
□ちなみに、都良香(みやこ よしか)は9世紀ごろの文章博士とのこと。今で言えば大学教授みたいな立場の人物らしい。
□700年代後半にかけて成立したと考えられている「万葉集」には、山部赤人(あかひと)の「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける」という歌が収載されています。山部赤人は天平(てんぴょう/てんびょう)8年(736年)ぐらいに亡くなったらしい。奈良時代の前半には、すでに富士という呼称も使われていたようですね。
□麓の集落の名前から山の名前がついたのか。あるいはその逆なのか。どうもはっきりしません。ここでは△にさせていただきました。
◆参考*1:HP「富士山 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1#.E8.AA.9E.E6.BA.90
◇*2雑誌「写真でめぐる富士山 進行と芸術の源」Newton (ニュートン) 2013年8月号14〜15頁、担当編集者宮内諭・疋田朗子、ニュートンプレス
◇*3HP「TBS不二家捏造報道問題 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/TBS%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E5%AE%B6%E6%8D%8F%E9%80%A0%E5%A0%B1%E9%81%93%E5%95%8F%E9%A1%8C
◇*4HP「図書カード:竹取物語」
http://www.aozora.gr.jp/cards/001072/card48310.html
◇*5HP「全国の藤の名所」
http://hananomeisyo.sakura.ne.jp/huzinohana.html
◇*6HP「都良香 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E8%89%AF%E9%A6%99
◇*7HP「山部赤人 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E9%83%A8%E8%B5%A4%E4%BA%BA

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近は頂上に観測する人間がいないためにどれだけ雪が積もっているか正確にわからず、雪崩がいつ起きるかもわからないそうですね。
ねこのひげ
2014/04/21 02:31
コメントをありがとうございます。

 なるほど。昔は頂上に測候所があったと聞きますね。今は人工衛星に頼っているのかな。
 富士山でも、落石などでときどき死傷者が出ると聞きます。ある程度の危険は覚悟して行くべきなのでしょうね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/04/21 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士山のさまざまな呼びかた。昔は藤山だったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる