町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検一級難易度最高の四字熟語。「春風駘蕩」はどんな意味なの?

<<   作成日時 : 2014/03/03 07:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:漢検一級難易度最高の四字熟語のクイズです。
■でも例外もあります。例題の四字熟語は多くのかたが読めるし、意味もご存知でしょう。シュンプウタイトウ。「春風がのどかに吹くさま」です。転じて、「物事に動じないで余裕のあるさま。ゆったりとのんびりしているさま」の形容に使われます。
■いつになったら結婚するんだという周囲の冷たい視線にも動じず、のんびり城の研究に打ち込む落語家昇太(しょうた)師匠。あるいは「金髪豚野郎」の罵詈雑言も柳に風と受け流す小朝(こあさ)師匠は、春風駘蕩の見本なのかな。
■では本番です。下の四字熟語の説明のうち正しいものはどれでしょうか? (正しいものはないかもしれないし、複数かもしれません)
[い]「蓴羹鱸膾」は、「羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」の元になった四字熟語である
[ろ]「笙磬同音」は、「異口同音」と同じ意味である
[は]「焦頭爛額」は、「気持ちが落ち着いていないと美しい字は書けない」ことから、心が乱れていることの形容に使われる
[に]「蜀犬吠日」は、「犬は吠える、されどキャラバンは行く」と同じ意味である
[ほ]「持粱歯肥」は、「食べ過ぎでダイエットが必要」という意味である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:正しいものはない
説明:[い]「蓴羹鱸膾」は、「羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」の元になった四字熟語である(×)
■「蓴羹鱸膾」は、「ジュンコウロカイ」と読むそうです。「故郷を懐かしく思う」という意味らしい。
□「蓴羹」は蓴菜(じゅんさい)の羹だそうです。羹は「魚・鳥の肉や野菜を入れた熱い吸い物」です。温度の高い料理らしい。「鱸膾」は鱸(すずき)の膾です。「魚・貝や野菜などを刻んで生のまま調味酢であえた料理」らしい。イタリア料理にカルパッチョとか呼ばれるのがありますが、あれも膾の一種かな。温度の低い料理らしい。
□中国晋代の張翰(チョウカン?)という人物が、故郷の料理である蓴菜の吸い物や鱸のカルパッチョを懐かしむあまり、とうとう官を辞して帰郷してしまったという逸話から生まれた四字熟語らしい。
□余談です。柳葉敏郎(としろう)という役者は、故郷秋田に居を構えているらしい。名物の蓴菜が恋しくて帰郷した…かどうかはわかりませんが、仕事のときだけ新幹線や飛行機で東京などに出てくるそうです。一種の蓴羹鱸膾なのかな。
[ろ]「笙磬同音」は、「異口同音」と同じ意味である(×)
■「笙磬同音」は、「ショウケイドウオン」と読むらしい。「笙」は竹製の笛らしい。日本の笙の笛は、雅楽で用いられるものものしい楽器です。典型的なのは17本の長さの異なる竹が環形に並べてあるやつです(口絵参照)。中国のはもっとシンプルかもしれません。余談ですが、童謡に歌われている「♪でんでん太鼓に笙の笛」も、もちろん雅楽で使うような複雑なものではないらしい。
□「磬」は、漢和辞書「字通」によれば、「ケイ、うちいし」という字音・字訓があります。確かではありませんが、石を使った打楽器のようですね。これらが同音というのは、ユニゾンなのかな。打楽器と吹奏楽器が斉唱というのはおかしいかもしれませんけど。
□細かいことは無視するとして、笙磬同音は、「楽器それぞれが調和して美しい音楽を奏でること」らしい。転じて、「人が心を合わせて仲良くすること」だそうです。
[は]「焦頭爛額」は、「気持ちが落ち着いていないと美しい字は書けない」ことから、心が乱れていることの形容に使われる(×)
■「焦頭爛額」は、「ショウトウランガク」と読みます。訓読みもされるそうで、「頭を焦(こ)がし額(ひたい)を爛(ただら)す」と読むらしい。さらにフルバージョンでは、「焦頭爛額を上客(ジョウキャク)と為なすか」と言われるらしい。
□「焦頭爛額」は、火事の際に消火にあたった者です。頭や顔に若干の火傷を負ったようですね。上客は大切な人の意味らしい。現場の消防官を褒める意なのかな。
□「焦頭爛額」の意味としては、「事前の予防を考えた者を賞さず、末端の些末(サマツ)なものを重視するたとえ」だそうです。身を挺して消火作業に当たるのは大変なことではありますが、それよりもっと大切なのは、火を出さないことであり、その工夫や注意をすることです。そちらを褒めずに目立つ者ばかりを褒めるのはおかしいよ。そんな意味らしい。転じて、「根本を忘れ、些末なことを重視するたとえ」に使われるそうです。
[に]「蜀犬吠日」は、「犬は吠える、されどキャラバンは行く」と同じ意味である(×)
■「蜀犬吠日」は、「ショクケンハイジツ」と読むらしい。訓読みでは「蜀犬、日に吠ゆ」とも読むそうです。蜀というのは麻婆豆腐で知られる四川省あたりらしい。この地方は晴天の日が稀だそうです。いつも霞がかかったような天候なのかな。たまに太陽が見えると怪しんだ犬が吠えるらしい。現代でいえば北京の犬でしょうか。たまにスモッグが去り、ピーカンの日があると太陽に向かって吠えたりして。そういえば、我が日本国の石原軍団の面々も、日本テレビでは太陽に向かって吠えることを命じられていましたね。
□転じて、「見識の低い者が分かりもしないのに優れた人物を非難するたとえ」に使われるそうです。素町人もときどき犬になって日に吠えております。自戒しなければ。
□「犬は吠える、されどキャラバンは行く」は、中東のどこかで使われている決まり文句らしい。でも犬が見識の低い者であるという見方や隊商が優れた人物であるという見方はとくになさそうです。全体の意味はどういうものでしょうか。「大事な用がある人は些細な出来事にかまわない」ということかな。違うかな。
[ほ]「持粱歯肥」は、「食べ過ぎでダイエットが必要」という意味である(×)
■「持粱歯肥」は、「ジリョウシヒ」と読むそうです。正しくは、「御馳走を食べる」という意味らしい。「粱」は、漢和辞書「字通」によれば「リョウ、あわ、おおあわ」という字音・字訓があります。「上等な穀物」という意味があるらしい*1。「歯肥」は上等な肉を食べることだそうです。きっと肉質等級A5の肉なのでしょうね。
□勝手な推測ですが、等級が1番低いA1の固い肉を食べると、歯が痩せる感覚を覚えるのかもしれません。噛むのに酷使しますからね。だから柔らかくて価格が高い上等な肉を食べることを「歯肥」と呼ぶのかも。…きっと間違っているでしょうね。ホンキになさらぬよう。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20421-5、成美堂出版
◇*2HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検一級難易度最高の四字熟語。「春風駘蕩」はどんな意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる