東京でもミイラはできるの?

画像
★科学★
問題:ミイラというとエジプトを思い出します。歴代ファラオのミイラ。中でもツタンカーメン王のミイラ。動物のミイラ。なかでも無数のネコのミイラ。その他、さまざまなミイラが彼らの歴史を彩ってきたようです。
■実際には、世界中でミイラはできるようです。南米アンデス地方でも、死者をミイラにする風習があったらしい。
■どこででも、とは申し上げましたが、熱帯雨林の中では無理なのでしょう。あまりに湿度の高い場所では腐敗が先行してしまうようです。でもある程度乾燥した場所ではできるようです。砂漠のように高温で乾燥していると、亡くなった人が自然にミイラ化する事例も少なくないらしい。
■弊クイズで取り上げた出来事では、スペインのアパートで女性が亡くなり、ミイラ化した状態で発見されたという話がありました*3。
■日本でもミイラはできます。即身仏のミイラはいくつもあるようです。彼らは死の直前に漆を飲んだらしい。あの触るとかぶれることもある漆です。腐敗防止が目的だったらしい。まずかったでしょうね。奥州藤原氏のミイラもよく知られています。
■方向は少し違いますが、鰺(あじ)や疣鯛(いぼだい)、スルメや身欠き鰊(にしん)などは、人工のミイラとも呼べるものらしい。同じ場所では人間の干物も可能なのかな。
■東京でもミイラはできるそうです。参考資料*2の中では、法医学者にして帝京大教授の石山昱夫(あきお?)氏がある場所を「東京でミイラができるのに絶好の地帯」と考えていることが記されていました。それは、次のどこでしょうか?
[い]新宿御苑の芝生の上
[ろ]明治神宮の建物の中
[は]隅田川の橋の上
[に]都心の大きな地下駐車場の中
[ほ]地下鉄の線路の脇
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]隅田川の橋の上
説明:普通、人が死ぬと腐敗が始まります。自分のもつ酵素、たとえば消化酵素が自分自身を分解しはじめます。それらの進行よりも早く、乾燥が起きるとミイラができるようです。水分が人体組織の重量の50%以下になることが条件らしい*1。いちはやくこの状態になると、酵素や細菌の働きが弱まってしまうのかな。
■ミイラになると、皮膚は黄ばんだ褐色になり、しわがよって乾燥し、硬くなるようです。典型的な乾燥肌でしょうけれど、死んじゃっているので掻痒感はないらしい。
■法医学者の石山氏は、「法医学への招待」という著作の中で、「東京でも、隅田川の橋の上などは絶好の地帯」と言っているようです*2。実際にミイラ化したホームレスがいたらしい。ふつうミイラ化するまでには、成人で3ヶ月かかるようです。その間、誰も気がつかなかったのでしょうか。「♪東京砂漠」という歌を思い出しますね。まぁ、スペインも砂漠化しているようですけど。
■なお、乾燥はしていないのに、何らかの理由で腐敗菌が繁殖せず、死体の脂肪が変性して蝋(ろう)状になることがあります。空気が遮断されている。あるいは非常な低温に置かれているといった理由が考えられるらしい。この場合は、死蝋(しろう)と呼ばれます。
■フィクションの中での話ですが、横溝正史の「八つ墓村」では、多くの村人を殺した犯人の田治見要蔵(たじみ ようぞう)が鍾乳洞の奥で死蝋化していたそうです。
◆参考*1:HP「ミイラ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%A4%E3%83%A9
◇*2書籍「死因事典」文庫初版42頁、東嶋和子(とうじま わこ)著、ISBN4-06-257309-1、講談社
◇*3HP「【★食事中禁★】ミイラを作るにはどうするの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200705/article_46.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2014年03月16日 07:00
これは読んだことがあります。
ビックリでした。
橋の上というか橋げたの上に挟まって寝ていたようで、そのために発見が遅れてミイラになったようですね。
いまでも橋の下に小屋を建てて住んでいる人を見かけますが・・・度胸があるな~とおかしな関心をしてしまいます。
ねこのひげ様<素町人
2014年03月16日 08:58
コメントをありがとうございます。

 なるほど。橋の上といっても往来ではなく、人目につきにくい場所で寝ていたわけですね。凉しいとか蚊が少ないとか、理由があって寝やすかったのかな。
(^^;)

この記事へのトラックバック