町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「物盗りじゃないとするとえん恨か」のえん恨は、正しくはどう書くの?

<<   作成日時 : 2014/02/17 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:弊クイズでも何度もご紹介しています。交ぜ書き表記をご存知だと思います。「安堵」を「安ど」、「補填」を「補てん」と書くたぐいです。決められた漢字以外は一切使わないという了見の狭いマスコミ人、とくに振り仮名をつけるのが面倒臭いという新聞人らによって作られた表記という噂です。
■題の問題の答は「怨恨」です。「怨」という漢字は、かつては常用漢字(当用漢字)ではなかったようです。で、「えん恨」という表記が作られました。怨恨(えんこん)と読みを併記すれば誰でも読めたし、漢字も覚えられたのに。平成22年(2010年)秋の改定で、「怨」という漢字が常用漢字表に入りました。「えん恨」はわずか数十年だけ生きていた表記です。それでも情報の海の中で漂流物のように振る舞い、検索作業を混乱させることになりました。日本語を使う人の効率を低下させています。
■日本語の正しい伝統を守ることは、後世のために必要な行為です。交ぜ書き表記のように、日本語を危うくする害虫はどんどん駆除しなければなりません。読者諸兄諸姉には、特命攻撃隊として、次の交ぜ書き表記と戦っていただきます。それぞれを正しい漢字表記に直してください。
[い]えい航
[ろ]えい児
[は]えん曲
[に]円すい
[ほ]えん世
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:

説明:[い]えい航は曳航と書く
■曳航は、「船が他の船や荷物を引いて航行すること」です。
□タグボートと呼ばれる小さな船がありますね。大きな客船・貨物船・タンカーなどを港内でしかるべき位置に導く船だそうです。小さな船でも、何万トン〜何十万トンという船を押したり、引いたりできるらしい。それどころか、大人の男性でそれなりに力のある人ですと、2万トンの船を自力で動かすことができるそうです*2。水の上はそれだけ摩擦が小さいのかな。
□「曳」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「エイ、ひく」という字音・字訓があります。そういえば、タグボート(tugboat)の「tug」は強く引っ張るという意味らしい。日本語では「曳き船」とも呼ばれるようです。押すこともあるので「押し船」と呼ぶ人たちもいるとのこと。
□作家三島由紀夫の作品には、「午後の曳航」という小説があるそうです。三島由紀夫が初めて現代かなづかいで書いた小説らしい。それまでは歴史的仮名遣で書いていたよふです。
□英訳本が出たり、サラ・マイルズ主演で映画になったり、ドイツの作曲家が歌劇「裏切られた海」という歌劇を作ったりしたらしい*3。なかなか評価の高い作品だそうです。けっして「午後のえい航」ではありません。交ぜ書き表記などしたら、日本語にうるさい三島由紀夫があの世から化けて出て、名刀関の孫六で斬りつけられるかも。
[ろ]えい児は嬰児と書く
■嬰児は、「生まれたばかりの赤ん坊」ですね。「みどりご」とも呼ばれます。100%の余談ですが、ロドリゴという作曲家がいました。スペイン人でギターが主役の名曲「♪アランフェス協奏曲」を書いた人物です。
□「嬰」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「エイ、みどりご、くびかざり、かける」という字音・字訓があります。貝という漢字を2つ並べています。これは貝の首飾りを意味するらしい。健やかに美しく育つようにという意味なのでしょうか、新生児とくに女子の首にかけられたものだそうです。そこから、新生児の意味も出てきたのかな。
□「嬰」を旁として、木偏をつけると昔の桜(櫻)という漢字になります。戦前の子供たちは、「2カイの女がキに掛かる」と書き方を覚えたようです。
[は]えん曲は婉曲と書く
■婉曲は、「露骨でなく、遠まわしに言うさま」です。「食事でもいかがですか」。「あなたと? ムリムリ!」。これは露骨です。「ごめんなさい、仕事が忙しくて時間がとれそうにないの」。せめてこのぐらい遠回しに断っていただきたい。
□「婉」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「エン、つつましい、しなやか」という字音・字訓があります。
□婉然(エンゼン)という熟語を作ります。「しとやかで美しいさま」だそうです。今の女優さんでいえば誰でしょうか。元気のいい女優は多いけど、「しとやか」という女優は少ないですね。北川景子嬢なんかは「婉然と座している」姿が思い浮かぶかな。昔の女優さんでいえば原節子(せつこ)嬢は婉然たる立ち居振る舞いでした。
□発音はおなじですけど婉然と嫣然・艶然とは異なります。後者2つは「にっこりほほえむさま」だそうです。「美人が笑うさまについていう」とのこと。
[に]円すいは円錐と書く
■円錐は、「円の平面の外にある一定点から円周上に伸ばした線分が円周上を1周してつくる曲面と、もとの円とによって囲まれる立体」だそうです。日本語の辞書の定義は難解でした。Wikipediaには「円を底面として持つ錐(きり)状にとがった立体」と書かれていました。こちらのほうがはるかに明快です。
□「錐」という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「スイ、きり、はり」という字音・字訓があります。立錐(リッスイ)という熟語を作ります。立錐の余地がない、という決まり文句がありますね。針(もしくはキリ)を立てるほどの隙間もない、人がたくさん集まって異常な密度になった空間・状態を表すようです。
[ほ]えん世厭世と書く
■厭世は、「世の中をいやなもの、人生を価値のないものと思うこと」だそうです。
□厭世主義と使われることもあります。ペシミズムの訳語ですね。ショーペンハウエルという19世紀ドイツの哲学者は厭世主義と見られているようです。彼にとっては矛盾と苦悩だけが人生なのかな。「苦悩に満ちた生は、芸術、特に音楽と悲劇によって慰められる」と言っているらしい。
□どこかで聞いた台詞だと思ったら、夏目漱石も「草枕」の冒頭で似たようなことを言っていました。「…とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る」。漱石氏の表現のほうが心に入って来やすいですね。
□「厭」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「エン、ヨウ、アツ、オウ、オン、たる、あく、いとう、おさえる」という字音・字訓があります。「たる」は「たりる」、「あく」は「あきる」、「いとう」は「きらう」の意でしょう。熟語を多く作る漢字ですが、現代でも使われるのは「厭世」だけのようです。
◆参考*1:HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇*2HP「2万t(トン)の船は人間1人の力で動かせるのか?」
http://blog.q-q.jp/201307/article_13.html
◇*3HP「午後の曳航 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%88%E5%BE%8C%E3%81%AE%E6%9B%B3%E8%88%AA


ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「物盗りじゃないとするとえん恨か」のえん恨は、正しくはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる