町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 交ぜ書き表記「安どする」の「安ど」を漢字表記するとどうなるの?

<<   作成日時 : 2014/01/20 07:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:交ぜ書き表記(混ぜ書き表記とも)をご存知だと思います。「もともとは漢字で表記されていた熟語の一部を仮名で書くこと」です。とても読みにくい。「かん字で表きされていたじゅく語の一ぶをか名で書くこと」は、日ほん語によるじょう報こう換のこう率を下げてしまいます。
■「補てん」、「憂うつ」、「ら致」、「進ちょく」などがよく知られた事例です。本来は補填、憂鬱、拉致、進捗と漢字表記します。常用漢字表に掲載されていない漢字は絶対に使わないという融通の利かない人たちがいて、連中の作った表記が交ぜ書き表記と聞いたことがあります。振り仮名を振れば問題ないのに、戦後の新聞社が振り仮名をサボったせいで交ぜ書き表記が生まれたと聞いたこともあります。
■電算機で制作するようになったのだから、活字を拾う職人の手間賃が増えることはなくなりました。費用もたいしてかからないのなら、漢字の制限をやめ、かわりに振り仮名を振ればいいのにと素人は思いますが。
■上記の事例のうち、憂鬱、拉致と進捗の「鬱」、「拉」、「捗」は、平成22年(2010年)秋の常用漢字表の改定で、掲載されることになったようです。おかげで、「憂うつ」、「ら致」、「進ちょく」という見苦しい交ぜ書きは目にする機会が減りました。
■でも、まだまだ交ぜ書き表記はのさばっています。交ぜ書き表記攻撃隊としては、駆逐作戦の一環として、本日のクイズを実施いたします。下の交ぜ書き表記を正しい漢字表記に直してください。大きな戦果を期待しています。
[い]安ど
[ろ]位はい
[は]いん石
[に]隠ぺい
[ほ]うっ憤
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:
[い]安どは安堵と書く
■安堵は、「安心すること」です。歴史で使われるときには「土地の所有権・知行権などを将軍や領主が承認すること」です。知行権というのは支配権のことらしい。
□「堵」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「ト、かき、ふせぐ」という字音・字訓があります。そもそもは呪禁(ジュゴン)をほどこした建築物の土台だったらしい。土で作られた垣が「堵」だったようです。つまり、外敵の侵入を防ぐ物理的な設備ですね。しかも、呪いが掛けられていますので、敵の呪いや風に乗ってやってくる疫病なども防げるのかもしれません。中にいれば安心できるようです。
□鉄器や銅器などに刻まれた金文(キンブン)文字では次のように表現されているらしい。
▼金文に残された「堵」
画像

右側の塀のようなものには忍び返しのような仕掛けも見えます。左側から攻めてくる人だか魔物だかを完全に防いでいるのかな。
[ろ]位はいは位牌と書く
■位牌は、「死者の戒名・法名などを記した木の札」だそうです。辞書の説明によると、禅僧によって中国からもたらされ、江戸時代に一般化したとか。意外に新しい文化なのかな。平安時代には見られなかった習慣のようです。
□「牌」という漢字も常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ハイ、ふだ、わりふ、たて」という字音・字訓があります。日本では使われませんが、牌号(パイハオ?)という中国語の熟語があるそうです。商店の屋号や商標・トレードマークを意味するらしい。
□麻雀では、紙の札、カードのかわりに牌(パイ)を扱いますね。紙に比べて重くて携帯しにくいという欠点があります。最近では全自動卓が一般家庭にまで普及し始めています。友人も導入したと言っていました。積み込みというインチキが不可能になりました。トランプのカードを全自動で切って配る装置というのはないのかな。
[は]いん石は隕石と書く
■隕石は、「小天体が惑星や衛星に落下するもの」ですね。小さなものは毎日無数に降ってくるようです。ほとんどは大気と衝突して高熱になり蒸発したりバラバラになったりするようですが。大きめのやつは地表にまで達して衝突します。6550万年ほど前にユカタン半島に落下した隕石は直径が10〜15kmほど、衝突のエネルギーは広島型原爆の10億倍。地球の気象を変えてしまい、恐竜の絶滅を招き、動植物の姿を一変させたといわれます。
□「隕」という漢字も、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「イン、ウン、おちる」という字音・字訓があります。多くの熟語がありますが、現代でも使われるものは見あたりません。たとえば隕涙(インルイ)は涙を流すとことだそうですが、使いませんよね。
[に]隠ぺいは隠蔽と書く
■隠蔽は、「人の所在、事の真相などを故意に覆い隠すこと」ですね。法人個人を問わず、隠蔽は常に行なわれます。日本政府の機密保護法について紙面で声高に非難する新聞記者も、自分の愛人については決して明らかにしようとはしません。保護されるべき秘密は、誰にでもあるようです。
□「蔽」という漢字は、常用漢字表では「ヘイ」という音読みだけが掲載されています。平成22年(2010年)の改定で新たに掲載された漢字です。漢和辞書「字通」によれば、「ヘイ、おおう、かくす、くらい、ふさぐ」という字音・字訓があります。建蔽率(ケンペイリツ、建坪率とも)という熟語でも使われています。建物が地面・敷地を覆う率という意味なんでしょうね。そういえば、「建ぺい率」という交ぜ書き表記も昔はありました。これからは大手を振って建蔽率と書くことができるようです。
[ほ]うっ憤は鬱憤と書く
■鬱憤は、「外へ出さないで心の中に抑えている怒りや恨み」です。多くの勤め人は上司や同僚、あるいは会社に対して鬱憤を抱いているものです。家に戻れば旦那とカミサンは互いに鬱憤を抱えているかもしれません。ガス抜きが必要なんでしょうね。
□「鬱」という漢字は、常用漢字表では「ウツ」という音読みだけがあります。前述のように、こちらも平成22年(2010年)秋からの新参漢字です。漢和辞書「字通」によれば、「ウツ、しげる、ふさがる、うれえる」という字音・字訓があります。もともと木が群がって生えている姿だったようです。金文の文字を見ると、崖っぷちに木が茂っているようにも見えます。
▼金文に残された「鬱」
画像

◆参考*1:HP「文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林


ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
漢字で書けばよいのに、わざわざひらがなで書いてある記事に出くわすとムッとしました。
最近は減ったようですが・・・。
ねこのひげ
2014/01/26 07:31
コメントをありがとうございます。

 少しずつですが、交ぜ書き表記は減りつつあるようですね。
 フリガナを振ったり、丸括弧で読みを示したりすれば、難しい漢字でも使えるはずです。日本語は我が国最大の文化遺産です。ちょっとした手間を惜しんで、遺産に傷をつけることがあってはなりませんよね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2014/01/26 12:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
交ぜ書き表記「安どする」の「安ど」を漢字表記するとどうなるの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる