町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸幕府将軍のあだ名。小便公方(くぼう)と呼ばれたのは誰なの?

<<   作成日時 : 2014/03/08 09:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:怪しい僧侶隆光(りゅうこう)の助言を真に受けて、生類憐れみの令という悪法を施行した将軍がいます。年間予算10万両といわれる大規模な犬の保護施設を中野に設け、幕府の財政を悪化させたようです。ご存知の5代目将軍綱吉ですね。この人のあだ名は犬公方とのこと。庶民が言うのでしょうか。武士たちなのかな。両方かもしれませんね。
■では、頻尿でどこに行くにもトイレの心配をしていたという将軍、俗に小便公方と呼ばれるのは次のどの人物でしょうか?
[い]4代目徳川家綱(いえつな)
[ろ]6代目徳川家宣(いえのぶ)
[は]7代目徳川家継(いえつぐ)
[に]9代目徳川家重(いえしげ)
[ほ]10代目徳川家治(いえはる)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]9代目徳川家重(いえしげ)
説明:家重は、徳川吉宗の長男として1712年(正徳(しょうとく)2年)に生まれました。1716年(享保(きょうほう)元年)吉宗が将軍に就任するとともに江戸城に入ったようです。
■生まれつき虚弱だったそうです。しかも滑舌(かつぜつ)が悪い。呂律(ろれつ)がまわらない。言語不明瞭だったとのこと。家重の言葉を聞き取ることができたのは、大岡忠光(ただみつ)という小姓役を務めていた人物だけだそうです。通訳の技能のおかげで大岡忠光は取り立てられ、300石から大名へと出世していったらしい。
■家重は能が大好きだったらしく、文武の道はおろそかにしたと言われます。また酒色を好んだらしい。大岡忠光以外はだれも自分の話をまともに聞いてはくれません。ひねくれたくもなるのかな。
■家重は能力を疑われていたため、延享(えんきょう)2年(1745年)に将軍に就任したあとも、隠居した吉宗が6年ほど実権を握り続けたそうです。平安時代の院政みたいですね。
■家重は、いわゆる頻尿であり、外出が大変だったらしい。将軍は増上寺や寛永寺に廟参(びょうさん、墓参り)するのが慣例だそうです。そんなときには、数カ所の仮設便所を設けたりしたようです。
■宝暦(ほうれき)6年(1756年)4月に、家重公は珍しくも鷹狩りに出かけたらしい。行列が大手門を出たばかりの場所で、「○×△■」とおおせになります。大岡忠光氏の通訳によれば、「これ、乗り物をとめよ」。例によって小便を催したらしい。いまさら、行列は戻せないし、城内でもあるので立ち小便は禁止だそうです*3。将軍自ら禁をやぶれば示しがつきません。
■「◆▽×□!」。大岡氏によれば、「はようせぬか!」とのたまわっているらしい。身体を震わせながら焦(じ)れています。大岡氏は決断し、自分の上屋敷に行列ごと繰り込みました。このころ、大岡出雲守忠光は、1万5000石の大名にまで出世していたようです。江戸城に近い場所に上屋敷も所有していたわけですね。
■膀胱が破裂するかというギリギリでなんとか排尿できた家重公は、その快感・安堵感で心が満たされたのでしょうか。滴(しずく)を払い終え、大切な物を仕舞い終えるとすぐに、大岡忠光に対する5000石の加増と側用人への抜擢を決断したらしい。大岡忠光は、2万石を得て武蔵岩槻藩の初代藩主となったようです。こうした特殊な取り立てられかたをすると、主君なきあとに冷遇され、悲哀を覚えるものでしょうけれど、大岡忠光は主君崩御の前年に亡くなったようです。いいタイミングでした。岩槻藩は、忠光から大岡家の8代目まで続き、幕末まで存続したようです。
■素人考えでは、屎瓶を持ち歩けばいいじゃんと思います。でも、出先で将軍が屎瓶を使うのは、なんらかの問題があったのでしょうね。警備上かもしれませんし、権威上かもしれません。
■なお、家重は低能だとも言われますが、江戸時代きっての重商主義者田沼意次(おきつぐ)を登用したのも家重であり、ホントは馬鹿じゃなかったという見方もあるようです。田沼意次は、賄賂の話ばかりが取り上げられますが、産業を振興して日本を近代化に向かわせた名政治家という評価もあります。民衆を富ませれば幕府も潤うことを理解していた数少ない政治家だそうです。
◆参考*1:書籍「大江戸かくれ話事典」初版21〜22頁、平田公(ひらた こう)著、ISBN4-7947-0288-4、叢文社
◇*2HP「徳川家重 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E9%87%8D
◇*3HP「老中の前でフンドシをはずし、オイナリサンを出して見せた殿様はどこの国の大名なの? 町人思案橋・クイズ集/ウェブリブログ」
http://blog.q-q.jp/200704/article_86.html
◇*4HP「岩槻藩 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%A7%BB%E8%97%A9

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大河ドラマで中村梅雀さんが演じて一躍有名になりましたね。
小姓が、竹の筒を持っていてもようしてくると袴の中に入れてその中にしたという話もありますね。
持たされる小姓は大変ですね。
ねこのひげ
2014/03/09 15:56
コメントをありがとうございます。

 なるほど、竹の筒を携行していたわけですか。
 ひょっとすると、仮設トイレは周囲の者が気を遣ったり、出世しかったりという理由で、設けたのかもしれませんね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/03/10 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸幕府将軍のあだ名。小便公方(くぼう)と呼ばれたのは誰なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる