町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 史上最大級巨額詐欺事件の容疑者逮捕の日。野村證券もひっかかったの?

<<   作成日時 : 2013/12/11 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:ちょうど5年前の今日。平成20年(2008年)の12月11日に、史上最大級といわれる巨額詐欺事件の容疑者が逮捕されたそうです。バーナード・L・マドフという人物らしい。Wikipediaによれば、Madoffの読みは「メイドフ」に近いそうです*1。我が国ではマドフあるいはマードフで知られているので、弊クイズにおいてもマドフの表記で通します。
■米国の株式市場NASDAQの元会長だそうです。少なくとも一面では信用のあつい人だったらしい。そのため、大きなお金を預けた人が多くいたようです。嘘かホントか被害総額は兆の単位ともいわれます。
■多くの有名人・有名法人が被害を受けているとのこと。では、下に挙げた個人・法人の中で、131211現在、Wikipedia上で被害者とされているのは誰でしょうか?(被害者はいないかもしれませんし、複数かもしれません)
[い]スティーブン・スピルバーグ(映画監督・製作者)
[ろ]ケヴィン・ベーコン(映画俳優)
[は]ジョージ・スタインブレナー(ヤンキースの所有者)
[に]ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(イギリスの大手商業銀行)
[ほ]野村證券
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]、[ろ]、[に]、[ほ]が被害者として掲載されている
説明:マドフ氏が手がけた詐欺は、日本では出資金詐欺と呼ばれている手口のものらしい。現地ではポンジー・スキームと呼ばれているとのこと。たいへん単純です。高い利回りを餌に出資金を集めます。ふれこみどおりの利回りを見せるために新たな出資者を募り、古い出資者たちに配当としてまわします。自転車操業ですね。当然、いつかは破綻します。
■10%を越える利回りをうたっていたらしい。ついつい乗せられてしまう人がいるのかな。会社をつくったのは大学卒業直後の昭和35年(1960年)だそうです。途中まではちゃんと運用していたのかもしれません。そうでないと、NASDAQの3大立役者と見られていたとか、会長に就任したという話は、不自然・不可能ですよね。
■サブプライムローンの問題が表面化した平成19年(2007年)前後からマドフ氏の自転車操業は危うくなっていきます。投資家たちから約70億ドル(現在の相場で7000億円)の払い戻しを請求され、現金が揃えられず、とうとう怪しい商法がバレてしまいます。
■そして5年前の今日、FBIの手により詐欺の容疑で逮捕され、証券取引委員会はマドフ氏の資産を凍結して調査を始めたそうです。不動産・預金・証券など、マドフ氏の個人資産…自転車操業のポンジー・スキームから自分の懐に入れた分…は100億円以上あったらしい。それらは没収されちゃったようです。
■不思議なのは、平成11年(1999年)にはすでに証券取引委員会の職員にマドフ氏の不正について情報が寄せられていたことです。でも報告はされなかったらしい。証券取引委員会は何をやっていたんでしょうか。買収されていたのかな。
■逮捕から半年後の平成21年(2009年)6月12日にマンハッタン連邦地裁で650億ドル規模(131211の相場で約6兆5000億円)の投資詐欺について有罪を認めたそうです。収監され、ムショ暮らしが始まりました。同6月29日にはアメリカ地方裁判所で詐欺・資金洗浄などの罪で禁固150年の判決を受けたらしい。
■その半年後、マドフ受刑者は受刑者仲間から暴行され、鼻骨や肋骨を折られたそうです。加害者の男はかつてマドフ受刑者に投資したことがあるらしい。刑期が延びようが関係ない。ぶっ飛ばしてやらなきゃ気が済まない。そう思ったんでしょうね。
■逮捕からちょうど2年後の平成22年(2010年)12月11日。ニューヨークの自宅で長男のマーク君が首を吊ったそうです。亡くなったらしい。NASDAQ会長にまでのぼりつめた金融業者としての成功物語の結末は、ずいぶんと悲しいものになってきたようです。
■なお、[は]の選択肢、スタインブレナー氏はWikipediaの被害者リストには記載がありませんでしたので、損をしなかったのかもしれません。野球界では、フレッド・ウィルボン(ニューヨーク・メッツの所有者)という人物などが被害を受けたようです。
◆参考*1:HP「バーナード・L・マドフ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BBL%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%95
◇*2HP「サブプライム住宅ローン危機 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%8D%B1%E6%A9%9F

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いままでの経歴が経歴だから信用しちゃったんでしょうね。
日本でも年寄りを騙して投資させている大手銀行がありますね。
こちらは投資するほどの財産もないので関係ないですが・・・(^^ゞ
ねこのひげ
2013/12/12 02:19
コメントをありがとうございます。

 投資を募る行為は、相手に損をさせる可能性があるわけですから、われわれ小市民は恐くてできません。
 証券会社や投資会社、その勤め人があまり尊敬を受けないのは、そんな行為を平然と行なうことも一因でしょう。
 銀行もまたおなじ穴のムジナなのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/12/12 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
史上最大級巨額詐欺事件の容疑者逮捕の日。野村證券もひっかかったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる