町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀伊国屋文左衛門がみかんで儲けられたのはどんな行事のおかげ?

<<   作成日時 : 2013/12/21 14:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:紀文こと紀伊国屋文左衛門は、寛文(かんぶん)9年(1669年)ごろ生まれ、享保(きょうほう)19年(1734年)ごろまで生きたとされる元禄時代の豪商です。
■現在の和歌山県有田郡の出身であり、紀伊国屋は出身地を背負った商号のようです。有名な逸話では、みかんを満載した船を嵐の海に漕ぎだし、無事に江戸に運んで巨利を得たといわれます。出身地の特産品を巨大消費地に届けたわけですね。「沖の暗いのに 白帆が見える あれは紀の国みかん船」という歌があります。江島節、あるいは「みかん採み唄」と呼ばれる民謡のようです。これも紀伊国屋文左衛門のハイリスク・ハイリターンな航海の成功が取り上げられているのかな。
■その時、江戸では、みかんが不足していたようです。とくにある年中行事の際に消費が増大したらしい。その行事を前に、荒れ模様の悪天候続きで船便が絶たれていたと言われます。では、その年中行事というのは、次のどの行事でしょうか?
[い]酉の市(とりのいち)
[ろ]恵比須講(えびすこう)
[は]鞴祭り(ふいごまつり)
[に]年の市(としのいち、羽子板市)
[ほ]正月
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]鞴祭り(ふいごまつり)
説明:鞴は、空気を送り込む装置です。現在の表現に従えばエアー・ポンプなのかな。自転車の空気入れも鞴の一種ですし、アコーディオンも鞴の一種だそうです*6。
■鞴はどんな人たちに使われたのでしょうか。鍛冶屋さんがその代表者かもしれません。童謡「♪村の鍛冶屋」では次のように歌われています。「鞴(ふゐご)の風さへ息をもつがず」(1番の第三節)*7。
炭の火が鞴による空気、つまり酸素を供給されて高温になるのでしょうね。で、鉄を溶かし、加工する商売が鍛冶屋さんです。似たような商売で、刀鍛冶も鞴のお世話になります。鋳物師も鞴を利用する職業だったようです。なお、口絵は箱鞴と呼ばれる仕掛けを使っている様子だそうです。
■これらの人々は、旧暦の11月8日に仕事を休み、稲荷神社に詣でて鞴祭りを行なったそうです。やがて金属加工業の人々だけでなく、彫り物師、銭湯など火を使う職業の人も加わったらしい。職人の大きな祭りへと発展していくようです。職人達は、災難除けなのでしょうか、お札を受け、仕事場に貼ります。鞴を清めて注連縄(しめなわ)を張り、御神酒や餅を供えたそうです。
■鞴祭りのみかんを食べると風邪や麻疹(はしか)にかからないという俗信があったらしい。稲荷神社では、門前で餅やみかんをまいて、近所の子供に振る舞ったといわれます。
■江戸では、稲荷神社は数多くありましたので、撒かれるみかんの量も多かったらしい。にもかかわらずみかんが払底していたわけですね。で、危険を顧みずにみかんを運搬した紀伊国屋文左衛門は、船着き場でオークションを実施し、完全な売り手市場から巨利を得たらしい。
■ちなみに現代でも、似たような祭りはあります。「ボイラーデー」と呼ばれるらしい。ボイラーの安全を祈願する祭りだそうです。昭和24年(1949年)から毎年11月8日をボイラーデーとしたようです。一般社団法人日本ボイラ協会のHPに記されていました*4。
◆参考*1:HP「紀伊國屋文左衛門 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E4%BC%8A%E5%9C%8B%E5%B1%8B%E6%96%87%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80
◇*2HP「鞴(ふいご)祭り。」
http://www.pleasuremind.jp/COLUMN/COLUM121G.html
◇*3HP「東京新聞:鉄の神様に繁栄祈願 足利でふいご祭り:栃木(TOKYO Web)」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20131207/CK2013120702000156.html
◇*4HP「一般社団法人日本ボイラ協会 | ボイラーデー」
http://www.jbanet.or.jp/conference/boiler_day/
◇*5HP「http://www.mikan.gr.jp/mikan-uta/mikanuta.html」(有田みかん語べ)
http://www.mikan.gr.jp/mikan-uta/mikanuta.html
◇*6HP「鞴 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%B4
◇*7HP「村の鍛冶屋 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E3%81%AE%E9%8D%9B%E5%86%B6%E5%B1%8B

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『江戸に多い物は火事と稲荷と犬の糞』というのがあるくらいですから、その稲荷神社で蜜柑を撒くと足らなくなって当然ですね。
ねこのひげ
2013/12/22 08:37
コメントをありがとうございます。

 蜜柑は昔から庶民の果物だったようですね。
 素町人もよくネットの「訳ありみかん」を購入します。有田も買いますけど、愛媛が多いかな。
 10kgで2500円ぐらいでしょうか。考えてみると、お米よりも安いですね。
(^^;) 
ねこのひげ様<素町人
2013/12/22 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
紀伊国屋文左衛門がみかんで儲けられたのはどんな行事のおかげ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる