町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 正倉院に収められた竜の歯。ホントはなんだったの?

<<   作成日時 : 2014/01/11 09:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:正倉院は古い建物です。750年代後半に建造されたらしい。その後の東大寺や大仏のさまざまな天災人災*3にも巻き込まれることなく、現在まで建造時の姿を保っているようです。
■そもそもは、奈良時代の慈善家、光明皇后が夫である聖武天皇の遺品を東大寺に寄進したことがきっかけで建造されたとも言われます*1。聖武天皇の四十九日に贈られたらしい。このとき、目録が渡されたようです。「東大寺献物帳(けんもつちょう)」と呼ばれるらしい。5巻からなる書類で、1つの名前は「国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)」。なんとなく愉快な名称です。
■他の4巻は「種々薬帳(しゅじゅやくちょう)」、「屛風花氈等帳(びょうぶかせんとうちょう)」、「大小王真跡帳(だいしょうおうしんせきちょう)」、「藤原公真跡屛風帳(ふじわらこうしんせきびょうぶちょう)」だそうです。四十九日には、聖武天皇遺愛の品約650点と約60点の薬物が献納されたらしい。その後も3度に渡って光明皇后自身の品々や亡夫ゆかりの品が正倉院に収められたそうです。ほとんどが現在まで残されているのは、素晴らしいことですね。
■ところで、「種々薬帳」には竜という漢字の入る5種類の薬物があったそうです。竜骨/白竜骨/竜角/五色竜骨/五色竜歯という名前だったらしい。このうち、五色竜骨だけは失われたようです。残りの4つは現存するそうです。
■竜歯というのは、想像上の動物である竜の歯であるという触れ込みらしい。現在の科学による分析では、神獣・霊獣の歯というよりは、実在したある動物の歯であることが判明しているそうです。では、東大寺正倉院に収められている「竜の歯」は次のどの動物の歯だったのでしょうか?
[い]肉食恐竜…ティラノサウルスの仲間
[ろ]巨大草食恐竜…アルゼンチノサウルスの仲間
[は]恐鳥類…ディアトリマの仲間
[に]古代象…ナウマン象の仲間
[ほ]現生する揚子江ワニ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]古代象…ナウマン象の仲間
説明:竜歯は、ナルバダ象と呼ばれる古代象の臼歯だったと判断されているらしい。ナルバダ象は、シワリク山地と呼ばれるパキスタン北方の地域で化石の状態で発見されたようです。
■昔の人は、珍しい物体を発見しても考古学者を呼ぶことはないようですね。しめた、儲かるかも。どうやって換金するかを考えたようです。中国人は「竜」という言葉に弱いから、竜の歯ということにして売りつけたらどうだろうか。名案だね。
■かくて竜の歯は中国本土に渡ります。たまたま遣唐使として在留していた日本人が漢方薬店で竜の歯を見つけ、これはいいオミヤゲになりそうだと購入意欲を燃やします。でも、待てよ。なんでも鑑定団を観ていると、中国のものは出所の怪しいものが多いからなぁ。ニセモノの確率も高いし。疑惑が功を奏し、言い値の半額以下で購入することができました。やがて遣唐使は帰国し、聖武天皇に竜の歯を献上します。聖武天皇はこれを使うことはなく、そのままの形で残します。
■そんなわけで、我々現代の日本人も、正倉院の宝物公開で、ナルバダ象の臼歯を見られる可能性があります。ただし、現在の正倉院の収蔵物は整理済みのものだけでも9000点もあり、毎年秋に奈良国立博物館で催される正倉院展での公開は約70点とのこと。聖武天皇愛蔵の臼歯を目にする確率は低いのかな。
■なお、更新世(258万年前〜1万年前)の日本に存在したナウマン象は、ナルバダ象の同類だそうです。どちらもパレオロクソドン属という分類らしい。ナウマン像は体高が2.5〜3m、野尻湖の湖底や瀬戸内海の底から化石が見つかるそうです。昭和51年(1976年)には、都営新宿線浜町駅付近の工事中に地下22mの場所から3体のナウマン象の化石が見つかったそうです。その他にも都内で20箇所以上からナウマン象の化石は見つかっているとのこと。北海道からも見つかっており、日本中に生息していたようです。
■ナウマン象の巨大な歯には洗濯板に似てヒダが多いらしい。「ナウマン象の歯」で画像検索すると、いろいろな写真が見られます。わりと大きく、大人の手の平に余るようなサイズのものもあるらしい。国内最大級のものでは、34×8×26cmなんていうのもあるそうです。竜を想起させる力があるのかどうか、ちょっと実物を見てみたいですね。
◆参考*1:HP「光明皇后 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E6%98%8E%E7%9A%87%E5%90%8E
◇*2HP「正倉院 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%80%89%E9%99%A2#.E5.BB.BA.E9.80.A0.E7.89.A9.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E6.AD.A3.E5.80.89.E9.99.A2
◇*3HP「大仏の日。東大寺を焼き討ちして大仏を壊した武将は誰なの?」
http://blog.q-q.jp/200904/article_16.html
◇*4HP「読売新聞 国内最大級ナウマンゾウの歯の化石発見 つくば」
http://fweb.midi.co.jp/~wout/member/news_p02.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当の恐竜の骨だったりしたら面白かったですね〜
でもナウマンゾウの臼歯・・・・きっと昔の人は龍の歯と思ったんでしょうね。
ねこのひげ
2014/01/13 07:27
コメントをありがとうございます。

 大型肉食恐竜の歯は、それなりに大きく丈夫でしょうし、長い風雪にも耐えるでしょうから、化石化してわれわれの目に触れる可能性はありそうです。
 恐竜の歯がなにかの薬として昔の世の中に流通した可能性も十分にあるんでしょうね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/01/13 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
正倉院に収められた竜の歯。ホントはなんだったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる